« 名古屋市議会議員は片手間仕事? | トップページ | 夢を見るのは良いけれど »

2011年3月 6日 (日)

雑感

雑感

読売新聞:前原外相 進退「大局的に判断」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011030602000046.html

一方、前原氏は、自民党の福田康夫元首相が北朝鮮系の企業から献金をかつて受けていたと指摘。「自民党が私を批判するなら、福田さんの(献金発覚の)際は、なぜかばったのか、しっかりと整合性をつけて説明いただきたい」と反論した。

2つばかり雑感を。

ひとつめ、そう言えば「北朝鮮系の企業から献金をかつて受けていた」福田さんも北朝鮮にやさしい人でしたよねぇ~。

外国人から、在日韓国人から、在日朝鮮人からお金を受け取る政治家、逆に言うと在日の人がお金を出したくなるような政治家ってことだよね。

外国人からの献金って、良い悪いは別にして、いや、悪いですけど、リトマス試験紙になりますね。

ふたつめ、「自民党が私を批判するなら~整合性をつけて説明」、ふーん、自民党には整合性を求めるんだ。

民主党が野党時代に行っていた自民党政権への攻撃。たとえば政治とカネの問題が起きたときに言っていたことと、自分達が行っている事の整合性がとれているとは、とても思えない。

民主党は、自民党の矛盾を攻撃する前に、自分達の矛盾をなんとかするべきではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 名古屋市議会議員は片手間仕事? | トップページ | 夢を見るのは良いけれど »

コメント

明らかな政治資金規正法違反ですよね。日本国は法治国家ですよね。これに関連して岡田幹事長が外国人の政治献金についてトンでも発言をしていますが、国家感が完全に欠落しているとしか思えません。

投稿: シルバーな親父 | 2011年3月 6日 (日) 13時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51045106

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感:

» 日本の右翼の一例 [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓の10のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今の日本のスポーツ選手たち ③歴史を消された日本人スポーツ選手に未来はない ④戦争…... [続きを読む]

受信: 2011年3月 6日 (日) 15時56分

« 名古屋市議会議員は片手間仕事? | トップページ | 夢を見るのは良いけれど »