« 「生かそう」よりも「危機感」を | トップページ | 金が十分にあれば »

2011年2月11日 (金)

民主主義と神話は矛盾しない

民主主義と神話は矛盾しない

IBC岩手放送:建国記念の日 奉祝と反対
http://news.ibc.co.jp/item_15540.html

一方、盛岡市内では建国記念の日に反対する街頭宣伝活動も行われ、佐々木信一盛岡市議会議員は「神話を基に建国記念の日を定めることは、民主主義に反することだ」と述べ、チラシを配っていました。

なんで、神話を元に建国記念の日を定めることが民主主義に反するんだろう?

  *        *        *

民主主義とは、結局の所、多数決と多数決の結果に従うことだ。
むき出しの暴力で権力を掌握するのではなく多数決で(選挙と議決で)得る。その過程で議論があり言論がある。言葉の暴力や数の暴力はあっても直接的な暴力はタブーとされる。

直接的な暴力の制限、それが民主主義の本質だと思う。

だから多数の人間が神話を信じていて、信じてはいなくても尊重はしていて、神話にもとづいた決定に意義を見出せば、それは何の問題もなく民主主義とも矛盾しない。

  *        *        *

もうひとつ思った事は、民主政治は民主的に始まることは出来ないと言うこと。

「神話を元に~」国が始まる。これは民主的だとは言えないだろう。しかし、民主政治は民主的に始まることは出来ない。何故なら「最初の国民(≒選挙権をもった人達)」や選挙方法は非民主的に決まるから(何故なら民主主義は始まっていないから)。民主政治にとって最も大事なのは、国民(選挙権保有者)の定義や選挙方法だ。その大事なことが非民主的に決まって良いはずがないが、民主国家以前の何かから決めざるを得ない。

つまり民主国家は非民主的に始まる。だから建国記念日が神話を元に決まっても何の問題もないのではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「生かそう」よりも「危機感」を | トップページ | 金が十分にあれば »

コメント

この市議殿が言いたいことが結局何なのかはこのニュース記事だけでは解りませんが、民主主義を理解していないことは解りますね。

投稿: シルバーな親父 | 2011年2月12日 (土) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50839470

この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義と神話は矛盾しない:

» ア・クエスチョン・オブ・オナー [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓の10のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今の日本のスポーツ選手たち ③歴史を消された日本人スポーツ選手に未来はない ④戦争…... [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 22時46分

« 「生かそう」よりも「危機感」を | トップページ | 金が十分にあれば »