« 支援とは? | トップページ | 熟議、5年前に言って欲しかった »

2010年12月30日 (木)

共産党政権下での共産革命

共産党政権下での共産革命

産経新聞:格差社会の中国に「毛沢東ブーム」 生誕の日、陳情者ら1000人デモ
http://sankei.jp.msn.com/world/china/101229/chn1012290019001-n1.htm

中国建国の父、毛沢東(1893〜1976)の117回目の誕生日にあたる26日、地方から来た陳情者約1000人が「毛沢東主席万歳」などと叫びながら、天安門広場の「毛主席記念堂」に行進しようとしたが、その途中で警察隊に阻止され拘束される事件が起きていたことが分かった。地方政府による土地の強制収用や官僚の横暴で社会矛盾が拡大している中国では最近、弱者たちが、平等社会の実現を目指したと信じている「毛沢東」を掲げて、当局に抗議するケースが増えている。

冗談抜きで、共産党政権下での共産革命が起きるかも知れませんね。いえ、結局、共産主義も人間社会の限界を越えられなかったと言うだけなんですけど。

  *        *       *

「蟹工船」を読んだときに、反乱を起こした労働者達の先見性のなさと言うか、嵐の中で船長を拘束してどうするよって思った事を思い出す。嵐の中を航海している状況下で船長という知識と技術を持った人間を排除したら、船全体が危険に曝される。場合によっては沈没もあり得るし、脱出することすら出来ないかもしれない。

船という技術の塊にあっては、知識と技能がものをいう。労働者を非人道的に扱って良い訳はないけど、技術と知識を軽視しちゃダメだ。

うーん、いまの民主党政権みたい。自民党を追い出したのは良いけど、日本国という船を操船できず、沈没の危機に陥れている。

  *        *       *

話がずれたけど「労働者の国」と言っても、指揮する立場、知識や技術・技能を持った人間、他人と上手にコミュニケーション出来る人間と出来ない人間が存在する。そういう人間とそうでない人間が出来てしまう。

共産主義でも労働組合があっても、人間が社会を作り政治を行う存在である限り、有利不利が起きる。

いまの社会に不満を持つ人間が多数を形勢し力を持った時、そして、その力を自覚したとき、革命・権力者の交代は起こる。これは民主主義国家でも独裁共産国家でも変わらない。ちがいは選挙と投票という暴力を伴わない方法か、それとも、暴力と流血を伴う革命かどうかという違いに過ぎない。

  *        *       *

さてと、これから大掃除だ(私はお風呂etc担当)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

2010/12/30 14:49 訂正
 訂正前:上手にコミュニケーションが存在する。
 訂正後:上手にコミュニケーション出来る人間と出来ない人間が存在する。

|

« 支援とは? | トップページ | 熟議、5年前に言って欲しかった »

コメント

シナの若者にはモデルとなる社会像がありません。
新しいものを作り出そうとするなら温故知新のなるのですが、シナでは新しいものが出来るとすべて壊されるので毛沢東以前の社会がわからないのでしょう。
その点日本のほうがましと言いたいですが、今の政権は重税をかけようとしています。「無職税」といってニートや就活中の若者のいる世帯にかけるそうです。信濃毎日新聞のWEBに載ってるようです。かれらは弱者の味方ですらないようです。

投稿: すずき | 2010年12月30日 (木) 14時57分

船に乗ったのは良いのですが、矢張り無理なのですね。
彼らの仕事は所詮、国内で与党と戦うだけで、国際感覚も知識も欠如、只浮遊している。

投稿: 猪 | 2010年12月31日 (金) 11時55分

いまや色々な面で格差が広がりすぎていて、手が付けられなく成りつつある様に見えます。

投稿: シルバーな親父 | 2010年12月31日 (金) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50439196

この記事へのトラックバック一覧です: 共産党政権下での共産革命:

« 支援とは? | トップページ | 熟議、5年前に言って欲しかった »