« そんな事してる場合じゃ無いだろ | トップページ | 多文化共生と移民と互助の社会 »

2011年1月 3日 (月)

軍事均衡以外に方法は無い

軍事均衡以外に方法は無い

沖縄新報 社説:[こんな夢をみた]沖縄を平和の公共財に
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-01-01_13330/

ソファに寝転がって中江兆民の『三酔人経綸問答』を読んでいるうちに、うとうと寝入ってしまった。

こんな夢をみた。

琉球・沖縄史の傑物3人が、時空を超えて一堂に会し、熱い議論を交わしている。



林成功は「帝国主義も植民地主義も覇権主義も沖縄に幸せをもたらさない」と言い切った。

「政治・経済・軍事のあらゆる面で中国が台頭し、東アジアは大きな転換期を迎えている。非常に流動的で、危険な要素もあるが、軍事力を強化することによって対抗する勢力均衡政策は愚策だ。問題解決につながらないどころか、問題を複雑にするだけである」

夢というか夢想の話にツッコミを入れるのも無粋なのですが。

  *        *        *

「軍事力を強化することによって対抗する勢力均衡政策」は上策ではないかもしれませんが、他に方策の無いときには取りうる選択として考慮しなければなりません。

軍事力の強化は、自分達の決断によって行うことが可能です。政府が決断して国民が追認・支持すればよいのですから。

軍事均衡策の良い所は、日本が決断しさえすれば実行可能な事です。

  *        *        *

引用した社説には、軍事力均衡を批判し代替案として以下のような事を書いています。

だからこそ、と謝名利山、林成功、伊波普猷の3人が口をそろえて言った。

「沖縄を平和の国際公共財として世界に認知させ、沖縄から積極的に発信すること。それは決して夢物語ではないし、東アジアの中で沖縄が担うべき役割だ」

具体的にはどうするの?

日本だけで、あるいは沖縄だけで出来ることなの?

「○○さんが(○○国が)、やってくれないからぁ」と他人のせいにして逃げることをしないで、自分で出来ることで、具体案のあることを探して行くと、結局、軍事力均衡を目指すしかないんじゃないの。

  *        *        *

軍事力の均衡による平和は永遠に続くことはない。必ずどちらかの国や勢力が伸長あるいは衰退する。そのときに多くの不幸が起きる。しかし、私達はそれ以外の有効な方法を知らないのではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« そんな事してる場合じゃ無いだろ | トップページ | 多文化共生と移民と互助の社会 »

コメント

自衛権と領海侵犯は撃墜・処分すると言う「法」作成で対応できるでしょうね。
早く離島法・国防法でも外国向けに作る事が必要です。

投稿: 猪 | 2011年1月 3日 (月) 09時48分

管理人さま、こんにちは
年がら年中、妄想・妄言を垂れ流している支那タイムスが、新年初っ端から夢ネタとは、吹いてしまいました。
因みに、林成功は、琉球処分に反発して清に渡り、清朝に琉球救援の為に黄色艦隊を派遣するように要請して容れられず自害して果てた脱清人で、沖縄県民で知る人は殆ど居ませんし、三大傑物でもありません。
その事大振りが、支那タイムスの媚中路線に合致し、最近やたら取り上げられますが、、、
追伸1/3日付けの支那タイムスの社説も、又夢ネタです。
どうやら、記者は沖縄独立を志向している模様、支那を超経済大国と書いたり、一国二制度に入っていない筈の外交権も沖縄に渡せと主張したり、最早白昼夢です。
経営が苦しすぎて自暴自棄になっているのか?、、、

投稿: 石原昌光 | 2011年1月 3日 (月) 16時36分

公務執行妨害でしか領海侵犯を取り締まれないとはあまりにも情けない。
現実性が全く感じられない(荒唐無稽な)話を夢物語と言うんですよね。

投稿: シルバーな親父 | 2011年1月 3日 (月) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50476964

この記事へのトラックバック一覧です: 軍事均衡以外に方法は無い:

» 谷川貞治という狂った在日 [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓の10のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今の日本のスポーツ選手たち ③歴史を消された日本人スポーツ選手に未来はない ④戦争…... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 17時07分

« そんな事してる場合じゃ無いだろ | トップページ | 多文化共生と移民と互助の社会 »