« 確実に民主党以外に投票する為に | トップページ | 暴れないお花見を »

2011年4月 4日 (月)

国債の日銀引き受けに「賛成」

国債の日銀引き受けに「賛成」

産経新聞:民主・岡田氏、国債の日銀引き受けは「反対」と明言
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110402/stt11040220570006-n1.htm

民主党の岡田克也幹事長は2日、東日本大震災の復旧・復興対策事業費の財源として、党内で「震災国債」を日銀に直接引き受けさせる案が浮上していることについて「国債の増発は免れないが、反対だ」と述べ、否定的な見解を示した。視察先の茨城県鉾田市内で記者団に語った。

岡田氏は「日銀に引き受けさせることは、財政規律を失わせることになる。そういう議論をすること自体が、日本の国債に対する不信感を高めることになりかねない」と強調。「党として正式に議論したことはない」と述べた。

財政規律という面では危ういものはあるけど、半年などと期限を切って、つまり回数制限付きで、ドカンと借金してしまうのはアリなんじゃないだろうか。

借金だろうが税金だろうがなんだろうが、財源が出来ると金と利権を求めて業者や政治家が群がるだろう。でも、そういった害と、とりあえずカネは用意したという安心感を比べたら、今は、借金しても良いんじゃないか。

  *        *        *

日本国民はバカではない。自分の利益を追求しもするだろうが国家の利益を無視することはないと私は信じる。今は非常時だから借金をすると宣言して借金しても、それが常態になってズルズル借金を重ねることはないと信じる。日銀が国債を直接引受けすることが常態だとするような政党や政治家は支持を失うと信じる。

だから、いまはドカンと借金して、そのお金を回すことに賛成する。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 確実に民主党以外に投票する為に | トップページ | 暴れないお花見を »

コメント

「財政規律が」と野党が言うなら分かるが、与党が「財政規律が」と言うのは自分(与党)が無能であることを宣言しているようなものです。
自分を律しきれない人間が政治主導という。
ほとんど喜劇ですな。

投稿: きき | 2011年4月 4日 (月) 11時42分

日銀の国債受け入れは早期に行うべき。
今はデフレなんだから、東日本と言わず全国的に公共事業(学校の耐震化や津波避難所の建設)を行うべき。また、古い橋梁も全国で130万もあるし、橋の架け替えを行うべき。土建屋だけにバラマクと言う批判もあるが、良く考えて欲しい。給与は企業にとって法人税を出来るだけ安く支払うために儲かれば給料をあげないといけない。となると、従業員が車や家電、その他レジャーに使えるようになる。そうすれば、他の産業も活気づく。自然と税収も上がるから借金なんて、特に内国債務である日本国債は全然気にする必要ない。今は日本全国が総力を挙げて復活するべき。

投稿: なたく | 2011年4月 4日 (月) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51297001

この記事へのトラックバック一覧です: 国債の日銀引き受けに「賛成」:

« 確実に民主党以外に投票する為に | トップページ | 暴れないお花見を »