« 国民が政権交代に期待したもの | トップページ | 国家も「1人称」で語ろう »

2010年12月19日 (日)

はぁ~

はぁ~

琉球新報:首相・知事会談 説得すべきは米国だ
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-171304-storytopic-11.html

仲井真知事が不快感を示したように県内移設はベターではなくバッドだ。新しい基地を造ってしまえば、簡単には撤去できない。半永久的に海兵隊の基地を置くということだ。「(基地負担を)日本全体として受け止めなければならない」と菅首相は言うが、県内移設が決まった後に、日本全体でどう受け止めるのか。嘉手納基地やほかの基地を引き受けるのか。

普天間移設について菅首相は「強引に進めるつもりはない。しっかり誠意を持って話し合う」と強調したが、時間がたてば、容認に変わると思っているとしたら大間違いだ。沖縄を説得する誠意とエネルギーは、米国に向けて使うべきだ。

在日米軍基地はアメリカ軍を御接待するための施設じゃない。何かに(誰かに)対抗する為にある。

「沖縄を説得する誠意とエネルギーは、米国に向けて使うべきだ」

これはね、目先の事しか見えてないって事だよね。米軍は中国に対抗する為に沖縄を必要としている(もちろん、ロシアも含まれるし、アジアや世界全体へ力を投射する為のベースとしても使われるが、その目的の為であれば、沖縄でなくても良い)。

だから、中国が良い子にしてくれれば、あんなに沖縄に負担が集中することは無いんだよね。

「説得すべきは米国だ」ではなく、「説得すべきは中国だ」なんだよね。

  *        *        *

なんでサヨクの方々は目先の事しか見えないんだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 国民が政権交代に期待したもの | トップページ | 国家も「1人称」で語ろう »

コメント

思想が左だと全てが「斜視」でしか物事が見られないのでしょう。

投稿: 猪 | 2010年12月19日 (日) 09時49分

国家の防衛と安全を担う基地をどこに持つのかは、その能力と効果を十二分に発揮させる上で極めて重要なことです。その国家の重責を沖縄が担っていると言うことに誇りを持って対応すれば、国も沖縄以外の都府県も相応の負担をすることはやぶさかではないのでしょし、沖縄に対する感謝の念も生まれてくるのではないでしょうか?
沖縄は自らの被害者意識を脱却しない限り地域を発展させる展望は開けないように思うのですが。

投稿: シルバーな親父 | 2010年12月19日 (日) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50339283

この記事へのトラックバック一覧です: はぁ~:

» 一阿の 「猿の反省」 ①/5 [ガラス瓶に手紙を入れて]
昔、舞台で片手を前について反省する猿がゐた。・・・昨今の祖国の状況を見ると、 海軍の幼稚園生であった愚老は、反省しきりである。茜色に染まった夕暮れの遠い富士を見ていると、「一生掛けて随分遠くへ来てしまった。」とふと思ふ。... [続きを読む]

受信: 2010年12月19日 (日) 09時59分

« 国民が政権交代に期待したもの | トップページ | 国家も「1人称」で語ろう »