« 東京電力・責任追求≒原発推進 | トップページ | 原発の今後を決めるのは秋以降の話 »

2011年4月 1日 (金)

民主党の本気はどちら

民主党の本気はどちら

読売新聞:年収800万世帯、減収に…3歳未満の増額なし
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110331-OYT1T00892.htm?from=main6

厚生労働省の試算では、4〜9月は旧児童手当と比べ、3歳児未満が1人いる年収800万円の世帯で月3000円の減収になる。年収500万円の世帯はほぼ変わらず、年収300万円の世帯は月1000円の増収になる。

民主党政権になって始めた子供手当てですが、財源となる扶養控除の削減は、つまり増税は、恒久的なものとして行った。対する子供手当ては期限付きのものとして作った。

家族を養っている人から奪うのは恒久的にして、家族を養っている人への支援は一時的なものにする。

恒久的なものと一時的なもの、本気で大切にしたのはどちらでしょうか。

  *        *        *

民主党は、目先の事しかか考えていないから(無能だから)こんなことになるのか。それとも、意識的に毎年大騒ぎして不安定なイメージを子育て支援に与えようとしているのか。子供手当てを出すことより、扶養控除を無くすことを重視したのか。

どうなのでしょうか。

民主党の意図がどこにあるにせよ、子育ては20年ががりで行うものです。毎年、存続が議論されるような制度をあてにすることは出来ません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 東京電力・責任追求≒原発推進 | トップページ | 原発の今後を決めるのは秋以降の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51268610

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の本気はどちら:

» 完全に狂ってる原口一博 [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓の10のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今の日本のスポーツ選手たち ③歴史を消された日本人スポーツ選手に未来はない ④戦争…... [続きを読む]

受信: 2011年4月 1日 (金) 20時30分

« 東京電力・責任追求≒原発推進 | トップページ | 原発の今後を決めるのは秋以降の話 »