« 逮捕は困難だろう | トップページ | 「杜撰」だってさ »

2010年11月 7日 (日)

ロシアの国内事情だけでなく

ロシアの国内事情だけでなく

読売新聞:駐露大使が報告「大統領の国後訪問は国内向け」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101103-OYT1T00807.htm

河野大使は、大統領訪問について、2012年の大統領選をにらんだ国内向けアピールの意味合いが強いとの分析を報告した。これに対し、首相は「引き続きしっかり情報収集をしてほしい」と指示した。

ロシア大統領が強く出る理由は、ロシアの国内事情にあるんでしょう。でも、その国内事情の結果、「日本を叩くのが良いんじゃね?」となったのは、何故でしょう。

  *       *       *

強い大統領を演出したいのなら、北方領土じゃなくて、対ヨーロッパで文句を言って良かったし、中央アジアの紛争地域についての政策でも良かったし、中国やアメリカに文句を言っても良かった。

なんで日本の北方領土だったの?

それは多分、日本を攻撃しても反撃して来ないと思われたからではないか。菅政権はオタオタするだけで何も出来ないと思われたからではないか。

  *       *       *

「ロシアの国内事情」と言うのは簡単ですし、事実を含んでいるから納得もし易いでしょうが、そこで思考停止していてはなりません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 逮捕は困難だろう | トップページ | 「杜撰」だってさ »

コメント

河野大使の報告が囲み記事にある内容だけだとすれば、在モスクワ日本大使館の情報収集と分析能力はお粗末過ぎます。
また、引き続きしっかり情報収集を、など総理があらためて指示するまでも無く当たり前のこと。

投稿: シルバーな親父 | 2010年11月 7日 (日) 14時57分

一言で「処置なし」呆れるばかりの対応です。

投稿: 猪 | 2010年11月 8日 (月) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49960369

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアの国内事情だけでなく:

« 逮捕は困難だろう | トップページ | 「杜撰」だってさ »