« もしかして、文化? | トップページ | そして領土を齧られた »

2011年2月 3日 (木)

10年耐えれば大丈夫さ

10年耐えれば大丈夫さ

産経新聞:「毛沢東の狂気」が蘇る時
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110203/chn11020312410001-n2.htm

彼が旗手となって展開している「毛沢東に戻ろう」とする政治運動の背景にはトウ小平以来の市場経済路線がもたらした貧富の格差の拡大などの社会的ゆがみに対する民衆の不満と反感があろう。それを利用して中国の政治・経済・外交路線をふたたび「毛沢東的なもの」に戻そうとする動きは実に憂慮すべきものだ。

毛沢東時代と比べると軍事力が飛躍的に増大した今の中国が「世界人口の半分が死んでも構わない」という毛沢東流の狂気を取り戻そうとしたら、それこそ、日本を含めた周辺国にとっての「民族滅亡」の脅威となるのではないか。

毛沢東は「中国人の半分が死んでもかまわない」と言ったとか。確かに、人口の半分が死んでも...というのには恐怖を感じますが、対抗措置は2つはあります。

1つ目は「中国人が何億人いたとしても、毛沢東はただ一人だ」と言うことです。毛沢東が「中国人の半分が~」と言ったら、「毛沢東はただ一人」と言い返せばいいのです。そして「毛沢東以外の人間が中国を治められますか?」と聞けば良いのです。

実際に、中国の指導者が先祖返りして、毛沢東的な人間になったとしたら、人民ではなく、その人間に対して核兵器の照準を定めたら良いのです。と言っても日本には核兵器がありませんが(アメリカならやるでしょう)。

2つ目は「持久戦」です。毛沢東は旧日本軍以上に多くの中国人を殺しています。死因は餓死です。

もし、いま突然、毛沢東が(毛沢東的な人物が)中国の指導者になったとしましょう。経済政策に失敗するまで何年でしょうか、それが軍事力に影響するまで何年でしょうか。

人間を交換可能な数と考えていては(半分死んでもという言葉は人間を交換可能なモノとして考えている事を示しています)自由な価値観や多様な物の見方の持つ価値を理解できません。結果、新たな技術や富を得ることはできませんし、現在の繁栄を維持することすら出来ないでしょう。

  *        *        *

「それこそ、日本を含めた周辺国にとっての『民族滅亡』の脅威となるのではないか」

毛沢東的な中国は10年と持ちはしません。逆に言うならば、日本はアメリカと共同し(日本のMDとアメリカのMD&核兵器で)中国を10年封じ込めれば、勝手に自滅し、経済力も軍事力を失うというのは言い過ぎでも、膨張する力を失うでしょう。

必要なのは、激発したら殺されると指導者に恐怖させることです(日本にとって難しい事であるのは問題ですが)。そして、その状態で時間稼ぎをすれば良いのです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« もしかして、文化? | トップページ | そして領土を齧られた »

コメント

実際に日本なんかもう実質ベースでは中国の十分の一程度の実力なんだよ。
あと3年もすれば中国は実質アメリカをも抜いて世界一の超大国になる。
東京は南京や青島にも抜かれるし、競争力も技術力も産業力もすべて抜かれる。
今アメリカの大学でもっとも優秀な成績を収めている大多数は中国人だ。
今は不法滞在とかで差別してるけど、そのうち日本人はアジアののけ者になり、日本人
であることが恥ずかしくなる日がくる。日本が優れてるなんてとんでもない夢物語。

だいたい日本がアジアで先進国だったのは、西洋のマネを一番早く始めただけの話。
コピーに関しては日本は伝統的に模倣国家だ。中世までは中国のマネ。実際に
日本オリジナルのものなんか何もない、あったら挙げてみろ。芸術・宗教・建築・陶磁器・
食文化・・・みんな中国のコピー。
本来は、コピーする能力もなかったから最初は建築方法・農機具・材料・陶磁器・絵画・
書道・文学・政府・・・箸の上げ下げまで、みんな朝鮮半島や中国のお世話になって手取り足取り
教えてもらったもんばかり。
なのに先の侵略戦争では、アジア周辺国とりわけ中国の罪のない人民を破壊殺戮し強姦し略奪した。
南京大虐殺・重慶無差別爆撃・上海無差別爆撃・不法侵略・人体実験・毒ガス攻撃・・・ありと
あらゆる蛮行卑劣を行ってきた。
その結果が、無条件降伏による東京裁判・サンフランシスコ講和条約・村山河野談話だ。
だから日本は、対米従属・全方位的謝罪外交のみしか出来ず、尖閣・竹島・北方領土全て手放して当然だ。
そして日の丸君が代などは、どれだけ汚されても汚されすぎることはない。
そんな恥知らずの島国根性の日本人が、今は技術大国だの経済大国だのわめいてる。
しかも保守層は最貧困層として、韓中に嫉妬するしかできない哀れな有様。

しかし、世界中の国がいまや、日本は老人ばっかりのフリーターとニートと
無責任で危険だらけの偽装で侵略戦争を美化して他国を苦しめ続ける自己
中心的なうそつき国家だという事、に気づき始めた。
また日々高まる韓流熱風を見て 韓国こそ礼儀正しく人間的に立派で品格と豊かな心と文化を生み出すエネルギーを
持った先進国だという事にも気づき始めた。
日本は今はアメリカの奴隷だけど、もう10年もすれば中国・韓国の奴隷になるよ。
会社の経営者は中国人、手先の利くわずかの技術者と大部分のフリーターになる。
金融機関は全部アメリカ資本。年寄りと腑抜けの弱小国家になるだけ。
教育は高度になり、若者の能力が高くなる中国。
その反対にダメになる日本。
戦争責任ぐらい取れよ!
官僚国家の哀れな日本人よ・・
どうだ韓国と戦争するか?
すぐ負けるひ弱な日本なんか3日で滅亡だ。

投稿: 哀れな日本人 | 2011年2月 4日 (金) 17時03分

はいはい、お偉い、お偉い朝鮮と支那の皆さま、日本は斜陽です、お仕舞いです。
これからの世界は、あなた方の天下です。
世界中に尊敬されて、世界中で祝福されて、奴隷になった日本人を顎で使ってわが世の春を謳歌して下さい。
こんなもんでいいですか?

投稿: 石原昌光 | 2011年2月 4日 (金) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50768320

この記事へのトラックバック一覧です: 10年耐えれば大丈夫さ:

« もしかして、文化? | トップページ | そして領土を齧られた »