« 予想できることだった | トップページ | 廃炉≒損切り、初期対応の終わり »

2011年3月12日 (土)

生存確認

生存確認

昨日は帰宅できませんでしたが(先程、家につきました)無事に生きています。

少しでも多くの方が無事でありますように。

  *        *        *

勤務先の会社のあるビルではエレベータが止まってしまったぐらいの被害だったのですが、ビル管理の人がワラワラでてきて、作業をしていました。私が帰宅を諦め寝てしまった時にも、止まった鉄道を復旧させようと頑張っていた人達がいたはずです。

自分は地震のあと家族と連絡を取ろうとジタバタしてました。電話は諦め、メールでとりりました。一度、無事が確認できても、余震があると不安になったり。

インフラを支える人々も、帰れず復旧に努めていた人々も、ご家族があるでしょう、心配でならなかったでしょう。

その人達が頑張って働いてくれたおかげで、私は帰宅することが出来ました。

縁の下を支えている方々に感謝します。

|

« 予想できることだった | トップページ | 廃炉≒損切り、初期対応の終わり »

コメント

ご無事、よかったです。

投稿: | 2011年3月12日 (土) 17時45分

無事に帰宅されたよし、なによりです。
当地も震度6強の揺れでしたが、長時間(約14時間)にわたる停電を除けば幸いなことに大した被害も無く、ほぼ通常通りの生活が出来ていることに感謝するとともに、不眠不休で救援活動や、復興作業に当たられている関係使者の皆さんには頭の下がる思いでいっぱいです。

投稿: シルバーな親父 | 2011年3月13日 (日) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51098902

この記事へのトラックバック一覧です: 生存確認:

« 予想できることだった | トップページ | 廃炉≒損切り、初期対応の終わり »