« エジプトの危機は終わらない | トップページ | 終わらないよなぁ »

2011年2月12日 (土)

最初に退場するべきは、小沢さんあなたです

最初に退場するべきは、小沢さんあなたです

読売新聞:小沢氏、2・26事件引き合いに公約見直し批判
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110211-OYT1T00436.htm

民主党の小沢一郎元代表は11日、自らが主宰する「小沢一郎政治塾」の開講式であいさつし、1936年に陸軍青年将校らが起こした2・26事件に言及し、「政治家が『国民の生活が第一』という本来の任務を果たせなかった結果で、(事件は)政治家、政治の責任だ」と述べた。

その上で、「我々は『政治の仕組みを根本から変えて国民の生活を守る』という名のもとに政権を委ねられた。もう一度自分の胸に問いただし、期待に応えなくてはいけない」と訴えた。菅首相が「国民の生活が第一」と掲げた衆院選政権公約(マニフェスト)を見直す構えを見せていることを暗に批判したものだ。自身の強制起訴に関する発言はなかった。

2・26事件が政治の責任であること、あるいは、政党政治への失望から起きたのである事には同意する。しかし、それを踏まえた上で、2つほど書く。

ひとつめ、「政治の仕組みを根本から変えて」という言葉。

簡単に「根本から変える」なんて言うけれども、いまの仕組みを何もかも変えるなんて事は出来ない。ところで、国家や地球を、船に例えることがある。例えば「日本丸」とか「宇宙船地球号」とか。

この例えが良いか悪いかは別にして、国家というものは「航海中の船」のようなものだ。何処かが悪くなってもとめることは出来ない。実際の船ならば港に入って、乗客乗員を全て下ろして大改造も可能だけれども、国家という船は、航海しながら修理改造するしかない。国民という乗員乗客の居場所と仕事が無くなる瞬間を作ることは出来ないのだ。

小沢さんがどんな政策を持っているか、マスコミは報道しないと言うけれど、私には彼が具体策を持っているようには見えない。「根本から変える」というスローガン・キャッチコピーを言っているだけ。

 *        *        *

ふたつめ、もし日本の政治が根本から変わるとしたら、小沢さんのような政治家が、一番最初にパージされるだろう。

小沢さんは、現在の政治状況、これまでの政界で力を発揮してきた政治家だ。大きな環境変化があるとき、恐竜のような存在は消えてなくなるのだから。

 *        *        *

小沢さんは空虚な言葉を使っている。現実に対処することがが最大の責務である政治家には相応しくない。

そろそろ退場した方が良いのではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« エジプトの危機は終わらない | トップページ | 終わらないよなぁ »

コメント

2.26は殺す相手が違うだろwと強く言いたいですね、あれは。
若さと情報の偏りから来る偏見での報復行動としか見えない。
殺害目標の優先度が滅茶苦茶すぎる。

造反の主因と思しき東北の疲弊は、
金本位制に懐古した前大蔵の井上準之助であって
高橋是清じゃないってのに・・・。
ついでに近衛をきっちりヤっとけと・・・。

投稿: | 2011年2月12日 (土) 20時17分

もはや小沢氏が何を言っても、それに期待する国民は少数派ではないでしょうか。勿論、支援者、支持者は未だいるわけですが、その多くは小沢氏がコケレバ一連托生でコケルことになることが解っている連中でしょう。

投稿: シルバーな親父 | 2011年2月13日 (日) 14時47分

本当の「芯」の無い人、コロコロ主張・意見が変化する。なぜこの人を「剛腕」と呼ぶのか?日和見・ご都合主義者・エセ風見鶏?さっぱり判らない人が私の印象です。

投稿: 猪 | 2011年2月13日 (日) 15時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50850646

この記事へのトラックバック一覧です: 最初に退場するべきは、小沢さんあなたです:

« エジプトの危機は終わらない | トップページ | 終わらないよなぁ »