« 麻生さんだったら、どんだけ叩かれたかな? | トップページ | 子供ですか »

2011年1月28日 (金)

記者クラブの問題は?

記者クラブの問題は?

朝日新聞:小沢氏「既存メディア」不信? フリー記者らに積極露出(1/2ページ)
http://www.asahi.com/politics/update/0128/TKY201101270535.html

民主党の小沢一郎元代表が27日、フリー記者らが主催する記者会見に応じた。インターネットで中継されたが、大手新聞やテレビ局へ事前の案内はなかった。小沢氏は、政治とカネの問題で批判を続ける「既存メディア」への不信を募らせているようだ。

記者クラブや「既存メディア」を信用する訳ではないけど、「フリー記者ら」を信用出来るかと言えば、信用出来ないと答えざるを得ません。

  *        *        *

確かに、「既存メディア」と違った質問をしたり違ったりする、既存メディアに流れない情報があったりする。しかし、それだけでは信用するには足りません。

フリー記者からは「記者クラブは情報を独占している」「記者クラブが小沢さんの悪役イメージを作っている」などと同調する意見が相次ぎ、小沢氏は最後は拍手に包まれて会場を後にした。

「既存メディア」の朝日新聞の書いたことですから、割り引いて解釈するとしても、記者らと小沢さんの関係に疑問を感じさせます。

問題というものは立場によって違います。「フリー記者ら」にとっては排他的な所でしょう、では読者や視聴者にとっては何でしょうか。

それは、権力と癒着しているのではないかという疑念、質問が甘いという不満です。

  *        *        *

権力は情報提供側で記者は受け取る側という構図は記者クラブが有ろうが無かろうが変わりません。権力者側が(取材対象が)記者を籠絡して、自分にとって都合の良いニュースを流させようとするのは変わりません。

組織であり集団である権力に個人の記者が対抗出来るでしょうか。

個が権力に対抗するには組合のような組織を作らねばなりません。

記者クラブの問題は、所謂「御用組合」の問題に似ています。権力の側に同調する事で、楽な仕事をし、本来すべき事をしない事が問題なのです。

クラブであることが問題なんじゃありません。

そして「フリー記者ら」が記者クラブ以上に、権力に取り込まれないとは言えないのです。既存メディアの側からの記事ですが、「フリー記者ら」が権力に取り込まれていることを強く疑わせる記事ではあると思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 麻生さんだったら、どんだけ叩かれたかな? | トップページ | 子供ですか »

コメント

芸術分野のフリーは判りますが、フリー記者は特に芸が有るわけでもなし、技術が有るわけでもなし、金が無きゃ駄目でしょう?芸能記者と同じでしょう。

投稿: 猪 | 2011年1月28日 (金) 10時01分

小沢氏側が、彼を追及するするような質問をしそうな記者(いるのかどうかわかりませんが)を参加させるとは到底思えません。

投稿: シルバーな親父 | 2011年2月 1日 (火) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50706821

この記事へのトラックバック一覧です: 記者クラブの問題は?:

» 小沢一郎と日本自由報道記者クラブ協会発足 [日本を変える論客たち]
記者クラブによって不当な扱いを受け続けてきたフリーのジャーナリストたちが団結して日本自由報道記者クラブ協会を立ち上げることになり、以前から記者クラブのオープン化に積極的であった小沢一郎氏を会見に招かれました。...... [続きを読む]

受信: 2011年1月28日 (金) 11時18分

« 麻生さんだったら、どんだけ叩かれたかな? | トップページ | 子供ですか »