« 激甚災害・日銀国債直接引受 | トップページ | 慌てるな既に勝負はついている »

2011年3月13日 (日)

現場にひと言お願いします

現場にひと言お願いします

時事通信:14日から輪番停電=東京電力管内−首相了承
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031300326

菅直人首相は13日夜、首相官邸で記者会見し、東京電力、東北電力両社の管内全域で「大規模な停電が起きる恐れがある」として国民に節電を呼び掛けるとともに、東京電力管内で14日から計画的に停電する「輪番停電」の実施を了承したことを明らかにした。

TVですが、菅首相と枝野官房長官・海江田経済産業相の記者会見を見ました。

菅首相の読み上げたメッセージや話し方は悪くなかったと思います。しかし不満な点があります。

ひとつめは、質問を受けなかったこと。厳しい場面から逃げたように見えてしまいます。

ふいたつめは、現場の人間に対する慰労や応援がないこと。東京電力の責任は逃れられませんが、いま、現場で原子炉と格闘している作業員にには、責任追求ではなく、応援が必要です。東京電力の経営陣や高級技術者は批判されて当然ですが、福島原子力発電所で原子炉をなんとか止めようとしている技術者や作業員、場合によっては放射能汚染されている場所で作業する人達へは応援が必要です。厳しい場所で働く人達への敬意。

国民全体に、停電のお願い、停電で不便をかけることへお詫びを言うことに反対はありません。

しかし、現場で格闘している人間への慰労と敬意はないのでしょうか。最悪の場合(決して起きて欲しくない事ですが)、原子炉の格納容器が壊れた場合、一番近くにいるのは作業員です。

彼らに応援と敬意を!

  *        *       *

原子力発電所に限らず、胃をキリキリさせながら作業している人々がいるはずです。変電所の復旧に頑張っている人間、火力発電所から少しでも多くの電力を絞り出せないか考えている人間、そういった人々に、応援と敬意を。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

自分も明日からから節電の話を各部署とすることになると思います。みなさんの職場でも節電がんばりましょう。

|

« 激甚災害・日銀国債直接引受 | トップページ | 慌てるな既に勝負はついている »

コメント

そうゆう心遣いをされる 放送人が居ませんね 戦後教育のなれの果てかな

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2011年3月14日 (月) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51111339

この記事へのトラックバック一覧です: 現場にひと言お願いします:

» 菅、枝野、蓮舫、鬼畜売国奴どもの猿芝居と日本国民の悲劇 [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓の10のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今の日本のスポーツ選手たち ③歴史を消された日本人スポーツ選手に未来はない ④戦争…... [続きを読む]

受信: 2011年3月14日 (月) 20時24分

« 激甚災害・日銀国債直接引受 | トップページ | 慌てるな既に勝負はついている »