« グローバル競争の落後者になったらどうなるんですか? | トップページ | 憲法9条は無視して、おっけ~、ですか? »

2011年5月 8日 (日)

政府にボールを投げ返せ

政府にボールを投げ返せ

毎日新聞:浜岡原発:中部電力、首相の原子炉運転停止要請に結論出ず
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110507k0000e040064000c.html

中部電力は7日、臨時取締役会を開き、菅直人首相が要請した浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の全原子炉の運転停止について協議したが、要請を受け入れるかどうかについて結論は出なかった。

中部電力は停止要請を受け入れざる得ないでしょう。だって、原発は国策で最悪の場合は国家に面倒を見てもらわなわければならないのですから。

ただ、止めろと言ったのだから、燃料費の補填や計画停電や節電の要請を政府にお願いする事は出来るはずです。するべきです。中部電力は、菅政権に「計画停電や節電の非難を全て引き受けてください。経済的な損害を受ける企業への説明と手当てをお願いします」と言うべきです。

菅政権がイイカッコして、苦労と避難は中部電力では、為政者として無責任に過ぎます。中部電力は菅首相にボールを投げ返すべきです。

   *        *        *

以上のような記事(の下書き)を書いて外出してました。戻ってニュースサイトをみてみたらこんなニュースがありました。

産経新聞:首相、中部電に「しっかり理解してもらいたい」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110508/plc11050817180007-n1.htm

菅直人首相は8日、中部電力が政府による浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の全面停止要請に対する最終結論を持ち越していることについて「浜岡原発は特別に大きな地震がくる可能性が政府機関でも指摘されている。しっかり話をして中部電力にも理解してもらいたい」と述べた。

中部電力だけが理解して努力しても、どうにもなりません。中部電力の管区の電力使用者(企業も一般家庭も)が、節電しあるいは計画停電に対応しなければどうにもなりません。

「中部電力にも理解してもらいたい」

この言葉は、中部電力だけに苦労を押し付けているようで、政府の無責任さを示しているようで、不快です。

菅首相は節電への協力を呼びかけるべきです。

   *        *        *

今年の夏の熱中症による死者はどのくらいになるのだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« グローバル競争の落後者になったらどうなるんですか? | トップページ | 憲法9条は無視して、おっけ~、ですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51616490

この記事へのトラックバック一覧です: 政府にボールを投げ返せ:

« グローバル競争の落後者になったらどうなるんですか? | トップページ | 憲法9条は無視して、おっけ~、ですか? »