« 政府にボールを投げ返せ | トップページ | 部分と全体が対等? »

2011年5月 9日 (月)

憲法9条は無視して、おっけ~、ですか?

憲法9条は無視して、おっけ~、ですか?

北海道新聞:「憲法守る」88%が支持
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/291044.html

憲法9条について「守る」「変える」「わからない」の三つの欄にシールをはってもらう方式で、1時間で265票が集まった。結果は「守る」が233枚、「変える」が6枚、「わからない」が26枚で、投票者の約88%が9条堅持を望んだ。

この記事を読んで、2008年の名古屋高裁の判決を思い出しました。あの裁判については、当時、自分もBLOGに記事を書きましたので覚えています。

で、ぐぐると、以下の記事が引っかかりました。

朝日新聞:「平和なくして、言論の自由なし」 大分で弁護士講演会
http://mytown.asahi.com/areanews/oita/SEB201105030027.html

憲法記念日の3日、大分市下郡の県教育会館で講演会「輝け平和憲法〜9条と生存権〜」があった。自衛隊のイラク派遣差し止め訴訟で弁護団長を務めた内河恵一弁護士(72)が「集会の自由も言論の自由も、平和だからこそ果たせる。『平和的生存権』の考え方をさらに成熟させたい」と集まった約300人に訴えた。

この訴訟では、名古屋高裁が2008年4月の判決で、イラクでの自衛隊の空輸活動は違憲であり、平和的生存権は「全ての基本的人権の基礎で、憲法上の法的な権利」との考えを示した。

あの裁判では傍論で「イラクでの自衛隊の空輸活動は違憲」としました。でも、主文では「イラクでの自衛隊の空輸活動」を差し止めしませんでした。中止させませんでした。つまり、憲法九条違反だとしながら、中止させない、実質的には続行を許可する判決、憲法九条違反を見てみぬふりをする事を良しとする判決でした。

引用した朝日新聞の記事には書かれていませんけどね。

  *        *        *

いわゆる護憲派の方々が、この裁判を引用する場合、批判的であるべきです。この裁判は憲法九条を無視してかまわない、憲法九条は死文であるという判決なんですから。

もし、成果として、良い判決だとして、この判決を引用するなら、その人達の「護憲」は言葉の上で守られれば、それで良いとするものだと、私は思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 政府にボールを投げ返せ | トップページ | 部分と全体が対等? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51622214

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法9条は無視して、おっけ~、ですか?:

« 政府にボールを投げ返せ | トップページ | 部分と全体が対等? »