« 危険な... | トップページ | 将軍様は何もしてくれないの? »

2010年12月10日 (金)

今が通常なのでは

今が通常なのでは

朝日新聞:中国総領事館移転「時期見据え協議」
http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000001012080002

新潟市議会で7日、一般質問が始まり、中国の在新潟総領事館(同市中央区西大畑町)の万代小学校跡地(同区東万代町)への移転計画について質問が相次いだ。篠田昭市長は「早期に日中関係が改善され、通常の雰囲気の中で住民の皆様に説明ができる時期が来ることを願っている」と述べ、引き続き跡地売却に向けて住民の理解を求めていく考えを示した。

隣国同士は対立するものだ。それなりに力を持っていれば、まず、確実に対立する。別に、日本と中国に限らない。ドイツとフランス、フランスとイギリス。中国の諺にも遠交近攻と言うのだ。

「早期に日中関係が改善され、通常の雰囲気の中で」

日本と中国は対立する。現在の対立した雰囲気が通常の雰囲気で、その中で出来ることをするべきなのだ。

  *        *        *

篠田昭市長に譲って、いまが異常な状態だとしよう。で日中関係が改善したとき、通常の状態として、売却したとする。でも、未来永劫、良い状態であるは限らない。一時的にせよ対立することは実証ずみだ。

日中関係が対立した時に、そこに領事館が欲しいかどうか。それも判断基準の一つになるだろう。ピンチになった時の事を考えない政治、困難な状況を考えない政治は、あり得ないのだから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 危険な... | トップページ | 将軍様は何もしてくれないの? »

コメント

何で領事館が新潟に必要なのか?考えたら判りそうなもの・・・北朝鮮に近いからでしょうに、それが判らない政治家は死んだ方が良い。

投稿: 猪 | 2010年12月10日 (金) 10時35分

最近、露助の大使?が、たわけたことを抜かしていた。曰く、『領土問題の解決には、両国の友好関係が重要だ』(要旨)と。自分達の非を棚に上げて、これである。支那も発想がそっくりだ。勝手に領土問題を作って、居丈高に脅す。特亜・露助こそ、日本の『永遠の敵』である。それが、正常な状態である。

投稿: 素浪人 | 2010年12月10日 (金) 13時09分

責任ある立場の人は、ある決定を下すに当たって、その決定内容によって齎される、あるいは発生するであろうリスクを十二分に検討した上で判断を下さなければならない責務が求められる。と言う当たり前なことが蔑ろにされ過ぎていると思います。

投稿: シルバーな親父 | 2010年12月10日 (金) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50259442

この記事へのトラックバック一覧です: 今が通常なのでは:

« 危険な... | トップページ | 将軍様は何もしてくれないの? »