« 交通事故と原発事故 | トップページ | 気持ちは判るけど »

2011年4月 7日 (木)

平和ボケ vs パニック

平和ボケ vs パニック

中日新聞:被災地の水産 再起の足を引っ張るな
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2011040702000017.html

心配なのは、北茨城でコウナゴから暫定規制値を超える放射性物質が出たことだ。風評被害は漁業再興の足かせになる。東電と官邸は農林水産省にさえ知らせずに、汚染水の放出に踏み切った。漁業と消費者への配慮が足りなすぎる。漁民の怒りは当然だ。

産経新聞:汚染水放出 「非常手段」の説明尽くせ
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110406/dst11040603450008-n1.htm

何しろ捨てられる汚染水の量が膨大だ。1万1500トンにも上る。東京電力や原子力安全・保安院などは、放出の可能性を事前に告知できなかったのか。海の生態系への影響がない放射能量であっても、説明が省略された印象を与えると不安や不信感が深まりかねない。

福島原発の状況を見ていると、関係者に事前連絡することよりも作業をタイミング良く行うことのを優先して欲しいと思ってしまう。

今回の低レベル汚染水の放出が、待てるものだったのか、それともそうではないのか、判らないけれども、どのみち放出しなければならないのなら、そして、退避などの必要もない(少なくとも近傍に漁船も一般人もいない)のなら、事後の連絡であったとしても仕方の無いことだと思う。

それが結果として、少しでも原子炉の状況悪化の可能性を回避し、少しでも早い事態の終息をもたらすのなら、私は歓迎する。

  *        *        *

事前の説明を求めることは気持ちとしては判る、しかし、この事態の中で事前の説明を求めるのは、一種の平和ボケだと思う。そして、一方で出来る説明を行わないことは、一種のパニックだと思う。

平和ボケのマスコミや一般の国民 vs パニックしている東京電力と政府、なのだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 交通事故と原発事故 | トップページ | 気持ちは判るけど »

コメント

日本人に危機管理はできない。
自分に都合の良いことは思惑通り、悪いことは想定外とする。
縁起でもないことを口に出してはいけない。言霊の効果が恐ろしい。
あとは、他力本願・神頼み。
はらいたまい、清めたまえ。


我が国が核攻撃を受けたらどのような事態が発生するか。
我が国の原発が大事故を起こしたらどうなるか。
疾走する弾丸列車が貨物列車に激突したらどのようになるか。

悪夢は見たくない。いつまでも能天気でいたい。
天下泰平の気分を壊したくない。

自分に都合の良いことだけを考えていたい。
それ以外の内容は、想定外になる。

ただ「間違ってはいけない」とだけ注意を与える。
「人は、誤りを避けられない」とは教えない。
「お互いに注意を喚起し合って、正しい道を歩まなくてはならない」とは、考えていない。

もしも自分にとって都合の悪いことが起こったら、びっくりする以外にない。
そして、「私は、相手を信じていた」と言い訳するしかない。だから、罪がないことになる。

危機管理は大の苦手。
だが、ナウな感じのする犯人捜し・捕り物帳なら大好きである。毎日テレビで見ている。

日本語には時制がないので、未来時制もない。
未来の内容を鮮明に正確に脳裏に描きだすことは難しい。
一億一心のようではあるが、内容がないので建設的なことは起こらない。
お互いに、相手の手を抑えあった形である。すべては安全のためか。不信のためか。

問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする力を持っている。
親分の腹芸か、政党の内紛のようなもの。
今回の事件はわが国の国民性を色濃くにじませている。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

投稿: noga | 2011年4月 7日 (木) 14時11分

noga さん、こんにちは

長文に対して短くてごめんなさい。

> 日本人に危機管理はできない。

これに同意しません。何故なら、明治維新という反例があるから。日本人は危機管理が苦手かもしれないけど、出来ないってほどじゃない。もっとも、明治維新という成功の後に第二次世界大戦という大失敗もやらかしました。が、それでも踏ん張って、日本という国を続けてきました。

日本人は危機管理が苦手。でも、出来ないってほどじゃない。きっと今回の危機も克服する。

投稿: 乱読雑記 | 2011年4月 7日 (木) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51322811

この記事へのトラックバック一覧です: 平和ボケ vs パニック:

» ★放射能拡散情報公開は八百長の出来レース! [★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★]
★報道管制の実態を誤魔化すマスコミ!★最新の放射能汚染シュミレーション「ZAMG [続きを読む]

受信: 2011年4月 7日 (木) 12時47分

« 交通事故と原発事故 | トップページ | 気持ちは判るけど »