« 日本の「内心の自由」 | トップページ | 共産党政権下での共産革命 »

2010年12月30日 (木)

支援とは?

支援とは?

読売新聞:生活困窮者に支援を…首相、厚労相に指示
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101229-OYT1T00503.htm

菅首相は29日、首相公邸で細川厚生労働相と会談し、「生活や住居(の確保)が困難な方に対し、自治体と協力して、しっかりと支援してほしい。年末年始にかけて情報を集め、様々な状況に対応できるよう注視してほしい」と指示した。

細川厚労相は、ハローワークが29、30の両日に都市部で年末の緊急職業相談を実施していることなどを報告した。

「しっかりと支援してほしい」

ふたつばがり思うことを書きます。

ひとつめ、具体的な指示はしたのでしょうか。

日本国においては総理大臣職というのは、俗なる仕事で、自分が汚れても具体的な成果を出さねばならないものです(聖なる仕事は天皇陛下がなされるものです)。ですから、具体的な指示、具体的な成果を出すことが出来なければ、その職にあるべきではありません。

ふたつめを書く前に、別の記事を引用します。

産経新聞:派遣村なき年越し 国は「通年支援に移行」というが…
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/101227/biz1012272321020-n2.htm

国の中止決定には昨年、国の要請を受けて東京都が開催した公設派遣村での騒動も影響している。

昨年の公設派遣村には860人が入所。しかし、就職活動のための交通費として2万円が支給されると、その夜に200人以上が戻らないといった問題が発生。無断外泊や飲酒など、一部の入所者のモラルが問題視され、都には多くの否定的な意見が寄せられた。

「あの失敗で国が派遣村を開くという選択肢はもう無くなった」。ある厚労省幹部はそう話す。

ふたつめは、「本当に役立つ支援とは何か」と言うことが誰も判っていない、ということ。

集団生活、約束、飲酒などの欲望を我慢すること。こういった事は、現代社会で成功する為に、成功と言わないまでもソコソコ生活して行く為に必要なスキルです。また、働くための技能や知識が不足していた為に、ホームレスになってしまった人もいるでしょう。

困窮者に対して、お金と寝床を渡せばそれで良いのかと言えば違うでしょう。現代社会で、戦うためのスキルと生活習慣を身に付けるための教育こそが必要とされているのです。

しかし、どんな教育をすれば良いのか、誰も知りません。大人に対して、強制できるのかと言えば、日本社会は強制できる社会ではありません。

  *        *        *

本当の意味での支援なら(困窮者が社会に有為な人間となるのなら)社会は多少のコストも許容する。単なるバラマキ、お金がパチンコと酒にしかならないように見えたら反対して当然。

そして、本当に役立つ支援が出来る(知恵ある)為政者は、なかなかいない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 日本の「内心の自由」 | トップページ | 共産党政権下での共産革命 »

コメント

「その時」だけ良ければ良い。誰でも言える事ですね。放っりっ放し、全てがこれですから・・・

投稿: 猪 | 2010年12月30日 (木) 11時08分

格好だけで中身の無いパフォーマンス。

投稿: シルバーな親父 | 2010年12月31日 (金) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50437025

この記事へのトラックバック一覧です: 支援とは?:

» 就職活動 封筒 書き方 [就職活動 封筒 書き方]
就職活動の封筒の書き方についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2011年1月19日 (水) 11時30分

« 日本の「内心の自由」 | トップページ | 共産党政権下での共産革命 »