« 潰せ | トップページ | 菅政権の議論は無駄で邪魔? »

2011年5月23日 (月)

割を喰った九州電力

割を喰った九州電力

産経新聞:原発停止、代替LNG争奪戦 価格高騰で収益圧迫
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110521/trd11052120450013-n1.htm

東電では、「電力需要がピークを迎える夏場の必要量を手当てできた」としている。中部電力も、政府からの停止要請直後に三田敏雄会長が0泊3日でカタールに飛び、LNG確保の協力を取り付けたほか、政府も支援を確約している。

一方で、定期検査が終了した玄海原発2、3号機について、地元の同意が得られず、夏場の再稼働が困難になった九州電力の真部利応社長は、「7月中旬以降の燃料調達の見通しがたっていない」と窮状を訴える。東電、東北電に加え、中電が大量調達に動いたことで、「厳しくなった」という。

東京電力は震災と原発事故の直後からLNGなどを買い漁っていたんだろう。既に原発は止まっているので他に選択肢は無いのだから。それに続いて中部電力も買った。で、出遅れた九州電力が買いに入った時には売り切れていたと。

九州電力と九州の人は東京電力の事故の割を喰った形だ。

今年の夏は、関東や中部だけでなく日本全体で電力が不足するようだ。熱中症での死傷者がでなければ良いが(熱中症で後遺症が残ることもあるし)。

  *        *        *

原発が止まっている限り来年以降も同じような綱渡りが続くだろう。脱原発を言うのは簡単だし、経済強者は実行されてもあまり困らない。しかし、弱者にとっては命に関わる問題なのだ。

感情的な反原発には嫌悪感を持つ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 潰せ | トップページ | 菅政権の議論は無駄で邪魔? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51751682

この記事へのトラックバック一覧です: 割を喰った九州電力:

« 潰せ | トップページ | 菅政権の議論は無駄で邪魔? »