« 当事者よりも外の人間の方が多いんだ | トップページ | ノイジー・マイノリティーなのかな? »

2011年2月25日 (金)

安定財源も無いのに始めるから

安定財源も無いのに始めるから

中日新聞 社説:子ども手当 続けてこその支援策だ
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2011022502000010.html

子育ては、子供の成長に合わせて一貫した支援が要る。手当が継続して支給されないようでは支援にならない。手当法案が廃案になれば、最も大きな影響を受けるのは子育て家庭だ。法案は野党の倒閣支援策ではない。

民主党は野党時代に、ガソリン値下げ隊なるものをやってた。これは揮発油税の一部分が時限立法だったからこそ出来た作戦だった。

子供手当てを本当の意味での子育て支援としたいなら、安定財源を用意し、法律で縛って、長期に渡って安定した制度にする必要がある。しかし、いまの子供手当てはそうなっていない。民主党政権の性格を表したかのように、その場限りのものになっている。

「法案は野党の倒閣支援策ではない」

その通りだが、この法案を用意したのは民主党であることを指摘しておきたい。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 当事者よりも外の人間の方が多いんだ | トップページ | ノイジー・マイノリティーなのかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50963487

この記事へのトラックバック一覧です: 安定財源も無いのに始めるから:

« 当事者よりも外の人間の方が多いんだ | トップページ | ノイジー・マイノリティーなのかな? »