« 計画的避難 | トップページ | 極秘会談(笑) »

2011年4月14日 (木)

計測し公表せよ

計測し公表せよ

福島大学放射線計測チーム:福島県北部エリア放射線レベルマップ
http://www.sss.fukushima-u.ac.jp/FURAD/FURAD/data-map-datail.html

福島第一原発の事故のあといくつかの観測点での空間放射線量の値が測定されているが,測定地点の密度が充分ではなく,放出イベントの後,実際にどのように運搬されたか,また降下物の分布状況は分っていない。

そこで,地表での空間放射線量率の分布を調査した。主要なプリュームが見られた地域ではアプローチが可能な限り 2 km メッシュで計測を行なった。これにより福島県内の放射線レベルが点データではなく,面データとして把握することが可能となった。



得られたマッピングは,このような放出イベントと運搬経路・降下量のモデル検証だけでなく,今後のヒトへの放射線の影響予測,この地域の農業や畜産業にとって重要な土壌の調査,環境中の放射性核種の移行調査,生物への影響,政策決定等の基礎となるであろう。

リンク先に地図があります。ざっと見た素人判断ですが、計測されてない20キロ圏内にも汚染度が低い場所があっても不思議でない汚染の分布です。

  *        *        *

しかし、なんで政府がこういったマップを作って公表しない。政府ならもっと踏み込んで(自衛隊の装備なら10キロ圏内にも踏み込めるはずだ)詳細な汚染度マップを作ることが出来る筈だ。

福山大学にできて菅政権に出来ない理由はなんだ。

こういった情報を出さないから(そもそも計測してるのか)疑心暗鬼を招く。汚染度が高いとでちゃった所の人はショックだろうけれども、計測し公表する。つまり現実を知るところからしか復興は始まらないのだから。

  *        *        *

菅政権の方々は「10年、20年住めない」といった発言をする前に、調査すべきだとしか言えない。

計測し公表せよ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 計画的避難 | トップページ | 極秘会談(笑) »

コメント

この政権は調査はしていても公表は控える 尖閣の時も一緒 期待する方が可笑しい 普通の政権とは違うと早く理解するべきです

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2011年4月15日 (金) 09時04分

薩摩の昔船乗りさん、こんにちは

> 期待する方が可笑しい 普通の政権とは違う

その通りなんですけど、声をあげるしか無い訳でして(私には他の方法が無いですから)。


投稿: 乱読雑記 | 2011年4月16日 (土) 08時49分

 この政権は、初動の段階から、国内の政府系原子力関係機関の研究者(二千人を超える)をまったく使いこなせていないことが指摘されており、まともな調査はほとんど行なわれていない可能性の方が高いでしょうね。
 こうした実測データが乏しく、かつ原子力安全委員会と保安院の放出放射線量の推定値が倍近く異なっているにもかかわらず、安易にレベル7の発表をしてしまうのが、今の馬鹿政府の実態です。

投稿: 怒れる観察者(傍観者改め) | 2011年4月16日 (土) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51390192

この記事へのトラックバック一覧です: 計測し公表せよ:

« 計画的避難 | トップページ | 極秘会談(笑) »