« 菅首相の野党協議要求の真意は何だろうか | トップページ | いいかげんに決めろよぉ~ »

2011年2月10日 (木)

援助が謝罪と賠償の理由にされる可能性は考慮しましたか

援助が謝罪と賠償の理由にされる可能性は考慮しましたか

神奈川新聞:朝鮮学校補助で松沢知事、「砲撃事件の責任子どもらにない」/神奈川
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1102090020/

朝鮮学校に支給してきた補助金の予算計上を見送る自治体が出てきていることについて、松沢成文知事は8日の会見で、「純粋に日本の社会に同化して勉強している子どもたちを、公権力がいじめることはあってはならない」との認識を示した。



第2次大戦中に米国が日系人を敵性外国人として強制収容し、40年以上たって謝罪、補償したことを紹介。「あの国は許せないことをしたので、国内にいる関係者をいじめてやろうということをやると、恐らく日本は将来、賠償しなければいけなくなると思う。在日の子どもたちに砲撃事件の責任はまったくない」と、歴史に学ぶ必要性を訴えた。

在日朝鮮人の子供達に拉致事件や韓国砲撃の責任がないという事には同意します。しかし、2つの事を指摘しておきたいと思います。

  *        *        *

ひとつめ、松沢知事は「米国が日系人を敵性外国人として強制収容し、40年以上たって謝罪、補償した」ことを紹介されたそうですが、日系アメリカ人はアメリカ国民です。あの謝罪は、アメリカ国民がアメリカ国民として正当な扱いを受けなかった事に対しての謝罪です。

在日朝鮮人が日本国籍を得て、そして自衛隊で、あるいは別の場所で献身的に日本に貢献しているのに、差別されたとしたら、私だって怒ります。いっしょに戦っても良い。

それに対して在日朝鮮人の方々は「日本人じゃない!」っってハッキリ言っている訳ですから、アメリカ国民になった日系アメリカ人、アメリカの為に多くの血を流した日系アメリカ人とは違う。少なくとも、その居場所となったアメリカにとっての日系アメリカ人と日本国にとっての在日朝鮮人は全く違うものです。

  *        *        *

ふたつめ、援助したことを非難される可能性も考慮すべきです。

もし、北朝鮮で政変が起こり民主化されたとしましょう、可能性は低いですが。

その民主化された北朝鮮が金正日一派を非難しないという保証はあるでしょうか。いえ、私は金日成や金正日を非難糾弾しないとは思えません。その時、日本政府は朝鮮総連や朝鮮学校を通じて、金日成や金正日を援助したと非難されないでしょうか。

援助したことを非難される、よかれと善意で援助したことを非難されると言うのは、人生でままあることです。

松沢さんは、朝鮮学校への援助が、未来の北朝鮮政府から謝罪と賠償要求の理由となること、その可能性も考慮するべきです。

  *        *        *

繰り返しになりますが、在日朝鮮人の子供に罪が無いことと、朝鮮学校への援助は同列に考えてはいけません。それは、朝鮮半島の統治が現政府で行われること、現在の統治、個人崇拝は正しいという前提でなければ成り立たないのですから。

そして、そもそも「朝鮮学校に援助しないこと」はイジメや迫害ではありません。それは私達の無関心の表明にすぎないのです(朝鮮学校を禁止しているのではありませんから)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

2011/02/10 23:04 訂正
 訂正前:松沢100+ 件成文知事は
 訂正後:松沢成文知事は

|

« 菅首相の野党協議要求の真意は何だろうか | トップページ | いいかげんに決めろよぉ~ »

コメント

松沢知事は歴史を勉強しなおす必要がありますね。

投稿: シルバーな親父 | 2011年2月10日 (木) 17時38分

管理人さま、こんばんは
仰る通りです。
保守・左翼以前の問題として、問題に対する考察が浅すぎますね松沢知事は、、、
アメリカ人であるのに白人の人種差別感情から排除された日系人と日本に永住しながら日本人になろうとはしない在日朝鮮人
さらには、彼等を扇動し日本人に敵愾心持たせようと教育する民団、朝鮮総連、これを一緒にされては堪りません、味噌糞です。

投稿: 石原昌光 | 2011年2月10日 (木) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/50827019

この記事へのトラックバック一覧です: 援助が謝罪と賠償の理由にされる可能性は考慮しましたか:

« 菅首相の野党協議要求の真意は何だろうか | トップページ | いいかげんに決めろよぉ~ »