« 40年じゃなくて | トップページ | 第二次大戦じゃないと言え »

2011年2月15日 (火)

政治家や官僚は誤魔化そうとする

政治家や官僚は誤魔化そうとする

毎日新聞:高崎市:新条例の名称変更 「まちづくり基本条例」に /群馬
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20110215ddlk10010214000c.html

一方、「市民」の定義については「住民投票の資格要件や、外国人の参政権について定めるものではない」との判断で変更しない。

高崎市のこの条例は外国人に参政権を与えることになりかねないと批判されているものですが、引用した部分に言葉を大事にしていないという印象をもってしまいました。言葉を変えれば一般的な意味と異なっていると言うべきでしょうか。

悪く言うと「何かを誤魔化そうとしている」。

  *        *        *

「住民」と「市民」どちらが政治的権利を持った人間だという印象を持っている言葉でしょうか。

私は「市民」の方に政治的権利があるという印象をもってしまいます。だって市民権って言うでしょう。市民権があれば政治参加できますよね。

では、住民権って聞きます?

住民って、そこに住んでいるって意味ですよね。

市民と認めながら市民権を認めないって、政治参加を拒否するのっておかしくない?

もちろん日本では法的に「市民権」って定義してある訳じゃないから、どんな意味を乗っけてることも可能なんだけど、でも一般的に「市民権」っていったらほとんど国籍と同じくらいの強い権利なんだよね。

市民と市民権、混同しそうだよね。

市民であって市民権を持っていないって判りにくいよね。

  *        *        *

高崎市が何を考えているかは知らないけど、判りにくい言葉遣いをしているって事は判る。エライ政治家や頭の良い官僚がヤヤコシイ言葉遣いを始めたら、何かを誤魔化そうとしていることが多い。

高崎市は何を誤魔化したいのか私には判らないけど、政治が国民のものであるならば、判り易い、素直な、今迄使われてたのと同じ意味の言葉で説明するべきだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 40年じゃなくて | トップページ | 第二次大戦じゃないと言え »

コメント

どこかの政党と同じような遣り口で、胡散臭さを感じます。

投稿: シルバーな親父 | 2011年2月16日 (水) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50882108

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家や官僚は誤魔化そうとする:

« 40年じゃなくて | トップページ | 第二次大戦じゃないと言え »