« 生活保護を拡充したいなら作戦を考え直せ | トップページ | 夢をもう一度 »

2011年2月18日 (金)

内紛・団体戦から個人戦へ

内紛・団体戦から個人戦へ

時事通信:「民主は連合赤軍みたい」=国民新・亀井氏
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011021600515

「ちょっとした違いを取り立てて、追及して総括して殺していく。今の民主党を見ていると連合赤軍を思い出す」。国民新党の亀井静香代表は16日の記者会見で、強制起訴された小沢一郎民主党元代表の処分手続きを進める同党執行部をこう皮肉った。

小沢氏を処分しようしている執行部も「連合赤軍みたい」だが、処分に抵抗する小沢氏の側も連合赤軍みたいだ。自分の主張をするばかりで、周囲の迷惑を考えているようには見えない。

ようするにガキの喧嘩。大人なら自分が正しいと思っても周りの迷惑を考えて、主張の程度を考えるものだ。それが大人の知恵だ。正しさも大事にするけど、結果の良し悪し、みんなの幸せも大事にする。

民主党の内紛は、ガキの喧嘩に見える。しかも大人の知識でやっているから始末が悪い。

  *        *        *

民主党は分裂へと向かっているように見える。

政党に限らず組織というものは組織で生き残ろうとする。組織全体が生き残れれば、ベストだからね。調子が悪くなると、セクショナリズムが出てくる。企業に例えると、業績悪化したとき、最初は全社で生き残ろうと努力する。それがダメだと事業部や工場が個別に生き残りを模索する(他の部門なんて気にしてられなくなる)。

いま、民主党は党全体で生き残ることは無理になってきた。各グループごとに生き残りをかけて活動しているように見える。

さらに進むと、他人の事なんて気にしてられなくなって、個人戦へと移行する。

  *        *        *

民主党の崩壊と菅首相の退陣、どちらが早いだろうか。

多分、菅さんは最後までしがみつくだろうと思う。いや、辞任の決断ができなくてと言うべきだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 生活保護を拡充したいなら作戦を考え直せ | トップページ | 夢をもう一度 »

コメント

寄せ集めの集団なので夫々が生き残りを賭けた模索を開始し始めているようですね。もはや長くはもたないのでは。

投稿: シルバーな親父 | 2011年2月19日 (土) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50901871

この記事へのトラックバック一覧です: 内紛・団体戦から個人戦へ:

» 仙道の 「倒せ!民主党政権、『頑張れ日本!全国行動委員会』山梨県本部設立大会」参加報告 3 [ガラス瓶に手紙を入れて]
【2月2日(水)、甲府市総合市民会館にて開催の、「倒せ!民主党政権、「頑張れ日本!全国行動委員会」山梨県本部設立大会(赤池まさあき 山梨1区支援集会)に参加報告 3】 [続きを読む]

受信: 2011年2月18日 (金) 08時43分

» 転載記事&要請書文例:緊急拡散《祝:建国記念日》《水面下で日本解体が進行しています!》&文例「国民の祝日を蔑ろにし、中国の祝日に媚びる『休暇分散化構想』への反対意見書」*利用、改変可* [【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】]
はじめに クリックをお願いいたします! ◆◇◆今般の主旨◆◇◆ ●ブログ『水間条項』さまの2月12日の記事にて、下記の拡散依頼がございました。 【その題名】 緊急拡散《祝:建国記念日》《水面下で日本解...... [続きを読む]

受信: 2011年2月18日 (金) 08時43分

« 生活保護を拡充したいなら作戦を考え直せ | トップページ | 夢をもう一度 »