« 多文化共生と移民と互助の社会 | トップページ | 反米闘争がもたらした沖縄の基地集中 »

2011年1月 4日 (火)

民主党地方組織は解散総選挙を望むのではないか

民主党地方組織は解散総選挙を望むのではないか

東京新聞:13都道県で知事選 統一地方選、総選挙も視野
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011010102000042.html

ねじれ国会を生んだ昨年の参院選後、初の大型地方選挙。政権運営への世論の批判を反映し敗北が続く民主党と、政権奪取の布石としたい自民党の消長が焦点。与野党は次期衆院選を視野に、国政選挙並みの態勢で臨む。都市部を中心に勢力拡大を狙うみんなの党をはじめ、各党の戦いぶりに注目が集まる。

菅政権は内閣改造を行おうとしています。追い詰められた政権が内閣改造によって浮上するかどうかは厳しい所であると思います。何より菅首相のやりたいことが見えない、指導力がみえないのが内閣改造で変わるとは思えませんから。

では、首相の交代、つまり内閣総辞職ではどうか。

誰が菅首相の後継首相になるか。前原か岡田か?

内閣への支持は一時的に回復するかもしれないが、首相が代われば解散総選挙を求める圧力がかかる。マニフェスト見直しに次いで、二回目の首相交代という大義名分も出来てしまうのだから。

どんな方法をとっても、民主党政権への国民の批判は止まりそうにない。その批判というか鬱憤は、解散総選挙が行われるまで、地方選挙で示される。その結果、地方組織はダメージを喰う。

  *        *        *

解散総選挙が行われるまで、中央政界への不満を地方選挙で示すという構図は続くだろう。民主党の地方組織は解散総選挙を要求するべきかもしれない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 多文化共生と移民と互助の社会 | トップページ | 反米闘争がもたらした沖縄の基地集中 »

コメント

綱領なき政党、ごたごたを抑える術が無い、芯もない、どうすれば良いのか判らないのが現状でしょう。

投稿: 猪 | 2011年1月 4日 (火) 10時59分

地方組織の圧力で解散総選挙に追い込んでいただきたいですね。

投稿: シルバーな親父 | 2011年1月 4日 (火) 16時13分

 民主党路線の破綻は目に見えて明らかですからね。
寧ろ、立て直す事を望むかと思われます。地方議会では、民主党はまだまだ少数ですし、甘い汁を吸える政権与党の椅子を手放すつもりもないでしょう。
 追い込み解散しかないですね。
予算を矛に小沢問題を盾に、菅政権ではなく、民主党そのものを追い込まなければなりません。
ただ、小沢さんは最近、メディアに頻繁に顔を出すようになっています。単独離党しちゃいそうですかね。

投稿: カイワレ | 2011年1月 4日 (火) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50487045

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党地方組織は解散総選挙を望むのではないか:

« 多文化共生と移民と互助の社会 | トップページ | 反米闘争がもたらした沖縄の基地集中 »