« 「杜撰」だってさ | トップページ | ナショナリズムを刺激しているのは民主党政権の無策だ »

2010年11月 8日 (月)

民主国家同士の戦争は

民主国家同士の戦争は

中日新聞 社説:外交の近代化を問う 週のはじめに考える
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2010110702000014.html

では「外交の近代化」はどうでしょうか。「戦争の世紀」ともいわれた二十世紀は、談判決裂で戦争に発展するケースが多かったのですが、二回にわたる世界大戦を経て「民主国家同士の戦争は起きない」との通説も生まれました。話し合いで戦争を未然に防止する−それが「外交の近代化」といえるかもしれません。

社説の主題に対する感想や反論ではなく、部分に反応します。

「民主国家同士の戦争は起きない」という通説は何度か目にした事があります。最初は疑問に感じませんでした。

  *        *        *

民主国家では大衆が大きな影響力を持ちます。戦争になったら苦しむのは大衆です。故に、大衆は戦争を望まず、民主国家は戦争を避けようとする、また、民主国家には言論の自由があるから話し合って戦争を避けることも出来ます。

と、まぁこんなふうに考えていて、民主国家同士は戦争しないと思っていました。

でも、本当にそうでしょうか。

  *        *        *

ナチスドイツは民主的なワイマール憲法の下で生まれました。

1919年にワイマール憲法が制定され、「民主的なドイツ」が生まれました。その民主国家が民主的にヒトラーの政党に議席を与えたのが1923年。第一党になったのが1932年です。1940年ごろから周辺国に戦争をしかけ始めます。

いつドイツが民主国家でなくなったのかは判りませんが、ナチスの権力掌握は民主的な手続きによりましたし、1923年までは議席すら持っていなかったのですから、どんなに早く見積もっても1923年までは民主国家でした。

そして20年しない間に戦争を始めています。

いま平和国家だったとしても、ほんの10年程で、民主的な手続きで軍事国家になって戦争を始めるかもしれません。

だとしたら民主国家同士は戦争しないという言葉にどんな意味があるのでしょう。あっというまに変身して戦争を始めるかも知れないのに。

  *        *        *

では次に、近代の民主国家、特に第二次大戦後の民主国家はどの様なものでどの様な状況下にあったのか考えて見ましょう。

第二次大戦後の西側民主国家は共産国家との冷戦下におかれました。ヨーロッパ以外の地域では、多くの国が独立しましたが、民主国家としては未成熟で紛争も多くあった。

結局、「民主国家同士の戦争は起きない」と言っても、ヨーロッパの民主国家同士でしかありません。つまり、ギリシャ文化・キリスト教文化という同じ文化を引き継いでいて、しかも敵対する大勢力があり協力せざる得ない状況におかれた国々が戦争をしなかったに過ぎません。

極めて限定的で戦争が起きにくい状況下にあった。その状況下で起きなかったに過ぎない。

  *        *        *

一部の権力者だけの判断で戦争が開始出来る国よりは、戦争しにくいかもしれませんが、民主国家同士が戦争しないと言うことは出来ないと思います。

ただ言えることは「民主国家同士が戦争するなら、それは悲惨なものになるだろう」と言うことです。何故なら、民主国家には言論の自由があり、民衆が国家の意志を決める。つまり話し合うチャネルがるのに、民衆同士が憎み合っている・相手を殺しても良いと思うほどに民衆が一般人が対立している。そんな状況下での戦争が悲惨なものにならない訳がない(王様同士の喧嘩なら、支配者同士の権益を争いなら、下々は適当に逃げる事もできるかも知れない。支配者が代わるだけならね)。

  *        *        *

「民主国家同士の戦争は起きない」のではなく「民主国家同士の戦争は悲惨なものになる」のだと思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「杜撰」だってさ | トップページ | ナショナリズムを刺激しているのは民主党政権の無策だ »

コメント

大東亜戦争も「民主国」同士でしたからね・・・

投稿: 猪 | 2010年11月 8日 (月) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49968521

この記事へのトラックバック一覧です: 民主国家同士の戦争は:

« 「杜撰」だってさ | トップページ | ナショナリズムを刺激しているのは民主党政権の無策だ »