« 小泉時代を思い出せ | トップページ | 先立つ物がなければ »

2010年10月14日 (木)

ヘタレで迂闊な官房長官

ヘタレで迂闊な官房長官

中部日本放送:「ねじれ」の参院予算委で論戦
http://hicbc.com/news/detail.asp?cl=j&id=4550547

「最も拙劣な手法だと言ったことは、官房長官、謝ってください」(自民党 山本一太参院政審会長)

「不穏当であったとすれば、謝罪をいたします」(仙谷由人官房長官)

また、仙谷官房長官は、野党の質問の仕方に対して述べた「拙劣」との発言を取り消し、陳謝しました。

仙谷さんて、実はものすごいヘタレなんでしょうか。それとも私が見たNHKのニュースの編集のマジックなんでしょうか。

  *        *        *

さっき、NHKのBSニュースでこの場面が放送されていた。仙谷さんが「最も、最も、最も、稚拙な手法」と非難した次の画面で、山本さんが「謝ってください」と言って謝罪を要求し、仙谷さんは、いやいやながら謝罪をしていた。

  *        *        *

NHKのニュースを見た限りでは、仙谷さんは、ついうっかりってレベルではなく、ハッキリと意識して「最も、最も、最も、稚拙な手法」と言っている。口が滑ったとかではない。

自分が口にした内容が正しいのであれば、簡単に謝ってはならない。少なくとも仙谷さん程の地位があるのであれば、何故そのような発言をしたのか、何故正しいと思うのかを述べて議論をするべきだ。

私達は国会議員を議論させる為に国会に送ったのだから、信念に基づいて発言し、真剣で誠実な議論をお願いしたい。

  *        *        *

そうは言っても、ついうっかり、とか口が滑るって事はある。そんな時はさっさと謝れば良い。

でも、さっきも書いたようにNHKのニュースを見たかぎりでは、仙谷さんは「口が滑った」とかってレベルではなく、「最も、最も、最も、稚拙な手法」と発言している。

  *        *        *

山本さんの発言が「稚拙な手法」だったのかどうかは判断しない。しかし、自分が非難して、相手がちょっと本気で怒ると(あるいは怒ったフリをすると)、謝罪してしまう。

こんなんで良いんか?

尖閣諸島付近の領海での事件についても、こんな感じだったのか?

ケンカするなら、相手を非難するなら、本気でやれ!

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 小泉時代を思い出せ | トップページ | 先立つ物がなければ »

コメント

一太の雑誌引用攻撃の揚げ足取りからの一連の
流れを動画等で見ることができます。

雑誌記事引用>その否定>民主もやった>やってない>
訂正要求>拒否>再度要求>でこの発言

って流れなのでNHK編集マジックですね。

投稿: | 2010年10月15日 (金) 08時15分

ねじれでも何でもない「無脳」なだけの事の様な気がしますよ。

投稿: 猪 | 2010年10月15日 (金) 09時57分

ななしさん、こんにちは

> 雑誌記事引用>その否定>民主もやった>やってない>
> 訂正要求>拒否>再度要求>でこの発言
>
> って流れなのでNHK編集マジックですね。

うーん、印象を変えているというより、強化しているタイプの編集がされているのでしょうか。

どっちにせよ、カッとなって喧嘩を売ったら、相手が強かったという事でしょうか。

まますます、尖閣諸島の事件と似てると思ってしまいました。

投稿: 乱読雑記 | 2010年10月16日 (土) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49744091

この記事へのトラックバック一覧です: ヘタレで迂闊な官房長官:

« 小泉時代を思い出せ | トップページ | 先立つ物がなければ »