« 国民に対する責任感 | トップページ | レベル7の意味 »

2011年4月13日 (水)

EU崩壊の危機

EU崩壊の危機

ブルームバーグ:イタリア、EU加盟の妥当性を疑問視-難民支援めぐる他国の反応受け 
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=aDL8_49uhpyo

イタリアは、他の欧州連合(EU)加盟国が北アフリカの混乱を逃れて来た大量の難民の支援を拒否したことを受け、EUから脱退する恐れがあると示唆した。

イタリアのマローニ内相は11日、ルクセンブルクで開かれたEU内相会合後に記者団に対し、「イタリアは独りきりにされている」とし、「この状況でEUの一部にとどまるのが妥当かどうかと考えている」と語った。

難民がEU崩壊の危機をまねくかもしれない。と、言うと大袈裟かもしれませんが、可能性はあるのではないでしょうか。

  *       *        *

イタリアは北アフリカで起こったジャスミン革命(民主化?)の影響で難民受け入れを迫られています。イタリアは他のEU諸国に支援を、つまり負担を求めましたが拒否されました。 

人間は誰でも自分が可愛い。難民移民の問題が綺麗事では済まない事をEU各国は経験している。いままでの移民で社会が受けた影響を知っている。だから移民を受け入れたいとは思っていない。一方で、追い返してしまえ、状況によっては武力を使え、とは人道主義から言えない。

だからイタリア以外のEU各国の本音は、イタリアがんばってね、私達の所には来ないでね(送らないでね)となってしまう。

  *       *        *

EUが統一ヨーロッパを目指しているなら、EU大統領まで作っているのは市場だけが目的ではないなら、EU各国は平等な負担をしなければならない(国民が平等だと感じる行動をしなければならない)。もし、それが出来なかったら、統一ヨーロッパは絵空事だ。

  *       *        *

人間関係はピンチの時こそ本性が表われる。民主革命と人道主義がピンチをもたらし、EU崩壊の危機をまねくとしたら皮肉な事だ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 国民に対する責任感 | トップページ | レベル7の意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51375463

この記事へのトラックバック一覧です: EU崩壊の危機:

» 人類史上初、テロリスト総理=菅直人 [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓の10のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今の日本のスポーツ選手たち ③歴史を消された日本人スポーツ選手に未来はない ④戦争…... [続きを読む]

受信: 2011年4月13日 (水) 21時30分

« 国民に対する責任感 | トップページ | レベル7の意味 »