« 減税日本は失敗するだろう | トップページ | エジプトで大政奉還はなるか »

2011年2月 7日 (月)

大相撲の八百長は日本的癒着の典型ではないか

大相撲の八百長は日本的癒着の典型ではないか

毎日新聞:八百長問題:星の貸借、土俵で清算…メール記録で実態判明
http://mainichi.jp/select/today/news/m20110206k0000m040107000c.html

大相撲の八百長問題で、力士らは本場所中に勝ち星の貸し借りを土俵で清算する一方、他の力士への付け替えも横行していた実態が警視庁が押収したメール記録で浮かんだ。それ以外の時期は主にカネで清算され、星一つ20万円を相場に売買されていたとみられる。

大相撲の八百長は日本的癒着の典型ではないかと思う。

業者同士、業者と発注者(の担当者)、表に出さないで現場同士のナアナアでの決着。ナアナアと談合で仕事を進められたら、現場にとっては楽でソコソコの価格と品質を維持できる。

市場原理と契約でギリギリ戦うのが筋であり、現代的な正義なのかもしれないが、ナアナアと談合は現場に安心と安定をもたらす。

  *        *        *

ナアナアと談合を推奨しはしない、実際、ナアナアと談合は内向きの利益をもたらすのであって、外部に対しては利益をもたらさないことが多い。

建設や土木で談合の結果のコストの上昇は無視出来ないが故に厳しく追求されている。

今回の例で言えば、力士たちには「負け越しを避ける」「成績を安定させる」といった効果があっただろうけれど、真剣勝負と信じている観客に対しては裏切り行為だ。

  *        *        *

大相撲から「星の貸し借り」と言った談合行為を完璧に無くすのは難しいのではないかと思う。それは日本人の心性(内向きの判断をしがちな心性)に合っているから。彼等自身が利益を得ているから。

しかし、監視を強めたりルールを変える事で減らすことは出来る。

そして、観客が信頼できる監視のしくみや納得できるルールを作ることが出来るかどうかが、大相撲の今後を決めるだろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 減税日本は失敗するだろう | トップページ | エジプトで大政奉還はなるか »

コメント

管理人さま、こんにちは
談合も癒着も結構ですが、こんな勝負に関わる事をメールで遣り取りする無神経には呆れます。
もっと細心の気配りで八百長はおやんなさい。
真面目にやってる力士や関取衆に失礼ではないかと思います。

投稿: 石原昌光 | 2011年2月 8日 (火) 15時00分

石原昌光さん、こんにちは

> もっと細心の気配りで八百長はおやんなさい。

わーっ、私が書こうと思って書けなかったことを!

私もそう思ったんですけど、ハッキリ書く度胸がなかったんです。

石原さんに脱帽です。


投稿: 乱読雑記 | 2011年2月 8日 (火) 23時31分

管理人さま、こんにちは、返信ありがとうございます。
もう少し、大相撲は狡猾になるべきだと思います。
この際、あっさりと興行と競技の部分を分離して、興行はエンターテイメント至上で、パフォーマンスが上手い力士を活躍させて、参加者には全員給金を払う。
競技の部分は、ルールを厳格化してガチンコ重視、こうすれば実力は無くてもパフォーマンスで稼げる力士が生まれますし、星をお金で売買みたいなゲンナリする話もしなくて済みます。
狙いは、大相撲を二極化させて、ダーティーな面は興行部分に全て負わせ、一方で大相撲の伝統は維持する。
これくらい割り切らないと、今後も大相撲はマスゴミの餌食になり続けるでしょう。

投稿: 石原昌光 | 2011年2月 9日 (水) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50806269

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲の八百長は日本的癒着の典型ではないか:

« 減税日本は失敗するだろう | トップページ | エジプトで大政奉還はなるか »