« 公務員の給与や賞与はGDPや失業率や出生率に連動すべき | トップページ | 外国人参政権はリップサービスまで »

2011年5月20日 (金)

菅政権では原子力を取り扱えないのではないか

菅政権では原子力を取り扱えないのではないか

47NEW:1号機の海水注入を55分間中断 再臨界恐れ首相指示
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011052001001207.html

地震翌朝に燃料が溶け落ちるメルトダウンが起きたとみられる福島第1原発1号機で、政府が公表した3月12日の海水注入開始時刻の前に東京電力は注入を開始、政府の指示で55分間注入を停止していたことが20日、分かった。

海水注入の遅れで被害が拡大したとの批判があり、専門家は「海水注入を続けるべきだった」と指摘している。

政府の対策本部の資料では、海水注入の開始時刻は3月12日午後8時20分としていた。だが、東電が5月16日に公表した資料では、午後7時4分に海水注水を開始し、同25分に停止、午後8時20分に海水とホウ酸による注水開始、と記載されている。

政府筋によると、午後7時すぎの海水の注入は現場の判断のみで開始。原子力安全委員会への問い合わせで海水注入で再臨界が起こる恐れがあることが判明したとして、菅直人首相がいったん注水を止めさせたという。その後、問題ないことが分かり、ホウ酸を入れた上での注水が再開された。

1号機は地震、津波による全電源喪失のため、3月12日朝には燃料の大半が溶け落ちていたとの暫定評価を、東電が公表している。

菅首相は、あるいは官邸の誰かは、間違った知識に基づいて、現場の正しい判断を覆した(別の報道では、もっと酷い「官邸側は『事前の相談がなかった』」から止めさせたとの話もある)。菅首相は理系で原発に詳しいと自分の事を言ったという話も伝わっているけれども、結局のところ間違った判断をしたわけだ。

  *        *        *

昔、医者に誓約書を求められた時のことを思い出す。手術中はあらゆる判断の決定権を医者に任せると言った事が書いてあったと記憶している。サインした時には理不尽に感じたが、現実問題として、事故が起きたら患者や家族に相談している時間なんかない。現場で治療に当たっている医者を信じて任せる以外の選択肢はない。

非常時には現場に白紙委任するしかないんだ。

  *        *        *

原発を安全に使う為には「非常時には任せる」「任せるに足る人間を育てる」以外の方法はない。

今回の報道が正しければ、福島の現場の能力は別にして、現政権のトップが「信じて任せる」ことが出来なかった事を示している。そんな人間がトップでは、原発のようなもの、あるいは、軍隊のような、非常時の対応が求められるものを扱うことは出来ない。

そして、非常時に対応できること、その資質こそが国家の指導者に求められるものなのだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 公務員の給与や賞与はGDPや失業率や出生率に連動すべき | トップページ | 外国人参政権はリップサービスまで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51723589

この記事へのトラックバック一覧です: 菅政権では原子力を取り扱えないのではないか:

« 公務員の給与や賞与はGDPや失業率や出生率に連動すべき | トップページ | 外国人参政権はリップサービスまで »