« こんなパフォーマンスはいらない | トップページ | 民主党の本気はどちら »

2011年3月31日 (木)

東京電力・責任追求≒原発推進

東京電力・責任追求≒原発推進

産経新聞:米国で「東電には経営責任がある」株主代表訴訟も
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110330/amr11033022470007-n2.htm

経営責任はあくまで相対的な基準で問われる。大津波よりも高い場所に設置された東北電力の女川原発や、日本原子力発電の東海第2発電所が原子炉を安全に停止できたのに、福島第1原発だけで被害が拡大した点が問題視されている。

今回の原発事故について東京電力は責任を逃れられないでしょう。そして事故の責任は、普通に仕事をしていれば失敗回避が出来た時に追求されるものです。

つまり、考えようによっては「東京電力に責任がある」ということは、普通に仕事してれば原発事故は防げる、つまり、原発は、そこそこ安全であると言うことになります。

つまり、東京電力の責任を声高に追求することは、原発は安全なものであると宣伝することになりかねない。その結果、導かれる答えは、原発を今後も使いましょうとなる。

と言うのは半分屁理屈ですが、半分は本気でそう思っています。私達は、多分、原子力を捨てることが出来ない。目先の利益を追求してしまう。それが許される理屈を必死に探すのでしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« こんなパフォーマンスはいらない | トップページ | 民主党の本気はどちら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51266154

この記事へのトラックバック一覧です: 東京電力・責任追求≒原発推進:

« こんなパフォーマンスはいらない | トップページ | 民主党の本気はどちら »