« 腐ってやがる | トップページ | 原発事故・帰国と外国人地方参政権 »

2011年3月25日 (金)

言われてもやるなら

言われてもやるなら

朝日新聞:茶髪・ピアスで21人不合格 都立蒲田高07・08年度
http://www.asahi.com/national/update/0325/TKY201103250430.html

東京都立蒲田高校(大田区)が2007、08年度の入試で、選考基準にない頭髪や服装の乱れなどを理由に受験生を不合格としていたと、都教育委員会が25日発表した。本来は合格していながら不合格になった生徒は21人いるという。直原裕・都立学校教育部長は「あってはならない事態。関係者に深くおわびする」と話した。



芝尾仁前校長が独自に方針を決め、前副校長らに指示した。受験希望者らへの学校説明会などでも説明していたという。前校長は「学習意欲の高い生徒だけを集めようと思い、不正な選考をした」と話しているという。



都教委は、昨年3〜4月に外部から匿名の情報提供を受け、調査していた。今月25日付で芝尾前校長を懲戒免職、担当の前副校長を停職3カ月とするなど、関係者を懲戒処分とした。

不正に不合格とされた受験生21人には今後、事情を説明し、謝罪する。受験生が私立高に進学していた場合、授業料の差額を支払うなどの措置を検討するという。

以前にも神奈川県で似たような事があったと思います。その時は、公開されていないまま行われたのは、つまり不意打ちだった事は問題だと思いました。

今回は「受験希望者らへの学校説明会などでも説明していたという」そうですから、受験生にとって不意打ちではありません。

公的なルールを破っているからには、なんらかの処分は必要でしょう。しかし、こう言う服装や態度で来ると不利ですよと警告されているのにやってしまうなら、うーん、不合格になってもしかたないんじゃないんでしょうか。

  *        *        *

公的なルールと異なるから納得出来ないっていうなら「学校説明会などでも説明」があった時に、裁判や行政に訴えるぐらいの能力と覚悟が必要です。

それが出来ない(頭と覚悟がない)弱者を救うのは......困難でしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 腐ってやがる | トップページ | 原発事故・帰国と外国人地方参政権 »

コメント

そりゃ、定員割れしてる訳でも無いしねw

明らかにリスクの高い生徒(客)を、他の猫被れる生徒を落してまで引き込めって・・・。

まぁ服装も髪染め(茶髪程度は天然が居るけど)改造制服は減点対象って明記しろってことかなw

投稿: | 2011年3月26日 (土) 03時59分

管理人さま、こんにちは
事前に提示された指示に従わなかった生徒は、当然、社会に出ても同じ主張をしなければ筋が通りませんよね。
会社の服務規定に違反して処分を受けても
「服務規定違反は知ってるが、俺はノルマはクリアしてる。処分は不当だ!」って主張しなければ一貫性が無くなる。
もし、やらないなら、ただ学校を舐めてるだけってことです。
こんな頭デッカチ連中に比べれば、処分覚悟で服装違反やっている不良のほうが余程社会性があります。

投稿: 石原昌光 | 2011年3月26日 (土) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51216380

この記事へのトラックバック一覧です: 言われてもやるなら:

« 腐ってやがる | トップページ | 原発事故・帰国と外国人地方参政権 »