« 何がしたいのか言わなければ | トップページ | 憲法九条があるかぎり »

2010年11月28日 (日)

北朝鮮の無理な言い訳

北朝鮮の無理な言い訳

朝日新聞:北朝鮮、民間人死亡に遺憾の意 責任は「敵にある」
http://www.asahi.com/international/update/1127/TKY201011270229.html

北朝鮮の朝鮮中央通信は27日、大延坪島への砲撃について「民間人死傷者が発生したのが事実なら、極めて遺憾だと言わざるを得ない」と表明した。一方でその責任は「軍事施設内に民間人を配置して『人間の盾』を作った敵の非人間的行為にある」と主張した。

真面目にとる人がそのうち出てきそうだから、書いておくけど、「軍事施設内に民間人を配置して『人間の盾』を作った敵の非人間的行為にある」なんて言い訳は通りません。何故なら、北朝鮮による今回の砲撃で民間人の死傷者は、軍事施設内だけでなく基地の外部でも出ているから、そして、軍事施設内に民間人が入るのは別に珍しくもなんともないから。そして、北朝鮮は無警告で攻撃したから。

  *        *        *

今回のような砲撃を行ったならば、民間人に死傷者が出るのは当然に予想されることです。それに北朝鮮はロケット砲を使用しましたが、ロケット砲の命中精度は通常の大砲に比べ低いのです。精密な攻撃をして無関係な人間に対する被害を出さないようにしようと思うならば使う兵器ではありません。

  *        *        *

北朝鮮は色んな方法で今回の砲撃を正当化しようとするでしょう。北朝鮮の言い分に耳を傾けることは必要ですが(対話するという意味でも、敵を知るという意味でも)、ちょっと考えれば、言い訳にもなっていないことがありすぎです。

  *        *        *

北朝鮮が本気で民間人に被害を出さないように思うならば、それでも攻撃しないとならないなら、事前に警告を行うべきでした。民間人が退避できる時間を与えるべきでした。そういった行動を取らなかった北朝鮮は「民間人に被害が出ても仕方ない」という判断を行ったと言えます。使った兵器からも、巻き添えに対して鈍感であったと言わざるを得ません。

ま、北朝鮮のような独裁国家では一般民間人の命の価値は低いものなので意外感はありませんけど(被害が出て騒ぎになって、ようやく「こんなに騒ぐんだ」と気がついたのかも知れないとすら思います)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 何がしたいのか言わなければ | トップページ | 憲法九条があるかぎり »

コメント

これが中国・朝鮮の思考です。

投稿: 猪 | 2010年11月28日 (日) 09時53分

シナ・朝鮮の権力者にとって自分達以外のものの命の重さなど塵と同じ、自分達の非は決して認めず責任を相手に転嫁する。
このメンタリティーは時代を経てもいささかも変わっていませんね。これからも無理でしょう。

投稿: シルバーな親父 | 2010年11月28日 (日) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50149825

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の無理な言い訳:

« 何がしたいのか言わなければ | トップページ | 憲法九条があるかぎり »