« 極秘会談(笑) | トップページ | 地方主権と二重政府 »

2011年4月15日 (金)

パチンコと地下鉄のどっちが大事ですか

パチンコと地下鉄のどっちが大事ですか

TBS:9都県市で節電対策、政府に働きかけへ
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4701340.html

「地下鉄がピーク時に36万キロワットの電力で動いているのに比べ、パチンコは84万キロワット、自動販売機は26万キロワット。こういうべらぼうな数字」(石原慎太郎 東京都知事)

石原さんのパチンコ業界への攻撃には微妙なものを感じていました。政府・行政の市民の活動への介入は少なくあるべきという考え方からです。それと私自身がパチンコは嫌いなもので、自制していたのもあった(嫌いだからって(それだけで)攻撃しちゃならんよね。バイアスかかってないか自省してみよう)。

でも、こうやって数字を出されると(この数字が確かなら)、パチンコ止めますか、地下鉄止めますかって思っちゃうよね。

  *        *        *

この夏の節電は人の命に関わるような節電になるだろう。一方でクーラーを我慢して熱中症で死ぬ人間がいて、一方でパチンコに興じる人間がいるような状態を招いてはならない。

パチンコ業界、あるいは他の業界においても「自分が電気を使うことは他人の命を削ることになりかねない」と思って節電をするべきだ。そうすれば死者を最小限に押さえられるし、その業界も攻撃されないですむ。

社会のため、自分の為に節電しよう。

  *        *        *

私の勤務先でも設備の一部を止めている。夏場はもっと止める事になるだろう。そんな中、遊興に電力を使っているとなると、やっぱり腹立つだろう。

パチンコ業界は、夏の電力需要の高い時間帯は休業すべきではないだろうか。それがきっとお互いの為だ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 極秘会談(笑) | トップページ | 地方主権と二重政府 »

コメント


【若宮健】パチンコに溺れる日本、全廃した韓国[桜H23/1/20]
http://www.youtube.com/watch?v=byA-wh37mow

射幸性などが社会問題として論じられつつも、一大産業として日本社会に深く根付いているパチンコ。意外にも韓国が2006年に全廃したいきさつや、翻ってパチンコ批判がタ­ブーと化している日本の現状、業界をめぐる知られざる実態などについて、長年パチンコ問題を追い続けてこられた若宮健氏にお聞きしていきます。

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/

投稿: すずら | 2011年4月18日 (月) 04時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51398198

この記事へのトラックバック一覧です: パチンコと地下鉄のどっちが大事ですか:

« 極秘会談(笑) | トップページ | 地方主権と二重政府 »