« 価値観に根付いたものは | トップページ | 行政はどこまでお節介になるべきか »

2011年1月 9日 (日)

マニフェスト見直しというレベルではない

マニフェスト見直しというレベルではない

東京新聞:「衆院選公約見直す」 首相
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011010802000045.html?ref=rank

首相は「政権交代から今、一年半たったから、少なくとも折り返し地点の二年目あたりにはやりたい」と指摘。「玄葉光一郎政調会長を中心に、最終的にどこまでやれるか見通しをつけようとしている」と説明した。

世の中、金が無ければ動きません。民主党がマニフェスト実行の為に確保したお金はいくらでしょう。

公明党:理念なき迷走 11年度予算・税制改正案
http://www.komei.or.jp/news/detail/20110109_4193

2011年度予算・税制改正案で、民主党マニフェストの実現が不可能であることがはっきりしました。民主党は、予算の組み替えやムダ削減で11年度は 12.6兆円の財源をねん出できる、と言い張ってきましたが、わずか3.6兆円確保しただけ。財源難で「子ども手当2万6000円支給」「高速道路無料化」などの公約はことごとく“絵に描いた餅”に成り下がりました

12.6兆円確保する予定でしたが、確保出来たお金は3.6兆円。予定に対して28%。

百点満点で28点。普通は落第です。

国民が民主党に政権を託した時「借金して子供手当てを配れ」と言った訳ではありませんでした。借金をしないで子供手当てが出せる、高校の無償化も出来る、高速道路もタダになると約束したから、任せたのです。

  *        *        *

菅さんは半年後の夏あたりに見直しすると言っていますが、おそらく、グダグダの議論をして、大した変化もなく借金を増やしていくのだろうと思います。そんな時間の無駄なことをするより、すぐにでも解散総選挙を行うべきと思います。

増税して子供手当てや高校無償化を維持拡大するか、それともやめるか、増税なしで実施して財政破綻させるかの3択なのですからテーマ設定は難しくありませんし。

  *        *        *

私は「子供手当て」は消費税増税とセットで行う、国籍条項も付けるべきと思います。高校無償化は公立高校に限って行う。そして公立高校の拡充を行うべきと思います(私学へ助成なんてするから、国民の合意が得られないような教育内容の学校に公金を出す出さないなんて話になる)。

教育(子育て)と防衛については「大きな政府」を私は支持しますから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 価値観に根付いたものは | トップページ | 行政はどこまでお節介になるべきか »

コメント

初めから民主党のマニフェストなど信用はしていませんでしたが、今に成っても「思いつき」だけの民主党。
無償化・無料化・公金配布、入るものが無くて、節約だけで出来るわけがない。

国が貧乏に成るだけ、喜ぶのは誰?貯金通帳?銀行も貯金だけじゃ迷惑な話、TPPだ、ハーグ条約だ、消費税だ、いい加減に思いつきの政治は止めて欲しい。

投稿: 猪 | 2011年1月10日 (月) 10時32分

任期いっぱいまでこんな政権が続いたのではたまりません。

投稿: シルバーな親父 | 2011年1月10日 (月) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50539977

この記事へのトラックバック一覧です: マニフェスト見直しというレベルではない:

« 価値観に根付いたものは | トップページ | 行政はどこまでお節介になるべきか »