« 民主党の古い政治手法 | トップページ | 公務員の給与や賞与はGDPや失業率や出生率に連動すべき »

2011年5月19日 (木)

無理を言いなさんな

無理を言いなさんな

北海道新聞 社説:東日本大震災 工程表見直し 東電には説得力がない(5月18日)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/293114.html

多くの機器が故障し、福島原発の正確な状態を把握するには困難が伴う。だからこそ楽観的な見方を排し、さまざまなトラブルを想定した重層的な備えが求められる。

もはや東電は国民の信頼を失っている。政府は国際機関とも連携し、工程表を厳しく検証すべきだ。

こういう社説を読むと鬱になる。だって、社会の木鐸たる新聞の、しかもその社説という新聞社にとって重要なものを書く人々の認識がこの程度なんだもの。

  *       *      *

原発に限らないけれども、事故が起きて対応する。ドタバタするのは当然で、開けて吃驚ってことは何度もあって不思議は無い。東京電力が誠実かとか、技術力があるかどうか、そういった事に私は答えられないけれども、少なくとも「政府は国際機関とも連携し、工程表を厳しく検証」したところで、たいした結果が出て来ない事は明らかだ。だって、彼等が東京電力以上に福島原発の事を知っている訳ではないし、原子炉の状態についてだって知らない(建物に入って計測しなきゃ、東京電力だって判らない。もちろん、それ以外の専門家だって判りはしない)。

  *       *      *

ドラスティックな事を言う人はいるだろうけど、ハッキリ言って、そんな奴を信じちゃダメ。怪しい民間療法をする医者モドキと同じくらい怪しい。事故直後から、石棺にしろとか水棺にしろとか好き勝手に言っている人はいたけど、裏付けのあるものでは無かった。

  *       *      *

東電トップの能力不足は明らかだし、事故への備えがなってなかったのも確かだけれど、事故が起きた後の対応については「こんなもんだろう」という範囲で推移している。

社説の書き手がイライラしていることにも共感するけれども、理系の、あるいは工業技術の知識が不足していて、空理空論を振り回しているような気がしてならない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民主党の古い政治手法 | トップページ | 公務員の給与や賞与はGDPや失業率や出生率に連動すべき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51716424

この記事へのトラックバック一覧です: 無理を言いなさんな:

« 民主党の古い政治手法 | トップページ | 公務員の給与や賞与はGDPや失業率や出生率に連動すべき »