« 清貧な政治家を望まない | トップページ | 「民主党は分裂すべき」が過半数 »

2011年1月16日 (日)

通り道

通り道

朝鮮新報:愛知の市民団体が講演会 「これからの100年を考える」
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2011/01/1101j0114-00002.htm

安川名誉教授は、強制併合から100年を迎えた昨年、50カ所に及ぶ地域で講演を行っており、「明るい明治」「健全なナショナリズム」が、なぜわずか 20数年の間に天皇制軍国主義の「暗い昭和」=「昭和前期の『超国家主義』」につながっていったのかについてわかりやすく解説した。

参加者たちは、日清・日露戦争の本質が日本による朝鮮への侵略と植民地支配への道のりであることを確認できたなどと感想を述べた。

ごめんね、通り道だったの。

朝鮮の人の自尊心を傷つけることかもしれないけど、日本は朝鮮半島を支配したかったんじゃないの、自衛の立場から言うと「ロシアが南下してくる通り道を予め塞いでおくため」に、侵略の立場から言うと「大陸進出への通り道」として朝鮮半島を支配したの。

400年前の豊臣秀吉の朝鮮出兵も「唐入り」であって朝鮮侵略が主目的じゃないんだよね。戦場ではあったけれど。

  *        *        *

今も昔も勢力圏同士がぶつかる場所というもうのがある。朝鮮半島は大陸の勢力が日本を狙った場合の通り道になる。元寇しかりロシアしかり、さらに遡って百済や新羅の時代も同じこと。

  *        *        *

日本が朝鮮半島を云々言うのが悪いとは言いませんが、さらにそれを越えた視点がないと、各国の思惑を見誤るような気がします。

そして、朝鮮半島の置かれた立場だけでなく、日本の置かれた立場も考えなければなりません。日本と○○国の関係だけでなく、○○国が××国を攻めようと思った場合の日本の利用価値(逆から見ると防御する場合の日本の重要度)を考えなければなりません。

  *        *        *

太平洋を挟んで2つの勢力が対立する事が可能になったのは産業革命以降ですが、アメリカと中国が、あるいは、アメリカとロシアが、対立する限り日本は戦略的軍事的に重要な場所となるのです(つまり、一歩間違うと戦場になる可能性があるってことです)。

その事を覚えておかねばなりません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 清貧な政治家を望まない | トップページ | 「民主党は分裂すべき」が過半数 »

コメント

時代の感覚がないのですね、学者の弱いところ、政治・経済は常時動いている、全てが戦争である観念が欠如しているのが大学教授。

朝鮮への「侵略」?「植民地支配」?この人たちに、今年の初めから、素人の私のプログ「朴念仁の伝言」を見て欲しい。

投稿: 猪 | 2011年1月16日 (日) 12時28分

地政学による視点が無いままで歴史を語ってらっしゃるようですね。ウィキィによればこの昭和10年生まれの反日サヨク名古屋大学名誉教授、足代のみの講演費無料で福沢諭吉を非難する講演を出前で行っているようです。

投稿: シルバーな親父 | 2011年1月16日 (日) 15時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50598742

この記事へのトラックバック一覧です: 通り道:

« 清貧な政治家を望まない | トップページ | 「民主党は分裂すべき」が過半数 »