« 前代未聞の与党の審議拒否、自ら頸を絞める行為だ | トップページ | 民主党は外国人に応援されています »

2011年3月 4日 (金)

小さな喧嘩をしよう、大きな喧嘩をしないために

小さな喧嘩をしよう、大きな喧嘩をしないために

読売新聞:中国機尖閣接近、領空外で抗議できず…枝野長官
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110303-OYT1T00886.htm

枝野官房長官は3日の記者会見で、中国軍機2機が2日に沖縄・尖閣諸島の領空に接近したことについて「領空外を飛行していたので、国際法や安全上の問題はなく抗議ができる状況ではない」と述べた。

ふ~ん、なら日本も同じこと出来るね。

「国際法や安全上の問題」がなくったって、不快であることを伝えることは出来る。それに、相手が国際法を盾に問題ないって言ったら、じゃあ日本も同じこと出来るよねって、上海あたりの領空ギリギリの場所へ自衛隊機を飛ばしたりするよって言うことぐらいは出来るよね。

それとも、もう航空自衛隊も中国の領空ギリギリまで偵察機を飛ばしているのかな。

  *        *        *

「抗議できない」なんて言うと日本国内にストレスが溜まる。抗議してますよ、日本もやり返していますよってしないと、ますます、ストレスがたまって、あるときプッツンとなりかねない。

やられたら、やりかえす。大きな喧嘩をしないために小さなトラブルに抗議する、やりかえす。あるいは、自分達も同じ事をする、既にしているなら公表する。そのほうが日中友好になるのではないか。

  *        *        *

平和が大事なら、抗議すること、不快を表明することは大事なことだ。それも話し合いのひとつの形なのだから。

怖いから、対立するのが怖いからって我慢ばっかりしてちゃダメ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 前代未聞の与党の審議拒否、自ら頸を絞める行為だ | トップページ | 民主党は外国人に応援されています »

コメント

「小さな喧嘩をしよう、大きな喧嘩をしないために」
ありがとうございます。
この言葉を今拝見した瞬間、ズキュンときました。
本当にそのとおりだと思います。
国家間においても、個人の人生においても。
「日本人はサイレント・ボムである」と欧米人から言われるという話を思い出しました。
和をもって尊しとなせの精神は日本人の精神を持った人には通用するでしょう。
しかし、そうでない者たちには逆に大きな争いの種になるわけですね。
感動しました。
本当にありがとうございます。

投稿: システム | 2011年3月 4日 (金) 17時16分

管理人さんの仰るとおり、いつもやられっぱなし、言われっぱなしで、やり返せない、言い返せない、そのだらしなさにイライラが募るばかりです。

投稿: シルバーな親父 | 2011年3月 5日 (土) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51026869

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな喧嘩をしよう、大きな喧嘩をしないために:

« 前代未聞の与党の審議拒否、自ら頸を絞める行為だ | トップページ | 民主党は外国人に応援されています »