« 割を喰った九州電力 | トップページ | マグネット黒岩、逃げる »

2011年5月24日 (火)

菅政権の議論は無駄で邪魔?

菅政権の議論は無駄で邪魔?

朝日新聞:衆院復興特別委の質疑要旨
http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201105230116.html

谷垣氏 班目(春樹原子力安全)委員長が再臨界の可能性を指摘したとの報道があるが、進言したのか。

班目氏 多分、首相から「再臨界は気にしなくていいのか」という発言があったので、「再臨界の可能性はゼロではない」と申し上げた。これは確かだ。

谷垣氏 東京電力は1号機に海水を注入していたが、官邸で再臨界の議論がされているから中断した。

首相 少なくとも私や(首相官邸で議論した)メンバーが止めたことは全くない。(海水注入の中断は)私や(枝野幸男)官房長官に報告が上がってなかった。やめろとか言うはずがない。

注水は続けるべきだった。何故、止まったのか。原因は何処にあるのか。イライラして爆発する菅首相が悪いのか、それとも、イラ菅の爆発を怖がった東電(首脳?現場?)が悪いのか。

責任は地位に比例するべきと考えれば、首相にあることになるのだろうが。

  *        *        *

報道された現象を見ていると、官邸で技術的なことについて議論しているから、現場は注水を止めた。でも、官邸で技術的な事について議論したところで、結論は同じで、結局は時間の無駄だった。

  *        *        *

菅民主党政権の議論は無駄で邪魔だと言ったら言いすぎだろうけれども、私は、そういう印象を持ってしまう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 割を喰った九州電力 | トップページ | マグネット黒岩、逃げる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51754425

この記事へのトラックバック一覧です: 菅政権の議論は無駄で邪魔?:

« 割を喰った九州電力 | トップページ | マグネット黒岩、逃げる »