« 聖徳太子以来の国是 | トップページ | ロシアの国内事情だけでなく »

2010年11月 7日 (日)

逮捕は困難だろう

逮捕は困難だろう

朝日新聞:石垣海保編集と断定 尖閣流出映像、告発視野に本格調査
http://www.asahi.com/national/update/1106/TKY201011060384.html

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件に関するビデオ映像がインターネット上に流出した問題で、海上保安庁は6日、石垣海上保安部(沖縄県石垣市)で編集した映像が流出したと断定。何者かが故意に漏らした疑いが濃厚とみて、刑事告発を視野に、捜査部門が中心になって同海保職員からの聞き取りを本格化させた。

流出させた人を特定するのは困難ではないかと思う。犯罪やその疑いがあったとき警察などが捜査を行う。但し、警察官だけで逮捕が出来るものでもない。一般の人々の協力も必要だ。

  *       *        *。

ちょっと想像してみて欲しい。近所で強盗事件があったとする。警察官がやってきて話を聞きたいという。普通なら協力するだろう。そして大部分の聞き込みは無駄になるだろうけど、手がかりも得られるだろう。複数の人間の記憶を突き合わせることで炙り出される事実もある。

さて、もし住民が警察に対して非協力的であって、聞き込みに対して「知りません」とか「忘れました」とばっかり答えたら、犯人逮捕は出来るだろうか。

出来るかも知れないが、可能性は大いに減るだろう。

  *       *        *

今回の流出事件、海上保安庁内部の(あるいは、検察内部の)雰囲気はどうなのだろうか。流出させた人間に対して怒り狂っているのだろうか。それとも、よくやったと思っているのだろうか。

通常の情報漏洩であれば、怒りが基本にあるだろう。しかし、今回の場合は怒りだけでは無いはずだ。その犯人以外の周囲の人間は、捜査の妨害はしないだろうが積極的協力もしないのではないか。

警察官・捜査官だけの捜査の限界は低い。

今回の流出事件は逮捕には至らない可能性が高いと思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 聖徳太子以来の国是 | トップページ | ロシアの国内事情だけでなく »

コメント

始めが間違い・・・班人探しより「反省猿」がさきだろう。

投稿: 猪 | 2010年11月 7日 (日) 09時24分

手の打ちようが後手で、その打つ手が全て見当違い。菅政権はもはや救いようが無い。

投稿: シルバーな親父 | 2010年11月 7日 (日) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49957994

この記事へのトラックバック一覧です: 逮捕は困難だろう:

« 聖徳太子以来の国是 | トップページ | ロシアの国内事情だけでなく »