« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

いき過ぎてませんか

いき過ぎてませんか

毎日新聞:高校生就職試験:不適正質問104件--県教委 /滋賀
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20110630ddlk25100445000c.html

試験を受けた生徒2431人を対象に調査。受験した県内外767社のうち約10%で不適正質問があった。「あなたの家族の職業は」「本籍はどこですか」など、身元調査につながる恐れのある質問が75件。また、愛読書や尊敬する人物など、個人の自由であるべき事柄を尋ね、基本的人権の侵害に当たる質問が29件あった。今後、公共職業安定所などが該当企業を訪問指導する。

本籍を聞いてはいけないと言うのは判らなくもない。家族の職業も、う~ん、聞いちゃイケナイと理解できないことはないかな。職業上の能力や人間関係を保つ能力に関係なさそうだし。

でも「愛読書や尊敬する人物など、個人の自由であるべき事柄を尋ね、基本的人権の侵害に当たる質問」というのは、なんで聞いてはイケナイか理解できない。一緒に働くかも知れない人間の趣味や嗜好を知りたいと思ってはダメなのだろうか。

  *        *        *

確かに、面接官というのは強い立場だ。拷問している訳じゃなくても、プレッシャーにはなる。でも、人に言いたくない趣味嗜好の持ち主なら上手にはぐらかす能力を持っているかも大事なことだ(人に言えないような趣味でも、隠してくれたら(隠しつづけてくれたら)一緒に働ける)。

「愛読書や尊敬する人物」などは、確かにその人の内心に関わること、性格を示すと言っても良いかもしれない。でも、一緒に働くって事は、ぶつかりあう事でもある。性格や人格のぶつかり合い。お客さんに対してはマニュアルで武装して心を隠すことは出来るけど、同僚に対してまでは出来ない。どうしたって、人格や性格を曝してしまう。高々「愛読書や尊敬する人物」を聞かれたぐらいで人権侵害なら、サラリーマンやOLは日々人権侵害を受けている事になる。

職場の人間とベッタリ付き合う必要はない、程々に付き合えば良い。心をすべて曝す必要もない。しかし、心を完全に隠すことは出来ない。

  *        *        *

それとも、面接の時は隠しておいて、職場では主張すると言う事なのだろうか。確かに「面接の時は、猫をかぶってました」って人はいるけど。

  *        *        *

心の内を曝したくないと自分も思うところはある。しかし、少しも曝さないで働くことは出来ない。何故なら、人間が働くということ、そのこと自体が自己表現であるからだ。自分の仕事に自分の心が表われてしまっているのだから。

完全に心を隠すことが出来る仕事なんてない。

  *        *        *

自分の心を曝さないという事に過敏になること、この場合は基本的人権を過剰に主張するような人生は幸せな人生なのだろうか。プライバシーも内心の自由も大切だと思うけど、面接で「愛読書や尊敬する人物」を聞いてはいけないというのは行き過ぎだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わったもの、変われないもの

変わったもの、変われないもの

NHK 解説委員室:時論公論 「フクシマの教訓・IAEAの課題」
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/87036.html

これまでの原子力発電所の重大事故はアメリカ、ソビエトそして日本という原子力先進国で起こっていることを我々は忘れてはなりません。

そしてここ40年の間に他の産業がはるかな進歩・イノベーションを遂げているのに対して、核開発の付随物として生まれた今の原子力発電は改良、改善は進められているものの、その原理は昔から変わっていません。また高レベルの廃棄物の最終処分の問題もまだ解決していません。

20世紀の最先端の技術だったというプライドのみが原子力産業に残り、原子力絶対主義の頑なな姿勢を取り続ければ再び重大事故を起こしかねないでしょう。

ちょこっと重箱の隅を突つかせてもらいます。おまけに政治にも関係ありません、すみません。

  *       *       *

原子力発電所に対して「その原理は昔から変わっていません」っておっしゃっていますが、原理が変わった(違う原理を使うようになったもの)ってすんごい少数派だと思うんですよね。最近流行りのLED電球なんかは白熱電球とは違う原理です、でも、火力発電所の原理って変わった事ってありましたっけ?

自動車エンジンの原理って17世紀あたりに発明されてから変わっていないんじゃないですか。飛行機の原理もリリエンタールやライト兄弟の頃から変わっていません。最先端のロケットもニュートンが発見した作用反作用の法則で飛んでいます。

世の中で長く使われている技術や製品で原理から変わったものって、そう多くはありません。

原子力発電所の進歩が早いか遅いかと言われたら遅い(建て替えが政治的・技術的理由から出来ないので、新しい技術を実用化できない。また、高速増殖炉の実証も停滞している)と思いますが、原理が変わらないのは珍しくもないし悪いことでもありません。

   *        *       *

先日、ディアゴスティーニを買いました。特撮のDVDのコレクションで、買ったのは、サンダーバードと謎の円盤UFOのDVDが入ってるもの。サンダーバードが見たくて(子供の頃に必死に見たので)買ったのです。

で面白く見たのですが、メカの部分は今でも十二分に通用するレベルです。サンダーバード2号ってカッコいいよね。乗り込むシーンも無駄にカッコいいし。荷物を選ぶシーンとか、秘密基地からの出撃とか。で、いまとなっては通用しないなと思ったのが情報通信機器の描写。映像付き通信はかろうじてあるけど携帯電話はなし、ネットワークもない。人工知能を積んだ機械(ロボット)もない。

カメラはフイルムカメラが前提で、デジカメなんて出て来ない。悪役が写真撮影に失敗した描写で、フイルムが隠しカメラから飛び出してしまうシーンがあったのだけれど、いまの大人は判るだろうけど、若い世代には理解出来ない人もいるのではないかと思う。多分10年後には「なんだろう、これ」が多数派となって、古典文学よろしく解説付きじゃないと理解できないものになるだろう。

   *        *       *

話がズレましたが、昔の特撮もののSF映画やドラマを見て感じることは「情報通信機器の進歩」です(SFマンガで重傷を負った主人公が必死に公衆電話を探しているシーンに思わず「(そんなに凄いサイボーグ化社会なのに)携帯電話もないんかい!」ってツッコミたくなった事もあります)。

逆に言うと、情報通信以外の部分は、あまりにも変化していない。

原子力発電所の原理が変わらないなんて、当然の事です。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

たった1人で何が出来ますか、菅首相。

たった1人で何が出来ますか、菅首相。

中国新聞:内閣支持率急落「当然だ」 民主国対委員長
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201106290207.html

民主党の安住淳国対委員長は29日、共同通信の緊急世論調査で菅内閣の支持率が急落したことについて、自民党に離党届を提出した参院議員の政務官起用などを念頭に「当然だ」と述べた。

国対委員長と言えば要職ですよ。その国対委員長にも見放されましたかね、菅首相は。

  *       *       *

前後の発言が判らないので判断するには早計ですが、この報道を見て「あぁ、菅首相から離反してゆく」と思いました。

菅首相の行っていることはゲリラ的な個人戦闘であって、正規軍の指揮には見えません。菅首相は、ますます孤立化し、仕事が出来ない状態になりつつあるように見えます。菅首相が業績を残せないのは別にかまいませんが、日本国の一員として、首相が仕事出来ないのは困ります。

  *       *       *

菅首相は早期に退陣するべきです。

菅首相に民主党や自民党が協力して仕事を進めようとしたとしても、菅首相自身が引っ掻き回して物事を進められない状況を作ってしまっています。これでは、どうしようもありませんから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あくまでも少数意見です

あくまでも少数意見です

民主主義社会では必ず「意見を否定された少数派」が存在します。話し合いを永遠に続けることは出来ませんから、いつかは決定し行動しなければなりません。民主主義社会で「決定すること」は基本的には多数決で決めることです。つまり、否定された少数派が存在するということです。

これは民主主義社会の当然の帰結です。

朝日新聞 社説:君が代判決—判事の声に耳を澄ます
http://www.asahi.com/paper/editorial20110628.html#Edit2

小法廷の審理には加わらない長官を除く計14人の裁判官の見解が出そろった。

うち12人が命令は合憲と判断した。これに対し「精神的自由権に関する問題を、一般人(多数者)の視点からのみ考えることは相当でない」(宮川光治判事)などと、反対意見を明らかにしたのは2人だった。学説の多くが違憲説をとるなか、民主主義社会の基盤である基本的人権の重みを、憲法の番人はどうとらえているのか。疑問と懸念を残す結果となった。



大阪府の橋下徹知事は、起立斉唱命令に複数回違反した者を免職とする条例の制定を唱えている。合憲という多数意見の結論だけでなく、最高裁が発したメッセージの全体を受け止めて行動してほしい。それは他の首長や教育関係者も同様である。

少数意見に耳を傾けることは必要な事です。しかし、少数意見に従う事は出来ません。もし、公的機関が少数意見に従うことを当然とするなら、「賛成者1名の少数意見」を採用し続けること(つまり独裁政治)も可能です。

少数意見にも耳を傾ける、しかし、従うのは多数派の意見でなければなりません。

  *        *        *

君が代に反対する方々が、公務以外の場所で、法律の範囲内で、その意見を表明することを妨げようとは思いません。しかし、公務の中では多数派の意見に従って頂かなくては、民主主義社会を維持できません。

  *        *        *

でも、耳を傾けるを越えて「耳を澄ます」までいっちゃうと、幻聴や錯覚が入って来るから注意しなくちゃね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

菅首相は、ゲリラの戦術で正規軍を指揮する

菅首相は、ゲリラの戦術で正規軍を指揮する

毎日新聞:閣僚人事:引き抜きに財務相苦言 谷垣氏「暴走」批判
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110628k0000e010042000c.html

菅直人首相が東日本大震災復興対策本部の設置に伴う閣僚人事で自民党から浜田和幸参院議員(離党届を提出)を総務政務官に引き抜いたことについて、玄葉光一郎国家戦略担当相は28日の閣議後会見で「与野党交渉のハードルを高くしたのは間違いない」と述べ、菅首相の対応を批判した。

野田佳彦財務相も「野党の態度硬化は非常に厳しい。正面玄関に立って頭を下げ、協力をお願いするのが筋だ」と述べるなど、閣僚から批判の声が相次いだ。

読売新聞:首相に350議員の冷ややかな目…民主両院総会
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110628-OYT1T01063.htm

民主党は28日、国会内で両院議員総会を開いた。

菅首相(民主党代表)は自らの退陣の3条件を改めて説明し、理解を求めたが、出席した議員からは、直ちに退陣時期を明確に示すべきだという意見や批判が続出した。

総会は、首相が与党の会合で、つるし上げられるという異様な光景となった。

菅首相は自民党から議員を1人引き抜きました。これは1つの戦果ではあります。しかし、その戦果を得た一方で、敵軍を激昂させ味方の反発を招きました。

引き抜きも与謝野さんクラスの人間だったり複数だったりすれば、敵の激昂ではなく敵の失意を、味方の反発ではなく味方の昂揚を得たでしょうけど。

  *        *       *

菅首相は、先の退陣発言といい、今回の引き抜きといい、正面からドンとぶつかるのではなく、小狡く動き回っている印象を周囲に与えています。結果として、小さな戦果を得る一方味方を少なくしています。これでは菅首相が大きな成果を上げることがは出来ません。

  *        *       *

今日の両院議員総会では、菅首相への反発はありましたが、辞任要求決議などは出来ませんでした。民主党内部には菅首相を引きずり降ろす力は無いように見えます。つまり、菅首相は味方たる民主党に見捨てられて(協力を得られずに)いながら、職に留まる事になりそうだと言うことです。

菅首相の目的が、一日も長く首相の座に留まる事で、その目標を9月ぐらいまでの時期だとするなら、上手く戦っていると言えるでしょう。

今国会は8月末で閉会します。解散総選挙したところで彼に勝ち目はありません。小泉元首相のマネをしたところで、手足となって戦ってくれるべき民主党の方々は働いてはくれないでしょう。脱原発というイデオロギーだけで選挙には勝てませんから。

そして次の国会が始まれば不信任案も提出できる。

  *        *       *

ただね~、民主党が解散が怖いばっかりに、菅さんを信任してしまう可能性もなきにしもあらず、なんですよね~。グダグダ民主党がグダグダ菅政権を支えてしまう、最低の構図にならなければ良いのですが。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水銀には半減期がありません

水銀には半減期がありません

朝日新聞:「水俣条約」異論・注文相次ぐ
http://mytown.asahi.com/kumamoto/news.php?k_id=44000001106270003

国が「水俣条約」との命名を目指している水銀規制条約の説明会が26日、水俣市で開かれた。条約は2013年に国内で開かれる外交会議での採択・署名が決まっているが、水俣病の患者団体などからは被害の全容が明らかになっていないことや、海岸沿いのエコパーク水俣に埋められている有機水銀汚染泥土が浄化されていないことへの不安から、異論や注文が相次いだ。

最近、ニュースで見ることも少なくなりましたが水俣はまだ終わっていないのですね。水俣の海産物(海苔とか)は時々目にするようになりましたけど(食べたりもしますよ)。

「海岸沿いのエコパーク水俣に埋められている有機水銀汚染泥土が浄化されていない」などと聞くと、一度汚した自然を回復するのは大変なことなのだと思います。

で、水銀についてちょっとググってみました。

   *        *        *

国立環境研究所:余剰水銀を安全に長期保管するために
http://www-cycle.nies.go.jp/magazine/kenkyu/20100125.htm

一方、水銀の生産はどうなっているでしょうか。日本では、天然資源からの生産は昭和49年以降なくなっており、現在は廃棄物等からの回収のみとなっています。水銀を含む廃製品は分けて集められ、専用施設で水銀が回収されています。それ以外に水銀は、金属製錬や火力発電などから出る副産物等からも回収されています。これは、金属の原料となる鉱石や発電燃料の石炭などに元々水銀が含まれているためです。先の資料によれば、年間で廃製品から約15トン、副産物等から約75トンの水銀が回収されており、実は副産物等からの回収量が圧倒的に多いのです。しかも、廃製品からの回収は水銀の使用削減に伴って減少すると予想されますが、副産物等からの回収は製錬や火力発電が続く限りなくなることはありません。

火力発電所が水銀を出すというのは知りませんでした。で、その水銀がどうなるかですが、水銀は世界的に「使わない」という方向で動いています。最初に引用した朝日新聞の記事にある水俣条約も水銀の使用を制限しようというものです。

このように、水銀の輸出が将来的に難しくなると考えられることから、今後、余剰水銀を各国内で安全に長期(永久)保管することが必要になる可能性があります。近年、そのための保管方法の検討が各国で行われつつあります。例えばヨーロッパでは、岩塩を採取した後の岩盤内に自然界に多く存在する硫化水銀の形で地中保管する方法が検討されています。日本にはこれと同じような場所があるわけではありませんので、他の方法や形態も含めて、安全かつ安価に水銀を保管できる技術を幅広く検討することが必要です。

使わないから余ってしまう。でも、水銀は強い毒ですから捨てる(排出する)ことは出来ません。管理し続けなければならないのです。そして、日本には永久的に保管できるような安定した保管場所はありません。原子力発電所で出てしまう放射性廃棄物と同じです。

   *        *        *

水銀はプルトニウムやセシウムと同じく危険な廃棄物です。危険じゃないと思う方は水俣を始めとする水銀公害に苦しんだ世界各地の方々に聞いてみるといいと思います。適当に排出して良いですかと。

そして、セシウムやプルトニウムには半減期というものがありますが、水銀にはありません。長期保管じゃなくて永久に保管しないといけないのです。

   *        *        *

永久保管や最終処分場が必要になる危険な廃棄物を出すのは原子力発電所だけではありませんでした。火力発電所もです。原子力発電所を止めたら火力発電所の稼働が増えます。環境中への水銀の漏出も増えるでしょう。保管し続けなければならない水銀の量も増えるのです。

火力発電所と原子力発電所、どちらが環境に悪くて、どちらが多くの人を死なせるのでしょうか。少なくとも原子力発電所を止めさえすればOKという訳ではないことは確かです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

国民投票には法的権限を与えよ

国民投票には法的権限を与えよ

しんぶん赤旗:対リビア軍事力行使権限付与 米下院が決議案否決 123対295の大差
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-06-26/2011062608_01_0.html

米下院は24日の本会議で、大統領にリビアで軍事力を行使する権限を付与する決議案を賛成123、反対295の大差で否決しました。米軍が現在行っているリビアでの軍事活動に直接的な影響はないものの、議会側で強まっている不満を反映したものです。



同日の下院本会議では、リビアでの軍事作戦への支出を大幅に制限する決議案も提出されましたが、賛成180、反対238で否決されました。

最初の「軍事力を行使する権限」に反対しているのはタテマエで、2番目の予算削減をしないのは本音でしょう。だって、口先では怒っていてもお金を出すのなら、渋々ながらも認めてるってことです。

  *       *       *

アメリカ議会は、法的拘束力のない議決では戦争を止めよと言い、法的拘束力のある議決では戦争を止めませんでした。

責任を持って「止めよ」とは言えなかったのす。

  *       *       *

日本各地の自治体に住民投票の制度がありますが、投票結果に法的拘束力の無いものが多々あります。というかニュースで法的拘束力が無いと報道されているのを見ることがあります。

読売新聞:原発是非問う国民投票、日本でも…市民団体結成
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110625-OYT1T00679.htm

この日は、約70人が参加。国民投票について、アンケート形式で〈1〉原発の新規建設を認めるかどうか〈2〉既存の原発の稼働を認めるか、段階的に閉鎖するか——を問う案が公表された。同団体の構想では、諮問型の国民投票を想定、投票結果に法的拘束力はないが、国会で事前に「結果を尊重する」などと取り決めることで、国民の意思を反映させたいとしている。

仕事の現場では、拘束力のない意見はあくまでも参考意見です。結果、間違っていたとしても責任はありません。権限を伴った意見や決定には責任が発生しますが、権限の無い意見には責任はありません。

国民投票で法的拘束力の無い意見が出された。そして採用されて結果は散々なものだっとしても、国民に責任はありません。

だって、あくまでも「参考意見」なんですから。
最終的に決めるのは国会議員なんですから。

  *        *       *

権限のない意見は、無責任な意見を生み出します。議論の初期段階では自由な発想を大切にする為に、権限も責任も無くして発言しやすくすることは大切です。しかし、決定段階では、無責任な意見は許されません。だって、実行するんですから。現実に困る人が出てくるかもしれないんですから。

  *        *       *

法的拘束力がない国民投票や住民投票に反対します。それは議論を曖昧にし感情に流れやすくします。国民を無責任にします。

国民投票や住民投票をするなら法的拘束力を持たせるべきです。

国民を無責任にするような国民投票に反対します。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱原発選挙があるなら投票する前に思い出そう

脱原発選挙があるなら投票する前に思い出そう

時事通信:「脱原発」解散、臆測広がる=岡田氏ら首相をけん制
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011062600206

菅直人首相が「脱原発」を争点に衆院解散に踏み切るのではないかとの臆測が、与野党に広がっている。首相は「退陣」表明後、唐突に再生可能エネルギー促進法案の今国会中の成立に積極姿勢を示し、続投への意欲をみなぎらせている。世論受けしそうなテーマを掲げて衆院選に突入し、延命を図る可能性があるとの見立てだ。

「世論受けしそうなテーマを掲げて衆院選に突入」ですか、それはそれで結構なんですが、もし本当にそうなったら投票する前に思い出しておくべき事があります。

前回の衆議院総選挙の時、民主党は何と言っていて、結果はどうでしょうか。

八ツ場ダムはどうなりましたか。

普天間はどうなりましたか。

子供手当てはどうなりしたか。

   *       *       *

八ツ場ダムは、この震災の影に隠れて注目されていませんが、何も解決していません。現地の方々は、ダム受容派も反対派も生殺しの状態で、費用だけがかかっています。誰も幸せになりませんでした(いまのところ誰も幸せになっていません)。

普天間は海外にも県外移転も出来ず、辺野古へも移転出来ず、このまま永続使用されそうです。結局、大騒ぎして誰も幸せになりませんでした。地元にストレスをかけただけに終わっています。

子供手当ては、全額出すことも出来ず、終わってしまいそうな状況です。予算の組み換えで出てくるハズだった財源は、結局、出て来ませんでした。だいたい、A+B+Cの結果とB+C+Aの結果が変わる訳は無かったのです。

   *       *       *

民主党のやった大きなこと、八ツ場ダムも普天間も子供手当ても、完遂することも出来ず中途半端なままで、関係する人々に負担をかけ不幸にしただけです。

その民主党が「脱原発」と言って、そして、任せたらどうなるでしょうか。

最初は勢いよくやるでしょう(やろうとするでしょう)。でも、それで不幸になる人々が出てきて、抵抗があって、失業者や倒産や停電を巻き起こして、現実問題として出来なくて、不幸を生み出すでしょう。そして、浜岡原発は止まった、成果だ、とか訳わかんないこと言い出して終わるでしょう。

民主党の脱原発は中途半端に終わり、産業を衰退させ失業者を生み出して、不幸をバラ撒いて、誰も幸せにせずに行き詰まるとしか思えません。

民主党の実績をみるかぎり、民主党に脱原発なんて出来やしません。

   *       *       *

前回の解散総選挙では、民主党は野党でしたから実績がありませんでした。期待値だけで投票した方も多いでしょう。でも、いま、民主党には2年間の実績があります。

菅首相が「脱原発」を争点にして解散総選挙に打って出たならば、私達は投票する前に民主党の実績を思い出さねばなりません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

ふらつく民主党支持者

ふらつく民主党支持者

フジテレビ 新報道2001:今週の調査より(6月23日調査・6月26日放送)
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/2008/110626.html

【問4】あなたは次の衆院選でどの党の候補に投票したいですか。
 民主党     15.0%
 自民党     27.8%

民主党への支持が減ったなぁ、この間まで自民党より上だったのに、と思ったので過去2ヶ月ほどの記録を見てみました。いくつかピックアップします。

フジテレビ 新報道2001:今週の調査より(5月5日調査・5月8日放送)
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/2008/110508.html

【問4】あなたは次の衆院選でどの党の候補に投票したいですか。
 民主党     14.0%(↓)
 自民党     21.6%(↓)

フジテレビ 新報道2001:今週の調査より(5月19日調査・5月22日放送)
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/2008/110522.html

【問4】あなたは次の衆院選でどの党の候補に投票したいですか。
 民主党     11.6%(↓)
 自民党     27.0%(↓)

フジテレビ 新報道2001:今週の調査より(6月9日調査・6月12日放送)
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/2008/110612.html

【問4】あなたは次の衆院選でどの党の候補に投票したいですか。
 民主党     25.0%(—)
 自民党     23.6%(↓)    

フジテレビ 新報道2001:今週の調査より(6月23日調査・6月26日放送)
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/2008/110626.html

【問4】あなたは次の衆院選でどの党の候補に投票したいですか。
 民主党     15.0%(↓)
 自民党     27.8%(↑)

5月始め、民主党への支持は15%程でした。ジリジリ下がって11%になった。そして、突然25%になって、また下がって今回15%です。

一方、自民党は21%~28%の間をウロウロしています。安定と言えるかどうかは微妙ですが、民主党に比べると安定した支持があると言えます。

   *        *        *

民主党を支持する人って、イベント(代表の交代とか内紛とか)に影響されやすいのでしょうか。あるいは気分屋? 政党の実質がそんなにコロコロ変わったりしないのに出来事のイメージに影響されているように見えてしまいます。

政治は、少なくとも国会議員には数年間の権力を渡す訳ですから、気分屋になったりイベントに影響されすぎては困るのです。民主党を支持する方々は、ふらつき過ぎです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウソツキで失礼だと思います

ウソツキで失礼だと思います

中国新聞:原発の是非、国民投票で 実現目指し市民団体結成
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201106250148.html

団体は「みんなで決めよう『原発』国民投票」で、作家の落合恵子おちあい・けいこさんや俳優の山本太郎やまもと・たろうさんが呼び掛け人となった。東日本大震災から1年後の来年3月の投票実施を目指し、今後、法律制定を国会議員らに求めていく。

団体の案では、投票権は義務教育を修了した日本国民と永住外国人が持ち、(1)原発の新規建設を認めるか(2)既存の原発については運転容認か段階的閉鎖か—を問う。

脱原発の話はおいときます。そして2つばかり書きます。

ひとつめ。「国民投票」という名目なのに「永住外国人」が投票するのですか?外国人も投票するものを「国民投票」と呼ぶのはウソツキです。

ふたつめ。あるいは、この「(外国人も投票する)国民投票」を提案した方々は、永住外国人も日本国民だと思っているのでしょうか。

在日外国人の中には日本国籍を取らないことを、つまり日本国民にならない事をアイデンティティとしている方々がいらっしゃいます。その方々を「(日本の)国民投票」に投票させるのは失礼じゃないでしょうか。何故なら、日本国民として扱うのですから。これは彼らにとって失礼な事ではないでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

ガンは増加する、しかし、それは放射能の影響ではないだろう

ガンは増加する、しかし、それは放射能の影響ではないだろう

CBニュース:福島の被ばくリスクめぐり公開討論会- 国立がん研究センター
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/34780.html

また、ICRPが福島第1原発事故による今後50年間の過剰がん発生者数を6158人と予測しているのに対し、欧州放射線リスク委員会(ECRR)の予測は41万7000人で、大きな開きがあることなどを指摘した。

感想を述べる前に日本のガン罹患数を確認しておきます。

独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター:次推移:[がん情報サービス] の「3.がん罹患の年次推移(全国推計値に基づく)」にグラフがあります。グラフなので精密な数字は判りませんが、2005年の所を見ると、男性39万人程度で女性は28万人程度です。合計で67万人程度です。また、1975年では21万人程度ですから、毎年1万5千人程度増えてることになります。

   *        *       *

ICRPは50年間で6158人増えるとしています。1年あたりにすると123人増えると言うことです。

でも123人では統計上検出できないのではないでしょうか。6万7000人の患者が 6万70123人になるに過ぎないのです。パーセントで見ても0.0127%の増加です。しかも、毎年、1万5000人増加している、パーセントにすると20%弱の増加をしている中においてです。

123人増えても統計上に表われませんし、ガンを見ても放射線によるものかどうか区別できません。

ですから、ICRPはガンの増加は計算上のものに過ぎないと言っているようなものです。

   *        *       *

一方、ECRR(欧州放射線リスク委員会)は何と言っているのでしょうか。

ただ、私は、ECRRって信用出来無いんですよね。だって、ECRRは劣化ウラン弾を核兵器扱いしたりイラクのファルージャで核兵器が使われたって言ったりした事があるそうですから。でもって、生い立ちに緑の党という政治政党が関係しているNPOです。ICRPが原子力産業界と関係を持っているからと疑うなら、ECRRは政党と関係を持っているからと疑わねばなりません。

で、そのECRRは41万7000人増えると言っています。年換算すると1万3900人です。

6万7000人が8万090人になったら判ります。毎年1万5000人増えていたのが2万8900人増えれば判ります。ECRRが正しければ統計数字にハッキリと表われるでしょう。

   *        *       *

ICRPが正しいかECRRが正しいか、数年後には判るでしょう。

ただ、ECRRの「1万3900人の増加」と言うのは都合の良い数字です。だって放っといても1万5000人増えてるんですから、増えてる分を放射線によるものだと言い張れば増加している事になってしまいます。

   *        *       *

私は「ICRPの数字が正しい。だがECRRは増加していると言い張る」と予想します。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

矛盾

矛盾

毎日新聞ザ・特集:「君が代条例」公立校教職員に起立斉唱義務化 大阪人には、なじまんで
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110623ddm013040006000c.html

むろん、反発する意見も根強い。大阪出身の作家、若一光司さんもそのひとり。「戦争への反省や、国民主権の考えを重視して、君が代に抵抗感を持つ教師がいるのは当然。公務員の最大の義務は、憲法を尊重し擁護すること。だから『国歌の起立斉唱を命じる職務命令は、憲法の思想・良心の自由を制約する可能性があるから従えない』と考える教師がいてもおかしくない。憲法上の問題が、単なる職務規定の問題に矮小(わいしょう)化されてしまっている」と嘆く。

さらに「本当に大事なのは、子どもたちの公民意識をどうやって育むかだ。その議論を放置して、こんな外形的な条例だけ作っても意味がない」ときっぱり。

「国民主権の考えを重視して、君が代に抵抗感を持つ」

この主張の最大の弱点は、普通選挙という民主的な方法で選ばれた人間、国民主権の正当な代理人に「起立せよ」と言われている事だ。

国民主権を重視し行政は国民の意志に従うべきと考えるなら、起立するべきだ。教育を受け試験に通った教師の方が(一般国民よりも賢いので)正しい判断が出来ると考えるのなら不起立もありえるが、その場合は国民主権とは言えない。

  *        *        *

国民主権を理由にして不起立を正当化することは、矛盾そのものだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プルサーマルは危険なのか?

プルサーマルは危険なのか?

北海道新聞:プルサーマル 計画を凍結するのが筋(6月23日)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/300872.html

プルサーマルは、原発の使用済み燃料から取り出したプルトニウムにウランを混ぜたプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使用する。

福島第1原発事故で、炉心溶融を起こした三つの原子炉のうち3号機はプルサーマル発電を行っていた。猛毒のプルトニウムが環境に与えるダメージなどが懸念されている。

MOX燃料が今回の事故に及ぼした影響について、政府が徹底的に検証するのが先決という知事の意見は当然だ。

プルトニウムはさほど化学的な毒性の高い物質とは言えないし、放射性物質として考えても(半減期が長いことの逆効果で)凄い多量の放射線を出す訳でもありません。事故直後に問題になったのはヨウ素で今はセシウムです。プルトニウムは検出されてはいますが、ごく微量で、その放射線が問題になるレベルではありません。

プルサーマルが通常の運転よりも危険であるとは思えません。むしろ、プルトニウムが多い方が(プルトニウムは重くてセシウムよりも飛ばないので)、安全なんじゃないかと思うくらいです。

    *        *        *

プルトニウムというブランド(≒イメージ)に怯えているだけではないでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

怖がれないよ

怖がれないよ

現代ビジネス:政府はこれも隠している 高濃度汚染水は地下水になった 飲料水は大丈夫なのか
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/9032?page=3

では、そんな恐ろしい高濃度汚染水は、地下に浸み込んでからどこへ行くのか。前出の太田氏が言う。

「大きく見ると、地下水はやがて海と川に流れ込みます。何より心配なのは、川に流れ込んだ水。川からは上水道が引かれているので、水道水が高濃度の放射性物質に汚染される可能性があります。

すでに継続的に水道水をモニタリングしているところもありますが、もっと細かく厳密に警戒する態勢を整えなければいけません」

もちろん水道水だけでなく、地下水から直接汲み上げる井戸水も要注意。飲料水にしている家庭はまだあるし、生活用水や農業用水として使っているケースも少なくない。

地下水も上から下に流れる。部分的な湧水はあっても、全体で見れば地下水も上から下に流れるのです(品川や横浜や浦安で染み込んだ雨水が富士山から出てきたらヘンでしょう。逆は有り得るかも知れませんが)。

福島原発は海岸にあります。ここで染み込んだ水は、どこに行くでしょうか。川上まで遡って流れ出して、水道水に混ざり込むと思いますか。それとも海の方に流れて海底の何処からら出てくると思いますか。

普通に考えれば海の方に行くでしょ。

福島原発で発生してしまった汚染水が地下水となり(ここまでは有り得ること)浄水場の取水口がある場所(ふつう海岸沿いにはありません)まで遡るって有り得ません。

おもわず笑っちゃいました。

ごめんなさいね、お化け屋敷で笑うような事をして。

  *        *       *

福島原発で発生してしまった汚染水は大問題ですし、地下水となった(なりつつある)ことも問題ですが、水道の水に混ざり込むと心配する必要はありません。注意するべきは、福島原発の近くの井戸、あるいは海への出ていくことです。

地下水の移動速度は(地形や地質によって大きく違うそうですが)平均、1日1メートルだそうです。1キロメートルに2年以上、10キロメートルで27年以上、20キロメートル進むのに54年以上かかる計算になります。

飲用水については数キロメートル以内の井戸でのモニタリングで十分な対策と言えるでしょう。

  *        *       *

ここでも地下水の移動速度は遅く、いわきや郡山では数十年、数百年後に汚染水がやってくることを心配しなければならない。原発事故とは、その直後だけでなく、数世紀後まで延々と人類を苦しめ続ける大災厄なのだ。

え~っと、半減期って知ってます?

数十年ではちょっと微妙ですが、数百年後にはセシウムは殆ど放射能を無くしています。いま問題になっている半減期30年のセシウムも300年後には千分の1になってます。数百年には無視してかまわないレベルに下がっているでしょう。

「数世紀後まで延々と人類を苦しめ続ける大災厄なのだ」

数百年もの間、地下に閉じ込めておいてくれるのなら、むしろ歓迎なのですよ~。怖がらせようとするのなら、もっと怖い話を書いてくださいな。

  *        *       *

汚染水を軽視して良いとも、地下へ汚染水が染み込むことを無視して良いとも思いませんが、今のところ、地下水となった汚染水を怖がる必要はないと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅首相は惨めに退陣する

菅首相は惨めに退陣する

時事通信:首相孤立も続投探る=エネ法てこ、世論に期待
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011062200940

菅直人首相は、通常国会の延長をめぐる政権内の協議の過程で、民主党執行部から「早期辞任」を突き付けられた。四面楚歌(そか)ともいえる状況だが、首相は、延長国会で太陽光などの再生可能エネルギー促進法案について成立の機運を高め、続投の道をなお探る構えだ。

菅首相はどうなるでしょうか。

70日の会期を乗り切れるでしょうか。判っている事は、菅首相は信用されてないって事です。野党だけでなく与党からも信用されていません。

  *        *        *

菅首相は解散総選挙に打って出るでしょうか。

菅首相は、小泉さんじゃありません。小泉さんは国民に信を問う事が出来ましたが、それは与党内にそれなりに味方を作っていました。反抗分子はありましたが与党内で「四面楚歌」ではありませんでしたし、国民の支持も高かったです。国民は、解散は小泉政権の延命の為ではなく、自分の信念を貫くためと理解しました。

いま菅さんが、脱原発を訴えて解散したとしても、国民は醒めた目で見るでしょうし、民主党が強力な選挙体制を取れるとも思えません。解散したら菅民主党は国民からNOを突きつけられることになります。

菅さんにはヤケクソ解散で自爆する選択肢はあっても解散して勝利する道はありません。

解散すれば民主党にトドメを刺した党首として記録されるでしょう。

  *        *        *

では、延長された70日間で成果を出して、評価を変える事ができるでしょうか。

ウソツキと思われている人間が成果を出すことのは難しい事です。野党と対立しているだけならともかく、与党内部からも信じられていないのでは、必要最小限のこと例えば特例公債法案のような事は出来るでしょうが、それ以上の事が出来るとは思えません。

そして、国会の会期末が来て、しばらくすれば、次の国会が始まる。不信任案も出せる。民主党内からの造反も、前回の比ではなく起きるのではないか。

  *        *        *

菅首相は、特例公債法案あたりを花道にするのが、もっともマシな退陣方法だ。しかし、彼自身はこの道をとりそうにない。

つまり、彼は惨めに引きずり降ろされる事になる。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

民主主義のコスト

民主主義のコスト

時事通信:辺野古回帰「民主主義のコスト」=沖縄の理解求め努力−北沢防衛相
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011062200027

北沢俊美防衛相は21日午前(日本時間同日深夜)、日米安全保障協議委員会(2プラス2)終了後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に関し、自民党政権時代と同様に同県名護市辺野古にV字形滑走路の代替施設を整備する方針を決めたことについて、「もし時間のロスだという論評があるとすれば、それは政権交代に基づく民主主義のコストだ」と述べた。

いま日本国全体が「民主主義のコスト」を支払っている。民主党のような無能な政党に政権を渡したらどうなるかを高い授業料を払って学んでいるのではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

4対0で合憲

4対0で合憲

朝日新聞:君が代起立職務命令、合憲判断 最高裁4例目
http://www.asahi.com/national/update/0621/TKY201106210538.html

判決は、起立させる校長の職務命令について「思想・良心の自由」を保障した憲法19条に違反しないと判断した。同種の訴訟で「合憲」と判断した最高裁判決は4例目。

補足すると、合憲としたのは「4例目」で、違憲とした例は(私の知るかぎり)ありません。

つまり4対0で合憲です。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

2011/06/22 21:07 追記、5対0になりました。

毎日新聞:君が代不起立:神奈川も教職員側敗訴 最高裁決定・5度目
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110623k0000m040033000c.html

入学式などで起立して君が代を斉唱するよう求めた神奈川県教委の通知(04年)は、思想・良心の自由を保障した憲法に違反するとして、同県立学校の教職員ら130人が、従う義務がないことの確認を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は21日付で、教職員側の上告を棄却する決定を出した。請求を退けた1、2審判決が確定した。

これで、合憲判決は5つめ。違憲判決はゼロのまま。

5対0です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

怖くない

怖くない

現代ビジネス:原発から60km人口29万福島市内が危ない 異常な量の放射性物質を検出スクープ 緊急調査で判明
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/9034?page=4

今回、除染が済んだ土に測定器を近づけると、それでも45マイクロシーベルトを表示した。基準値の約12倍。国の計算では年間に240ミリシーベルトを浴びる量だ。福島第一原発の最前線で働く作業員の被曝限度(250ミリ)に近い。ベラネク氏の表情が険しくなる。防護服を着用し、土を採取する。

なかなか扇情的で怖くなるような記事なのですが、ちょっとツッコミを入れてみたいと思います(すると逆に安心してしまうんだな)。

最初は測定数値に「毎時」とついていないこと。シーベルトは「ある期間に浴びる放射線の量」なので、その期間が判らないと意味のある数値にはなりません。まぁ一般的なニュースでは「毎時」ですし、この記事も「毎時」と思って解釈して矛盾しませんから「毎時」なのでしょうけど。細かい事なのですが、事実を軽視し感情や思想を重視しているように思えてしまいます。

2番目は、「測定器を近づけると」うーん、どれくいらい近づけたんでしょうか。ベッタリくっつけてこの数値なのでしょうか。1メートル離れてこの数値だったら怖いですが、ベッタリくっつけないとこの数値にならいなら、あまり恐怖を感じないんですが。

実際、くっつくと危険で離れていれば安全なのであれば、そこを通りかかっただけなら気にする必要はありません。子供だって何時間も一ヶ所に留まることは珍しいですし、手についたら洗えば良いんですよね。

どれくらい離れての数値か書いてください。

3番目は、放射線を危険だ危険だと書いてあるけど、何シーベルトあびたらどうなるかが書いてない。

私は年間累積の線量は殆ど無意味だと思っているので、年間240ミリシーベルトと言われてもピンと来ないし怖がれない。平時に安全側に考えるなら年間1ミリシーベルトなんて数値も良いだろうけど、実際に事故が起きて、経済的精神的負担を考えた上で現実的な対策や行動を考える為には、何シーベルトあびたらどうなるかを(どうなると予想するかを)考えること無しには何も決定出来ない。

4番目は、全ての計測地点の内、どれくらいが危険な(と彼等が考える)値だったのかという割合がないこと。

ホットスポットがあることは予想していたので、高い数値が出たことに驚きはない。問題は割合。どこにでもゴロゴロしているのであれば、当たる確率も高くなるし回数も増えるので線量も増える。探して探して見つけたのであれば、なかなか当たらないし、回数も少なくて済むので線量も低いだろう。

記事になるのは、線量が高い場所だけ。低い場所をわざわざ記事にしたりなんかしない。殺人事件が起きた場所は報道されるけど、事件が起きなかった場所をわざわざ報道しないのと同じ。

5番目、「防護服を着用し、土を採取する」、まるで、土を採取する時だけ防護服を着たような表現。もし、本当に採取する時だけ着たのなら、その土のあった場所からほんのちょっと離れたら安全であるかのように思ってしまう。あるいは、土を採取するという行為が危険なので、そんな事をしなければ安全であるかのような表現。

土いじりをしない人は気にすることないのかしら。

   *        *        *

この記事は、福島は危険で疎開すべきと言いたかったのだと思うが、この記事を読む限り、いろんな事と天秤にかけた上で慎重に判断すれば良いことだ、逆に言うと、差し迫った危険はない、と思えてしまう記事だ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無責任な国民を助長する考え方

無責任な国民を助長する考え方

信濃毎日新聞 社説:原発再稼動 国民軽視の見切り発車
http://www.shinmai.co.jp/news/20110619/KT110618ETI090004000.html

原発の安全性に疑問を感じ、原発への依存度を下げたいと考える自治体や国民が増えている。国民の声を軽視して再稼働を認めるのはあまりに乱暴だ。国民を交えた論議が欠かせない。

「国民の声」って何? 世論なら判るけど。

「国民を交えた論議」って何? 国会議員は選挙で選ばれた国民の代表じゃないのか。

  *        *        *

政治家が国民から遊離した存在であるかのように考えるのは、よろしくないのではないか。それは国民を無責任にする。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

おめでとう

おめでとう

読売新聞:米国の敵失が勝因…日本のスパコン世界一
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110620-OYT1T01019.htm

毎秒1京(1兆の1万倍)回の計算速度を目指す日本のスパコン「京」が、来年6月の完成を待たずに、世界最速を達成した。

文部科学省では、富士通の製造が予定を上回るペースで進んだ一方、米国の京速級スパコン開発が遅れた敵失が勝因と分析している。

海洋研究開発機構の「地球シミュレータ」が2002〜04年に首位に君臨した頃に比べ、競争は激化している。100京級の検討が始まっている米国、スパコンへの投資を続ける中国に対し、「京」の後継計画も決まらない日本が競争についていけるかは不透明だ。

敵失だろうがなんだろうが、1位というのは目出度いです。1位を取ればニュースになり、お金も人材も集めやすくなりますから。

私は1位が獲れるのか、正直、不安に思っていましたが、素直に喜びたいです。そして理化学研究所と富士通の努力と技術力を賞賛したいです。

  *        *       *

ところで、「2位じゃだめなんですか」で有名な蓮舫さんは、こうおっしゃています。

読売新聞:蓮舫氏「オンリーワン目指す努力を」と注文
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110620-OYT1T01055.htm

一方の蓮舫行政刷新相は報道陣に対し、「極めて明るいニュース。関係者のご努力に心から敬意を表したい」と述べつつも、自らの発言については「メディアが勝手に短い部分を流した」と反論。「ナンバーワンになることだけを目的とするのではなく、国民の皆様の税金を活用させていただいているので、オンリーワンを目指す努力を期待したい」と注文をつけた。

スパコンの速度競争は百メートル走のようなものですから、ナンバーワンはあってもオンリーワンは無いと思うんですけど。

政治家の方のおっしゃることは良く判りません。

  *       *       *

ところで、どうでもいいツッコミをしておきます。

CNET:理化学研究所「京(けい)」、スパコンランキングで1位--「TOP500」
http://japan.cnet.com/news/service/35004293/

ドイツのハンブルグで開催のカンファレンスで現地時間6月20日に発表予定の「TOP500 Supercomputing List」によると、神戸市の理化学研究所に設置されているスーパーコンピュータ「京(けい)」が世界最速となったという。京は、毎秒8.162ペタFLOPS以上の処理能力を持ち、2010年11月に同リスト1位を獲得した中国の国防科学技術大学に設置されている「Tianhe-1A」(天河1号A)の2.67ペタFLOPSを上回った。

「8.162ペタFLOPS」は「8162兆FLOPS」で京の位に達していません。京で言うと、0.8京、もうちょっとです。

スパコン京は未完成だそうですから(もう少し拡充するそうです)ホントの「京」を実現してもらいたいです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

2011/06/21 06:41 訂正
 訂正前:8.162ペタFLOPS」は「8162億FLOPS」で
 訂正後:8.162ペタFLOPS」は「8162兆FLOPS」で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

規模を判り易く言ってくれ

規模を判り易く言ってくれ

毎日新聞:原発:「自然エネルギー活用を」 問題を考えるつどいで講演--高松 /香川
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20110619ddlk37040373000c.html

つどいでは、日本共産党の原発・エネルギー問題対策委員、鈴木剛さん(48)が講演。鈴木さんは、今回の原発事故について「日本の原発に対する安全神話は崩壊した」と指摘。環境省の資料などを基に、太陽光や風力といった自然エネルギーを使うことで、将来約28億キロワットの発電が可能とし、「原発だけに頼るのではなく、それぞれの地域にあるエネルギーを使った電力供給システムを構築すべき」と訴えた。

「28億キロワット」と言うと、福島第一原子力発電所の6基の原子炉の合計がが488万キロワットですから、その573倍です(原子炉で3438基分)。ホントでしょうか(何処かで単位換算を間違っているような気がします)。

   *        *        *

出来れば、こういった数字を出すときには「福島第一原発の○○個分」とか、あるいは「平均的な発電用原子炉の○○基分」とかって言って欲しい。

脱原発の候補として開発されるものが上手く行っても、原子炉1個分にもならない時もある。メガソーラだって1ヶ所では福島原発の原子炉1基にも届かない。だったらハッキリ「福島原発の○○分の1を代替できます」と言ってもらった方が良い。

   *        *        *

「メガ」ソーラじゃなくて「ギガ」ソーラじゃなくちゃダメかしら。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

悩む中国

悩む中国

WSJ:大規模暴動に悩む広東省―「ハッピー広東」には程遠く
http://jp.wsj.com/World/China/node_251433

他の都市部でも、一般の人々の怒りは今夏、すでに頂点に達している。その背景には、あつれきを生む多くの社会問題が噴出し、「和諧社会 (協調のとれた社会)」を建設するとした共産党の5カ年計画が妨げられていることがある。問題の中でも最も顕著な例が、拡大する貧富の差と猛威を振るうインフレだ。中国人が好む豚肉の価格は1年で54%も上昇した。

しかし、省の指導部は、社会秩序を維持するよう高まり続ける圧力を受けて、中国が直面している最大の課題について中央政府から明確な指導がないまま、決まり文句と暴力の合わせ技で対応している。



汪氏の回答があいまいに終始したことから、広東省にも中央政府にも政策の方向性がないことは明らかだ。
党指導部は中国の今後5年間の目標成長率―多分に象徴的な数字だとみられている―を年7%に引き下げる一方で、「幸福」に焦点を当てて、インフレ、汚職、土地の争奪など社会的関心の高い課題に取組むことを約束している。

中国は暴動に対して根本的・長期的な対策を持っていないと言うことでしょうか(モグラ叩きのように起きた暴動を叩いて押さえているだけ?)。

叩いて押さえている間に(押さえることが出来ている間に)、解決策を見けられれば良いですが、押さえる事はどうしても暴力的になりがちですから、解決をさらに難しくします。

中国の持ち時間は少しずつ短くなっているように思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普天間固定化は正しい選択か

普天間固定化は正しい選択か

時事通信:普天間固定化、一段と現実味=「日米合意」の矛盾突く−上院法案
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011061800251

日米両政府は既に、普天間移設とグアム移転の2014年完了を断念した。地元だけでなく両政府も「最悪の事態」と呼ぶ現飛行場の継続使用を避ける手だては見つかっていない。

移転に反対すると普天間固定するって事は、鳩山が「国外・県外」と言った時、そのホラ話に乗った時から判っていた事だと思うんですが。

軍事知識や国際情勢を学べば、アメリカが譲らない事は予想できたし、軍事においてアメリカとの関係を悪くする選択肢が日本に無いことも判っていたこと。

普天間を現状のまま使うか、辺野古へ移転するかの2択なんです。地元が辺野古への移転を拒否するなら、結果として、地元は普天間の固定化を選んだと言うことです。

  *        *        *

普天間固定化が正しい選択かどうかは、いつまで普天間を使うか、沖縄に米軍基地がいつまで必要かという問いの答えが出なければ判らない。

例えば、国際情勢が劇的に変化して(例えば中国が崩壊して中国本土に米軍基地が出来たら、沖縄の軍事上の価値は激変する)沖縄に米軍基地が必要でなくなったら、辺野古の海を護ったと評価されるでしょう。

逆に、事故が頻発して、辺野古へ移転してれば避けられた多くの被害が出てしまったら、間違った選択だった事になります。

結論が出るまでに何年もかかるでしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

わかるんだけど

わかるんだけど

中国新聞:「経産省のみなさんは原発周囲に住めばいい」 橋下知事
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201106180127.html

停止中の原発の再稼働を促す海江田万里経済産業相の考えについて、大阪府の橋下徹知事は18日、「無責任だ。経産省の皆さんを強制的に原発の周りに住ませたらいい」と述べ、判断は時期尚早だと批判した。

「福島の事故の収拾もつけられていない日本政府が『安全だ』というのはどういう思考回路なのか」と指摘。「安全だとごまかすのではなく、電力が足りないからリスクを負ってほしいという説明をすべきだ」と強調した。

「原発の周りに住ませたらいい」

いや、感情としては判るんだけど、じゃあなんで原発なの?って疑問を保ってしまう。

  *        *        *

今日、お魚を食べた。

お魚は漁師さんが獲ってきたものだ。年間何件の海難事故が起きているか知らないが、漁に出て事故に合う人がいることは事実だ。

コンビニで缶コーヒーを買った。ヨドバシでパソコンの部品を買った。私が買った品物はトラックで運ばれている。トラックによる交通事故は頻繁に起きている。人の命が失われる事も多い。

  *        *        *

事故のリスクがあるものは、原発に限らない。

都会で電気を使うのだから都会に原発を作れという主張、安全を言うなら原発の側に住めという主張は、魚を喰うのだから自分で漁をしろ、自分が使う様々な品物を自分で作れという主張に等しい。

そんな事が出来る訳がない。

漁師さんだって魚を都会に売れなくなってしまう(だって、都会人は地方の漁師さんの獲った魚じゃなくて、自分で獲った魚を食べるんだから)。

  *        *        *

「原発の周りに住ませたらいい」

感情としては判るけど、なんで原発だけなのかと思ってしまう。原発信仰のようなもの、原発を特別扱いしない方が良い。

ただ、橋下知事の発言にはこの部分よりも大切なポイントがある。それは「電力が足りないからリスクを負ってほしいという説明をすべきだ」というところ。

原発は毎日事故を起こす訳ではない。電気が足りなくなって起きること。熱中症などの事故・経済の停滞による失業。そういった事と天秤にかけて、原発のリスクをとるという判断は十分にアリだし(私は原発を動かすべきだと思う)、リスクがある以上、正面から問いかける必要がある。

原発は30年以上、大きな事故を起こさないでいたと言う実績がある。日本は地震地帯だけれど、原発は耐震設計されている。この数百年に一度と地震や津波でも事故に至らなかった原発もある。

こういった事を正面から問いかけて、再稼働を求めるべきだ。

  *        *        *

原発が止まっても失業しなさそうな人達の声の方が大きいように思う。労働運動では中小企業の労働者ではなく、公務員の労働組合(つまり、政策が間違ったり停滞しても失業しなさそうな人々)の声がでかい。それと同じ構図を感じる。

最大の福祉対策は景気対策と誰が言ったか忘れたけど、景気が良くなれば、下々の人間も職を得て生活が楽になる。脱原発は逆向きの効果があること(少なくとも短期的には)を忘れないで欲しい。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

判りきったことを

判りきったことを

毎日新聞 社説:原発工程表 課題は山積したままだ
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20110618k0000m070141000c.html

東電は汚染水を浄化して原子炉に戻す「循環注水冷却システム」の構築をフランスや米国の装置を組み合わせながら進めてきた。汚染水を増やさずに核燃料を冷却する苦肉の策だが、装置の水漏れなどで稼働が遅れ続けた。

たび重なるトラブルの根本的な原因がどこにあるのか。きちんと解明した上でこの先の冷却システムの構築を進めないと、さらに作業が遅れる恐れがある。

循環注水冷却システムが稼働しても、それをいつまで続ければいいのか。メルトダウンどころか、溶融燃料が格納容器にまで漏れ出している可能性がある中で、「原発の安定」が何を意味するのかも、もうひとつはっきりしない。

「たび重なるトラブルの根本的な原因がどこにあるのか」

そんなの「無理なスケジュール」にあるのに決まってんじゃん。

  *        *        *

私には、通常の工事のスケジュールだったら数年~十数年かかることを数ヶ月でやろうとしているように見える。大きなトラブル(大規模な放射性物質の流出)を防ぐことを最優先していて、小さなトラブルは覚悟しているように見える。トラブルを起こさない事を優先して汚染水が溢れ出すのに設備が間に合わなかったら元も子もないんだから。

  *        *        *

なんかさぁ~、遠い安全な所からエライさんが、好き勝手なこと言ってるって感じ。今はトラブりながらも汚染水の処理が進みそうだから、トラブルが問題だなんて悠長な事を言っていられる。これが、もし汚染水が溢れそうな状況だったら、こんな悠長な事を(「たび重なるトラブルの根本的な原因がどこにあるのか。きちんと解明」せよなんて事を)言わないだろう。

今現在は、とりあえずの状況だけど汚染水の流出を防いでいる。トラブルりながらも前進している。それで良いじゃないか。

  *        *        *

まぁ、でも、こんな流暢な社説が書かれるってことは、事態は良い方向へ進んでいるってことだよね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

脱原発で弱者切り捨て

脱原発で弱者切り捨て

毎日新聞:発信箱:原発と夢とお金=福本容子
http://mainichi.jp/select/opinion/hasshinbako/news/20110617ddm004070003000c.html

日本には原発が54基ある。今、動いているのは19基だけ。これが1年後にはゼロになることもあり、って。定期検査で新たに止まる原発がある一方、検査が終わった分も運転再開がなかなか厳しそうだから。



この夏以上の節電も必要になりそうだ。企業は耐えきれずに外国に出ていっちゃう? 雇用はどうなる? 税収は? 毎年の予算は? 10年後の高齢者の生活は?

金勘定の話。「非現実的な夢想家」になり原発を排除していこうと呼びかけた村上春樹さん、夢のない卑しい現実主義者でごめんなさい。でも効率を「災厄の犬」と片づけるのは簡単だけど、では私たちは支払える範囲を超えて生き続けられますか?

性急に脱原発を行えば(これには定期検査で止まって(今迄の基準だと再稼働できるのに)再稼働しないで止めたままにすることも含まれる)、経済に打撃があるのは間違い無いだろう。火力発電所の再稼働や増設を行ってもタイムラグやコストアップは避けられない。

場合によっては、来年の夏は今年以上に暑い夏になるかもしれない。

  *        *        *

経済に打撃があった時、最初に切られるのは派遣社員や契約社員、それから中小企業の正社員、次いで大企業の正社員、最後に公務員。

節電を求められ、電気代が値上がりし、最初に苦しむのは貧乏人。電気が足りなくて、熱中症になって死にやすいのは年金生活のご老人。

  *        *        *

有機栽培や無農薬野菜は、普通の野菜よりもちょっとお高め。普通の野菜が危険な事はないけど、有機栽培や無農薬野菜には安心感がある(安全であるとは限らないけれど)。

世界中で、安心安全の為に、有機栽培や無農薬野菜しか作らなくなったら飢え死にする人はどれくらい出るだろうか。

食の安心のために、農薬や化学肥料は規制されるべきだけれど、行き過ぎた規制は、(食料の絶対量を減らすことによって)食の安全を奪う。

安心安全に暮らすために、原発があった方が良いのか悪いのか。

お金持ちなら、馘や倒産を心配しなくて良い立場なら、原発が無い方が安心。

中小企業の従業員には、私程度の立場では、原発がある方が安全だと思う。

  *        *        *

福島の事故の報道を見ているとストレスが溜まって、脱原発!って思うけれども、原発を止めたら、経済に打撃がある。そうなったら、私はかなりの確率で失業するだろう。

契約社員よ!、派遣社員よ!中小企業の従業員よ! 失業したくないなら、性急な脱原発に反対せよ。

原発を再稼働せよ(私の勤め先が倒産する前に)。

  *        *        *

実際、九条の会が現実離れした元インテリの娯楽であるように、脱原発も富裕層の贅沢ではないかと思う。違いは、実際に(感情的な)脱原発が起きかねないことで、起きたら、下手をすれば大不況で、弱者は文字どうりに失業・飢え死にしかねないことだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無神経なヤツは強い

無神経なヤツは強い

公明党:放射線不安、暑さに悩む 長袖にマスク姿、閉め切られた窓 「授業に集中できない!」
http://www.komei.or.jp/news/detail/20110616_5496

そして、学校生活に悪影響が出始めた。市学校教育課の菅野善昌課長は「最大の難題は、やはり教室の暑さ。あまりの暑さに、教室内に氷柱を置いた学校さえある」と語る。保護者からも「授業中、暑さでのぼせて鼻血を出した子どもがいる」「子どもが授業に集中できない」などの声が出ており、教室の暑さ対策は待ったなしの課題だ。

福島市では、風の強い日は窓を閉めるように指導しているため「暑い中での学習環境を考慮する目的」(同課)で、7月21日から8月24日まで予定していた夏休みを8月31日まで1週間延長した。8月分の授業時間は冬休みを短縮して対応するという。

鼻血ですか、これも原発事故の被害と言えるでしょう。

放射線を避けようとするのは良いんですが、窓を開けず熱中症になってしまって障害が残ったり、そこまでは行かなくても勉強に差し障りが出たらどうすんでしょうか。「気にしない」という解決策も検討する必要があると思います。

  *        *        *

こんな事を言うと避難したら良いとか、教室にクーラーを設置すべきだとか、政府や東電は費用を出せと言う意見が聞こえてきそうですが、下手に避難したら保護者が失業してしまうかもしれません。クーラーは設置すべきだし政府や東電はお金を出すべきだけれど、十分なお金が素早く出てくるとは思えない。それに対して暑さはもう始まっています。

  *        *        *

避難して経済的にも社会的にも安定していられる人はともかく、そうでない人は、低レベルの放射線なら、気にしないで無視してストレスを溜めないようにする。なんでも、いろんな種類の食べ物を、バリバリ食べる、外で躰を動かしたりしてストレスを貯めない、こういった一般的な健康に配慮した生活が、結局は、健康にも良くて子供達への悪影響も少なくて済むのではないでしょうか。

  *        *        *

会社でも、政治でも、放射能にも無神経なヤツは強いってことなのでしょうかね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

中国軍は偽物に悩まないのかな

中国軍は偽物に悩まないのかな

中国製の偽造品が米軍調達網に流入 上院軍事委、現地調査申請も入国拒否http://sankei.jp.msn.com/world/news/110616/amr11061609500004-n1.htmレビン委員

長らによると、米国防総省や議会会計検査局(GAO)の調査で最近、米軍のF15戦闘機の飛行コントロール用コンピューターのマイクロプロセッサーやミサイル防衛関連機器の小型回路が偽造品であることがわかった。

このままだと偽造品が実際の兵器に装備されてしまう恐れがあるという。

 

軍の装備品に偽物が入ったら、特に武器を構成する部品が偽物だったらどうなるだろうか。使用したときに使えないだけではなく、事故だって起きるかも知れません。米軍が神経質になるのも当然です。

ところで、中国軍(というか人民解放軍)は、偽物の害をどう防いでいるのでしょうか。中国の商人が米軍には偽物を売って中国軍に売らないというのは有り得ないと思うのですが。

中国軍はどうやって偽物の害を防いでいるのででしょうか。

それとも偽物だらけなんでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

何度でも出来る

何度でも出来る

読売新聞 社説:イタリアの選択 欧州の原発依存は変わらない(6月16日付・読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20110615-OYT1T01255.htm

2008年に発足した現在のベルルスコーニ政権が原発再開を目指したのは、電力供給体制の脆弱(ぜいじゃく)さを痛感したからだった。

イタリアは1986年の旧ソ連チェルノブイリ原発事故後、国民投票で原発廃止の道を選び、90年には主要国で唯一、稼働原発のない国となっていた。

だが、電力需要の15%を輸入に頼るうえ、総発電量の8割以上を占める火力発電の燃料の高騰で、産業用電気料金はフランスの約2倍になった。隣接諸国と結ぶ送電線の事故で大停電も経験した。

イタリアが脱原発すると言うか、原発を再開しない事を、国民投票で決めたことがニュースになっていますが、なんと2回目なんですね。

  *      *      *

国民投票したら永遠に縛られるのかと思いましたが、86年といえば25年前ですから、長い時間とは言え、再開できるのですね。

  *      *      *

イタリアは原発を再開した訳ではありませんから不適当ですが、マーク・トウェインの言葉「禁煙なんて簡単さ。私は何回もやったよ」を思い出しました。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月15日 (水)

教員ってウブなの?

教員ってウブなの?

産経新聞:民主迷走で教員免許ピンチ 更新制度存続…受講キャンセル待ち
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110615/plc11061515050009-n1.htm

教員免許の更新に必要な講習に教員の応募が殺到し、キャンセル待ち状態などが続出している。衆院選で政権交代を果たした民主党が、一度は教員免許更新制度の廃止を打ち出したものの、その後の参院選で惨敗。「ねじれ国会」で制度廃止の法案が提出できず、いまも制度が存続しているためで、制度存廃をめぐる迷走劇の余波が教育現場を直撃した格好。“駆け込み”応募の急増で受講しにくい状態となっており、教員の間からは「受講できなければ教員を辞めないといけないのか」などと動揺が広がっている。

自分の様な下っ端人生を送っていると、エライさんの約束なんて現実になるまで信じない癖がついてしまう。

そんな自分からすると、民主党支持者だったとして、公約を支持したとして、選挙にかって政権獲ったとしても、公約をすんなり実行実現するなんんて信じるなんてどうかしている。そもそも、民主党が政権獲得した直後の八ッ場ダムについての騒ぎや普天間の迷走を見ていて、教員免許更新制度の廃止が成ると信じていたとしたら相当おかしい。

  *        *       *

政治家が言った事を素直に信じるなんて、とってもウブだと思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サイクルは回るか?

サイクルは回るか?

毎日新聞:中国:広州で暴動、数十人拘束 治安要員が妊婦に暴力、1000人が警察車襲う
http://mainichi.jp/select/world/news/20110614ddm007030144000c.html

広東省では6日にも南部の潮州市で、四川省出身の出稼ぎ労働者が賃金未払いを訴えて会社に抗議。逆に暴行を受けたとして1000人近くの労働者が車を壊すなど当局側と激しく衝突した。広東省には製造業の工場などが集中しており、待遇をめぐって弱い立場に立たされる出稼ぎ労働者が不満を募らせ、大規模な暴動に発展するケースが目立っている。

中国での暴動のニュースが増えて来ました。それも大規模な。

  *        *        *

人間は、他人と自分を比較して、嫉妬しますし、それで暴れたりしますが、それ以上に、過去の自分と比べると私は思います。

庶民だったら、金持ちに嫉妬しても不思議ではありません。しかし、去年の自分の暮らしより今の自分の暮らしが良くなっていれば、暴れるより(より良い生活を目指して)働こうと思うでしょう。金持ちが超金持ちになっても、庶民の多くは気がつきません。ですが、去年の暮らしと今年の暮らし、親の暮らしと自分の暮らしは比べられる、気が付いてしまう。

  *        *        *

貧乏になっていくのは、かなりストレスがかかることです。

私は、中国の暴動の背後には、社会の不公平よりも、暮らしの悪化があるのではと思っています。富の偏在が経済成長を越えて、庶民の生活を圧迫しているのではないか。経済成長の鈍化が富裕層ではなく庶民の生活を直撃しているのではないか。

  *        *        *

広東省広州といえば工場が集まる経済的に重要な地域です。そして、暴動が起きているような場所ではビジネスができません。暴動はビジネスを停止させ、経済を悪化させます。経済が悪化すれば庶民は、出稼ぎ労働者はたちまち悪影響を受けます。

私は中国が崩壊するとき、それは、暴動が経済を悪化させ、悪化した経済がさらなる暴動を呼ぶという悪循環が出来た時、それを軍事力警察力で止められなくなった時、と思っています。

今回の広州の暴動は大規模です。経済への悪影響もあるでしょう。

サイクルは回り始めるでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

私が反・反原発になった訳

私が反・反原発になった訳

産経新聞 正論:30年がかりで「脱原発」を目指せ(3/4)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110614/plc11061402570007-n3.htm

もっとも、経済合理性だけで「脱原発」を説くのは、筆者の本意ではない。「脱原発」論には「文明の転換」という歴史的視点も必要だと思うからである。

ギリシャ神話には、火を盗んだプロメテウスを懲らしめるため、ゼウスがパンドラに不幸の詰まった「パンドラの箱」を開けさせる話が出てくる。古事記には、「火の神」を産み落とした際に大やけどをしたイザナミが、「黄泉(よみ)の国」に行く羽目になる話がある。このように、古代から火は文明の象徴であるとともに、災いをもたらすものという認識があった。

産経新聞 正論:30年がかりで「脱原発」を目指せ(4/4)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110614/plc11061402570007-n4.htm

現代人は、「科学がすべてを解決する」という「科学万能思想」を信奉することで、経済成長を実現した。しかし、この思想が近年、地球環境問題やクローン人間など、科学だけでは解決不能な問題を次々に生み出してきたことも事実である。原発にしても、テロや直下型地震など、「想定外」の出来事に完全に耐えられるものを建設することは、おそらく不可能であり、われわれはそのことに、もう少し謙虚になる必要があるのではないだろうか。

反原発・脱原発の方々は時として、「科学万能」を批判し、科学では全てを解決出来ないなどと言う。文明の転換が必要だという言葉も良く聞く。

私はこんな言葉を聞くと腹が立つ。

  *        *        *

私は技術で飯を喰ってきた人間だ。年喰って最新の技術知識よりも経験と人間関係が重くなって来たのは不本意だが、それでも、自分が雇われているのは技術によってだと信じている。

ユーザから無理難題を要求される、出来るこ事と出来ない事を説明して、なんとか出来る範囲で納得してもらう。トラブルが起きる、応急対処をする。ユーザへの迷惑を最小にしようとする。

そんな立場の人間からすると科学や技術が万能ではない事は日々思い知らされている。

私のような場末の技術者ではなくても、最先端の研究者でも科学技術で全てが解決するなどといった「科学万能」なんて信じていない(と思う)。

科学者や技術者は科学万能なんて信じていない。

科学や技術で出来ることと出来ないことを区別している。

  *        *        *

中谷さんは、「科学万能」を批判しつつ脱原発を言う。一見、矛盾無いようだが、脱原発の方法として上げている(引用しなかった部分に書かれている)自然エネルギーは、実は、科学技術の塊なのだ。

太陽光発電には太陽電池が必要、これが科学技術の成果でなくてなんだ?

風力発電で使う風車の設計にも思う存分、最新の科学技術が使われている。LED電球が省電力だと大流行りだが、科学なくして存在し得ただろうか。効率的な電力ネットワーク(いわゆるスマートグリッド)はネットワーク技術なくしては成立しない。

  *        *        *

科学技術を批判し脱原発を言う。その方法として最新の科学技術の成果を使うような提案する。

矛盾してないか?

科学技術の発達で起きた問題を、さらなる科学技術の発展で解決する。そのことを私は非難しない。しかし、科学技術を非難しつつ、解決策を科学技術に求めるのは、おかしいと思う。

  *        *        *

脱原発・反原発を主張する方々は科学を批判しつつ科学に頼っていたり、感情的な意見でしかなかったり、事実を無視していたりすることが、原発推進派の方々よりも多いように思う(そのような言説を多く読む、と言うべきか)。

それが私が(消極的原発推進派であり)反・反原発派となった理由ではないか、と自己分析している。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (24) | トラックバック (0)

専門的な人材よりも必要なもの

専門的な人材よりも必要なもの

レコードチャイナ:中国に民主化は必要、ただし限定的でなければならない—SP華字紙
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=51967&type=

現実的に見れば、民主主義は多くの分野で不適当なものだ。中国では村落の幹部ぐらいしか選挙がないと批判されているが、しかし村の選挙制度も当初期待されたほどの成果をあげていない。今やより多くの人々が民主主義は村の統治に有効な手段ではないと考えている。必要なのは専門的な人材なのだ、と。

民主政治が必ずしも解決策ではないことに同意しますが、「必要なのは専門的な人材なのだ」というのも疑問です。いえ、専門知識が不要と言う意味ではなく、もっと大事なものがあるだろうと言う意味において、疑問です。

  *        *       *

中国に必要なのはモラルと言うか、「正直さ」「誠実さ」だと思います。

正直さ・誠実さは周囲を助けると共に自分自身を助けます。短期的には嘘やゴマカシで利益を得ることが出来ますが、長期的には誠実さや正直さが利益を生みます。自分も周囲にも利益を得ることに喜びを感じる人間が社会を発展させるのです。

  *        *       *

自分も周囲も利益を得ることに喜びを感じる為には、社会との一体感・所属感が必要です。そして(皮肉な事に)民主政治が上手く行くために必要なものが「社会との一体感・所属感」なのです。自己中心的な人間が多数派だと利益誘導の衆愚政治に陥ってしまいますから(その意味では日本も警戒水域にあるのかも)。

  *        *       *

正直さが報われる、正直者が多い社会でなければ、長期的な発展は無理です。中国社会は、そろそろムリが限界に達するのではないでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

海外から電気を買うということ

海外から電気を買うということ

読売新聞:おそらく原発計画と決別…伊首相が敗北宣言
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110613-OYT1T00790.htm

イタリアはチェルノブイリ原発事故(1986年)後、国民投票で原発全廃を決めたが、電力の1割以上を海外からの輸入に頼り、電力コストが割高になっている。2008年に政権復帰したベルルスコーニ首相は原発を再開する方針を表明したが、反対する野党側の求めで国民投票が行われた。

「電力の1割以上を海外からの輸入に頼り、電力コストが割高になっている」

イタリアが電気を買う相手はフランスでしょうか。どの国でも良いんですが、その国とイタリアは決定的な対立は出来ないです。決定的な対立をしたら電気を止められてしまいますから。

電気は他の燃料と違って備蓄できませんから、備蓄しておいて対抗することが出来ません。せいぜい契約や条約で縛ることが出来るくらいです。そして、契約や条約が国益の前に破られる事は時としてあること。

  *        *       *

イタリアが原発を作らないで済むのは、ドイツが脱原発出来るのは、フランスという原発大国があるおかげであるのは皮肉なことです。この両国がフランスからの電気を買わずに済むようになる日は来るのでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウソをついたのは菅さんであり民主党執行部ですよね

ウソをついたのは菅さんであり民主党執行部ですよね

時事通信:両院総会「一つの節目」=仙谷氏、首相退陣で
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011061200013

仙谷由人官房副長官は12日午前、フジテレビの報道番組で、菅直人首相の進退に関し、「(民主党が今週中にも開く両院議員総会が)一つの節目になるだろう」と述べ、その場で首相が退陣時期を明言することに期待を示した。仙谷氏は「首相が辞めることと特例公債法案を通していただく、(その交換条件が)お約束いただけるんですかという話が重要だ」と語り、野党側に首相退陣と引き換えに赤字国債発行のための同法案成立に協力するよう求めた。

仙石さんがなんと言おうと、菅さんに辞めるつもりが無いように見えるんですが。また、鳩山さんとのイザコザで、岡田さんは「「紙に書いてあることがすべて」と言いました。この時、岡田さんは菅首相側で動いていました。

「お約束いただけるんですかという話が重要だ」と言うなら、民主党は、仙石さんは、自民党を始めとする野党の信頼を得るために、菅首相の記者会見や誓約書を用意できますか。

信用を無くすような行為をしたのは、菅さんであり民主党であることを自覚して行動しなければ結果は出ないでしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

デモは迷惑

デモは迷惑

毎日新聞:東日本大震災:脱原発100万人アクション 広島・中区の繁華街をパレード /広島
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20110612ddlk34040350000c.html

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から3カ月となった11日、運転中の原発停止や建設計画の中止を求める「脱原発100万人アクションinヒロシマ」が中区であった。原発に反対する市民団体「原発なしで暮らしたい人々」の主催。原爆ドーム前で集会を開いた後、親子連れらが脱原発を訴えて繁華街をパレードした。

繁華街でゾロゾロ行進されて、シュプレヒコールなんかされたら商売に差し支えます。迷惑でしょう。また、今回のデモでは「奇形児のコスプレ」を」しようという呼びかけもあり顰蹙を買っているようです。

デモは迷惑です。人を傷つけます。

でも、それはデモの本質なんです。

  *        *        *

デモは(直接的な圧力をかけることが目的の事もありますが)基本的には、関心の無い人間に自分達の主張を伝える行為です。

いわば、関心の無い人間の胸倉を掴んで、耳元で、大きな声で話すようなもの。

迷惑じゃないデモなんて、力の無いデモに過ぎません。

  *        *        *

また、何かの主張をしたら、主張の内容や表現方法によっては傷つく人間が出てきます。

既得権益を得ている人間は傷つくでしょう。

あるいは、巻き込まれただけの人間の中にも傷つく人間が出てくるかもしれません。

今回のデモについて、Twitterで「奇形児コス」するという話を読みました。この表現で傷つく人がいるでしょう。

でも、私はこれも表現の自由であると思います。

  *        *        *

ですが、デモをやるからには「迷惑を受ける人がいること」や「傷つく人がいること」に対して自覚的であるべきです。

それでも、やりたいんですか?

やって、目的達成に近づきますか?

それで、幸せな社会がやってきますか?

  *        *        *

私は、このデモの対象ではありません。このデモ(のニュース)で原発の新しい情報を得たりはしませんでしたから、このデモによって説得されたり行動を変えたりしないでしょうから。

でも、奇形コスなんて、嫌悪感を持ってしまいました。脱原発・反原発の方々をちょっと嫌いになったという効果はありました。

  *        *        *

デモをやるからには「傷つけていること」や「迷惑をかけていること」に自覚的であって欲しいと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

閉塞感

閉塞感

産経新聞:震災後の自粛 是か非か 中村敦夫氏VS森永卓郎氏(2/4)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110610/trd11061012500013-n2.htm

--これまでの社会自体を変える必要があるということか

「今回の津波の跡を見て、(空襲で焼け野原になった)戦後の風景を思い出した。私のイメージとしては、この状況は敗戦だ。結局、近代文明が問われているのだろう。近代という時代も途中までは良かったが、経済成長至上主義と科学技術信仰が加速度的に進んだ結果、暴走状態になった。そして最後に行き着いたのが原発だ。人間が管理したり、後始末をすることができない技術については、手を出してはいけなかった。人間の技術で自然をねじふせてやる、という近代文明のおごりも、実際の自然の前にはまったく手の打ちようがなかった」

産経新聞:震災後の自粛 是か非か 中村敦夫氏VS森永卓郎氏(4/4)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110610/trd11061012500013-n4.htm

--消費主体のライフスタイルを変えようという議論がある

「それは結局、みんなで貧しくなっていこうという話に思える。消費が低迷すると、企業が次々と倒産してしまう。こんなことを続けていては経済が失速して、被災地を助けたくても助ける体力がなくなっていく。復興に必要なのは、早く平常通りの生活に戻って経済を回していくことだ。すでに震災の影響による企業の倒産は、阪神大震災の時よりずっと速いペースで進んでいる」

最初の引用での発言は中村敦夫さんのもの、その次の引用での発言は森永卓郎さんのものです。

  *       *      *

森永さんの政治的意見には反対な事が多いのですが(特に憲法九条について)、この産経新聞の記事については、どちらかと言えば森永さんの方に意見に賛成です。でも、どちらの意見にも不満です。

それは次の社会のイメージがないから、突破する方法の提示がないから。

中村さんは「結局、近代文明が問われているのだろう」などと言うが、じゃあどうすれば良いのか、どんな社会が良いのかのイメージや方法が全く伝わってこない。森永さんはからは、経済を活性化しようというイメージは伝わってくるけど、いままでと同じで良いのかという疑問を感じてしままう(それでも、縮み志向にしか見えない中村さんよりはマシだけど)。

  *       *      *

いまの政治家たちが支持を得ない、人気が無いのは、夢を語れないからだ。小泉さんは高い支持率を維持したけれども、それは明るい夢を見せたから。

  *       *      *

原発事故の克服は自粛とか萎縮とかでは克服できない、あたらたな技術開発でしか克服できない。宇宙太陽発電や高温ガス炉や加速器駆動未臨界炉のような技術開発をこそ進めるべきだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外国人が不起立教師となったら

外国人が不起立教師となったら

しんぶん赤旗:「君が代」条例 アジア出身教員にも 大阪 橋下知事が強制方針
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-06-10/2011061015_01_1.html

大阪府の橋下徹知事は8日開いた府教育委員との懇談で、東南アジアから教員を迎えた場合、「日本の公務員になるなら(『君が代』を)起立・斉唱すべきだ」とのべました。

橋下知事が5月議会で成立した「君が代」強制条例に続き、9月議会で懲戒免職を含む「処分条例」を提出しようとしていることに対し、慎重を求める意見が相次ぎました。

外国人教師の採用がどうあるべきか(何を教え、何にタッチしてはならないか)と言うことは別にして、これって、外国人が日本の国旗や国歌に対して敬意を表さない場合のことだよね。

  *        *        *

「外国国章損壊罪」というものがある。これは他国の国旗などを、侮辱を加える目的で、汚してはならないと言うもの。日本の国旗に対してはそのような罪はない。

これは日の丸が大切ではないからではない。

自分達のものと他人のものは違うということ。他国に対する礼儀を大切にするということ。

  *        *        *

例えば、阪神ファンが阪神タイガースのマークやユニホームについて批判する場合と、阪神ファン以外の人間が阪神タイガースのマークやユニホームについて批判する場合と、どちらが失礼で、どちらがトラブルの元になるだろうか。

  *        *        *

外国人が日本に来て、公の場所で君が代や日の丸に敬意を払わない。それも意図的に。

どんなメッセージになるだろうか。その国は日本を嫌いだというメッセージになる。いや、単純に嫌いなだけなく、日本に対して失礼な国だというメッセージになる。

  *        *        *

不起立闘争に外国人を巻き込んではならない。下手をするとその国と日本の間に感情的な対立を起こしてしまう。

共産党は戦争のタネを蒔きたいのか?

いやまぁ、単なる思考実験だとおもうけど。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

いまさら何に時間をかける

いまさら何に時間をかける

毎日新聞:記者の目:唐突な大阪府「君が代起立条例」成立=田中博子
http://mainichi.jp/select/opinion/eye/news/20110610k0000m070131000c.html

大阪府議会で3日、教職員に君が代斉唱時の起立を義務付ける条例が成立した。橋下徹知事が代表を務める首長政党「大阪維新の会」が他党の抵抗を押し切り、わずか2日の審議で可決させた。個人の思想や歴史観にもかかわる問題なのに、あまりにも性急で乱暴な経緯をたどったと感じる人も少なくない。この問題を取材し、時間をかけた丁寧な議論が必要だと感じた。

「この問題を取材し、時間をかけた丁寧な議論が必要だと感じた」

日の丸や君が代を巡る問題は散々話されていて、いまさら新しい議論が、重箱の隅を突く以上の話が出てくるのだろうか。

  *        *        *

今回の条例の新しい所は「条例」という形式だけ。儀式の場においての公務員の行為を規制するべきかどうかについては、もうすでに長い長い議論が行われていて、最高裁での判断も出ている。

「条例」という形式を採るべきかどうかについて、そんなに時間をかける必要があるとは思えない。

  *        *        *

この問題で「時間をかけるべき」と言うのは不起立という実力行使を行っている側であることが多い。戦闘行動を継続しながら、交渉に時間をかけるべきと言う。

殴りながら、にっこり笑って、時間かけましょうね、と言う。そんな気がする。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅直人は最終的な勝利を得られない

菅直人は最終的な勝利を得られない

毎日新聞:ザ・特集:「家庭内野党」伸子夫人に聞く 菅さんが総理になって
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110609ddm013010005000c.html

拍子抜けするくらいあっけらかんとしている。「ちょっと飲もうかしら」。酒豪で鳴らす。ビールでのどをうるおせば、首相の辞意の真相もぽろり飛び出すに違いない。むろん、こちらもお付き合いするが、しーんとした日本一警戒厳重な社宅でのビール、なかなか酔えそうにもない。なんだかゲリラのアジトに潜入している気分にもなって。

「アハハ、そうね。菅さんの原点はゲリラ、市民ゲリラだってこと、もっと思い出してもらわなくちゃ。昔の菅さんを知る支持者のみんなからさんざん言われるの。あと少ししかないなら、何かやってくれなきゃ。面白くないよって。私もそう思う」。そういえば、首相就任後、間もなく出た伸子さんの著書のタイトルは「あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの」。何が変わりました?

「菅さんの原点はゲリラ、市民ゲリラだってこと、もっと思い出してもらわなくちゃ」

あぁそうですか、菅さんはゲリラですか。

ちょっと納得。

  *        *        *

この菅伸子さんの言葉を聞いて思い出した言葉があります。革命家でゲリラでもあるチェ・ゲバラの言葉「勝利はつねに正規軍によってのみ達成できる」「ゲリラ戦はそれ自身では完全な勝利に達し得ない」。

勝利の定義を「実効的で正当性のある統治権を獲得すること」とすれば、ゲバラの言葉は正しいと思います。ゲリラのみでは、敵に損害を与えることや部分的な勝利は得られても最終的な勝利は得られません。

ベトコンで有名なベトナム戦争でも最後に決着をつけたのは正規軍(北ベトナム軍)です。

  *        *        *

菅さんはゲリラ的な手法で小沢・鳩山連合の攻撃を打ち破りました。小沢・鳩山連合の側は、数と金という正規軍的な力を備えていたけれど、騙し討ち的な(誤解を誘発した?)方法に敗北しました。

たしかに菅さんは正規軍というよりゲリラ的です。

でも、菅さんが首相となり日本国の統治権者のトップとなったのは民主党という正規軍があったからであることを忘れてはなりません。

  *        *        *

党首という立場、首相という立場は、ゲリラの立場ではなく、正規軍の立場です。

正規軍を率いるには、正直であるべきです。少なくとも味方に対しては正直であらねばならなりません。最低限、味方を騙したとしても、結果が出たとき、騙されたと判ったときに、必要な事だったと納得してもらえねばなりません。でなければ、正規軍は動かなくなる。

菅さんは、味方の正規軍(民主党)を騙しました。そして、首相の地位を護りましたが、味方の正規軍は騙された事に納得していなません。

  *        *        *

菅さんは大きな仕事をする事が出来ないだろう。大きな仕事は正規軍でなければ出来ないから。そして、菅さんは、成果を残せず、味方に見捨てられたゲリラとして惨めに地位を追われるだろう(そのあともゲリラとして戦い続けるかどうかは知らない)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

お立場、お気持ちは判りますが、ゼロイチ思考ではダメです

お立場、お気持ちは判りますが、ゼロイチ思考ではダメです

朝日新聞:茨城県と北茨城市が撤回要求=福島第2原発の汚染水放出計画
http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201106090092.html

東京電力が福島第2原発の原子炉建屋などにたまった放射能汚染水の海洋放出を検討していることを受け、茨城県と同県北茨城市は9日、東電本社を訪ねて計画の撤回を要求した。豊田稔・北茨城市長は海洋放出について「地元住民、水産関係者の心情を全く斟酌(しんしゃく)しない暴挙」と強く非難した。

汚染水という名前ですが放水する時には、いままで(事故が起きる前までは)断りもなく放水していたレベルの汚染度です。

福島原発、汚染水、という名前がついてしまえば全てダメと言うのであれば、どうにもなりませせん。話の通じない声の大きな人間と思えてしまいます。

市長さんや県知事さんとしては、「声の大きな、話の通じない人間」を相手にしているので、抗議をせざるを得ないのでしょうけど。

   *        *        *

福島と名前がついたら全てダメではありません。茨城と名前が付いたら全てダメではありません。私は福島県産の農作物でもきちんと管理されている限りは安全と信じ購入し食べます。

同じように汚染水や原子力発電所からの排水といったら全てダメなのではありません。事故前の基準で問題ないのであれば放水を認めるべきです。その水が原子力発電所にあることによる事故の可能性を減らすためにも放水させるべきです。

感情的になっても問題は解決しません。

   *        *        *

レッテルがついたら、それだけでダメというゼロイチ思考、○×思考では世の中の問題の大部分は解決できません。そんな態度では福島県産の農作物と言うだけで忌避する人間と同じになってしまいます。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

共産党は国民を信じません

共産党は国民を信じません

しんぶん赤旗:96条改悪へ議連発足
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-06-08/2011060801_03_1.html

民主、自民など超党派の改憲派議員約100人が7日、憲政記念館で、「憲法96条改正を目指す議員連盟」の設立総会を開きました。改憲の発議要件を衆参各議員の「3分の2以上」の賛成から「過半数」に変え、9条改悪などに向けたハードルを引き下げることをねらうものです。

改憲の発議要件を引き下げたからといって、国民投票まで無くなる訳じゃありませんから、国民が反対するような内容の改憲は出来ません。

発議要件を引き下げることで起きる弊害は、改憲の発議と国民投票による否決が頻発し、投票のコスト(時間やお金)が嵩むこと。私にはそれ以外の欠点が思い浮かばない。

発議要件を引き下げることが、国民の賛成しない改憲を招くと考えているとしたら、それは国民を信じていないと言うことです。

独裁体質を持つ共産党が国民を信じられないのは理解できるようにも思いますけど。

  *        *        *

私は改憲の「発議要件を衆参各議員の『3分の2以上』の賛成から『過半数』」に引き下げたのでは不十分だと思います。片方の院の過半数で良い、片方の院の3分の1でも良いくらいだと思います。

何故なら、両方の院の過半数が必要な場合では参議院や衆議院の力関係を修正するような改憲案が発議されることは無いから。例えば、ねじれ国会になってから参議院のありかたについて話されることが多い。では参議院の力を弱めるような改憲案に対して参議院は賛成するだろうか。おそらく賛成しないだろう。逆も同じ、衆議院の優越を弱めるような改憲案に衆議院は賛成しない。

だから、片方の院での発議を認め、最終判断は国民が行うような制度にした方が良いと思う。

3分の1でも良いとするのは、少数派の意見でも国民に問うことが出来るようにするため。あまりにハードルが下がって、可決される可能性のない改憲案が国民投票の対象にならない程度のハードルの高さであれば良いのではないか。

  *        *        *

現在の改憲の発議のハードルは高すぎる。あまりに変更できないルールは無視されるようになってしまう。憲法九条違反とされたイラクへの自衛隊派遣は、差し止めされなかった。憲法が改正できないからルール違反も黙認されるようになってしまっている。この状況を変えるためには、憲法について国民の意見を聞くハードルを引き下げ現実にあった内容に変える。あるいは、国民投票による権威付けを行うべきだ

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

日本の教育に他国人の介入を許すな

日本の教育に他国人の介入を許すな

民団新聞:<中学校歴史>教科書採択"夏の陣"…民団神奈川で決起大会
http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=4233&corner=2

今夏に予定されている来年度から全国の公立学校で使用の中学校教科書採択を前に民団神奈川本部(李富鉄団長)は4日、横浜市の神奈川韓国会館で決起集会を開き、日本の植民地支配や侵略戦争を正当化・美化していると批判されている「つくる会」系歴史教科書が公教育の場に登場することを阻止していくことを確認した。横浜市ではすでに2010年度から全国の公立中学で唯一「つくる会」系の自由社版歴史教科書を採用している。

日本で日本人の子供の教育を行う。このことに外国人の介入を許してはならない。これは、どの教科書を選択するかよりも大切な事だ。

  *        *        *

在日外国人の方々、特に在日韓国人や在日朝鮮人の方々が日本の教育に口出ししようとするのを見聞きすると、他人が自分の家に土足で入り込んでくるような嫌悪感を覚える。

何故、これらの人々は日本人の心の中に踏み込んで来るような事をするのだろうか。結果的に彼等は日本人の心の自由と自立を認めないのだろうか。こういった方々が「多文化共生」なとと言ってもお題目、あるいは、相手の心の扉を開けさせ入り込もうとするセールストークにしか聞こえない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

政治が決めて下さい

政治が決めて下さい

保坂展人のどこどこ日記:世田谷区の「電力消費」の情報開示要請を続けている
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/169ce5fc56b0fca0c6bdd557ea81dfa4?fm=rss

番組では、原発事故と政府の対応を議論しながらも、今週30日(月)に東京電力渋谷支社に申し入れた「電力消費量のリアルタイム開示」について、説明させてもらった。「節電」「節電」と心がけるのは合理的ではなく、世田谷区内の電力供給量の限界ラインと、リアルタイムの電力消費量をグラフで表示し、開示してもらうように求めたという経緯を話した。そうすれば、電力供給限界ラインに近づいていけば警告を出すことも出来るし、また区のHPにアップすることで、地域電力消費量のコントロールを行なってピークの危機を乗り切ることが出来るはず。さらに、電力供給に余裕がある時間帯に不必要な節電をして地域経済を萎縮させる必要もなくなる。「いつ停電になるかわからない」から怖いのであって、電力消費を「見える化」して区民がコントロールすることが、「民主的な情報開示」につながる。

うーん、まず根本的に「世田谷区内の電力供給量の限界ライン」なんてものが存在するんでしょうか?

  *        *        *

3月の計画停電では23区は対象外になりました。なぜそれが可能だったのでしょうか。それは他の区域で消費されている電力を23区に持ってくる事が出来るから。だから他の地区の犠牲の上に23区の電気は守られた。

東京電力全体での限界値はあっても、世田谷区の限界値は存在しない。世田谷で使いたい放題に使えば、早く全体の限界に達して計画停電を引き起こすだけ。逆に節電に努めれば、全体が楽になる。

  *        *        *

なんか「世田谷区内の電力供給量の限界ライン」を教えろと要求するのって、小市民的と言うか、自分の都合だけを言っている感じがする。

例えば、家の経済が思わしくないとき、家族みんなで節約しましょうと言うとき、みんな去年の15%まで節約しましょうと目標を決めたとき、自分の使って良い限界の金額を教えろと要求するような感覚。あんたが病気とか困った事になったら、15%の節約を無視して医療費を使うかもしれない。他の誰かが病気になったら15%以上の節約をしなければならないかもしれない。そういう現実を無視して「自分はいったい幾ら使っていいんだ。正確に教えろ」と言うのは無理があるんじゃないか。

東京電力としては、(弱い立場だし)15%を目標に節約して下さいとお願いするしかないんじゃないか。

  *        *        *

東京電力の担当区域内では融通できるのだから、本来、これは東京電力に決めてもらうのではなく、政治が決めるべきだ。

東京電力は全体での限界の数字を政治に伝える。政治は、その数字を元に各区で割り振れば良い。世田谷が使うから練馬は我慢してとか、都市部が頑張って地方に電気を回すとか。

その役割を政治がすることなく、東京電力に世田谷で使って良い電力量を教えろと言うのは無理な要求だ。筋が違う。

  *        *        *

世田谷区長としては、世田谷区で使っていい電力量を知りたいのは理解できる。でも、無理なお願いをしている、悪く言うと大衆受けするパフォーマンスに見える。

今回の原発事故では、まず放射線量を計測することが大切だと考えているので、世田谷区独自に計測をすることなどには賛成する。保坂さんの政治信条には賛成出来ない部分が多々あるが、納得する部分もある。

ただ、「世田谷区内の電力供給量の限界ライン」なんて技術では決められない(政治が決めるべきもの)東京電力に要求するのは間違っていると思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

金持ちしか政治家になれないと言うのは言い過ぎですが

金持ちしか政治家になれないと言うのは言い過ぎですが

朝日新聞:減税日本の名古屋市議辞職 公約に反し費用弁償受領
http://www.asahi.com/politics/update/0606/NGY201106060001.html

公約で拒否していた費用弁償をひそかに受け取っていた減税日本の則竹勅仁(くにひと)名古屋市議(45)は6日午前、公約違反の責任をとるとして市議会議長に議員辞職を届けた。

毎日新聞:名古屋市議会:則竹市議辞職 「看板自らへし折った」 会見で謝罪 /愛知
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20110607ddlk23010241000c.html

--報酬半減では議員活動は難しいということか。

◆決してそうは思っていない。私には家業の負債があり、生活の中で(負担が)軽かったわけではない。こういう事情を抱えた議員は他にはほとんどいないと思う。

個別の事情があるようなので、一概には言えませんが、議員報酬が減らされる事で、議員になれる人間が制限されたという事です。議員報酬が元のままだったり、費用弁償を認めていたら則竹市議は辞任しなくてすんだのですから。

減税日本の改革で、則竹市議と同程度の経済状況にある方は、市会議員にはなれなくなった。どの程度の困窮されているのかは判りませんが。

  *        *       *

議員報酬が減っても平気な人達ってどんな人達でしょうか。金持ち、あるいは組織のバックがついている、つまりヒモ付き。労働組合か大企業かそれとも宗教法人か。

減らせば良いってもんじゃありません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱原発で資源争奪戦争開始?

脱原発で資源争奪戦争開始?

読売新聞社説:ドイツ「脱原発」 競争力揺るがす政策再転換
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20110606-OYT1T01283.htm

原子力は、ドイツの発電量の2割強を供給する重要なエネルギー源である。脱原発で生まれる不足分は、当面は火力発電所の増設などで、将来的には自然エネルギーの拡充で埋めるという。

原発を無くせば、化石燃料つまり石炭・石油・天然ガスの需要が増えます。化石燃料の争奪戦が激化します。

そういえば、70年前に日本がアメリカとの戦争を決断したのは、石油の禁輸、すなわち石油を輸入するためでした。

脱原発で資源争奪戦争開始となるのでしょうか。
いえ、実際の戦争が始まりはしなくても誘惑や圧力は増えることになるでしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

公務員は圧倒的多数の民意に従うべき

公務員は圧倒的多数の民意に従うべき

しんぶん赤旗:「君が代」強制・定数削減 “審議なき”採決強行
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-06-06/2011060604_02_1.html

公明、自民、民主各党は採決で「君が代」強制は反対し、定数削減は欠席しました。

けれども、「君が代」は校長が職務命令を出せばいいという温度差の違いだけであって、押し付ける点では同じです。定数も削減する立場です。

憲法と教育のあり方に、子どもの成長と安全を願う府民の願いに立って、「君が代」強制条例に正面から反対する論戦をすすめたのは、日本共産党だけでした。

大阪には社民党ってないの?と言う疑問はありますが、本質的に反対なのが「日本共産党だけ」という事は、君が代斉唱時に起立すべしというのは圧倒的多数なのでしょう。

公務員は圧倒的多数の民意に従うべきと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

菅首相を辞めさせる方法

菅首相を辞めさせる方法

ZAKUZAKU:“権力亡者”末期菅に処置なし「何で俺が辞めるんだ!」
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110606/plt1106061613003-n1.htm

主要閣僚や党幹部が「首相は長くは居座らない」と早期退陣を示唆した4日、菅首相は別の党幹部に全く違う見解を披露していた。

党幹部によると、菅首相はまず、「何で俺が辞めさせられるんだ! 辞めさせる手段はあるのか!」と、ものすごい剣幕でブチ切れた。

こういう事を言われると、素人ながら考えてみたくなる性格でして。

  *       *        *

ひとつめ、民主党の両院議員総会で菅首相に退陣要求を突き付け、民主党から内閣不信任案を出してもらう。一事不再議の原則があるので厳しいですが。

  *       *        *

ふたつめ、国会議員の資格を奪う。

日本国憲法58条

第五十八条  両議院は、各々その議長その他の役員を選任する。

○2  両議院は、各々その会議その他の手続及び内部の規律に関する規則を定め、又、院内の秩序をみだした議員を懲罰することができる。但し、議員を除名するには、出席議員の三分の二以上の多数による議決を必要とする。

3分の2の賛成があれば国会議員の資格を奪うことが可能です。そして内閣総理大臣は国会議員である必要がありますから、国会議員の資格を奪えば総理大臣ではなくなります。

  *        *       *

みっつめ、国会は延長しなければ6月22日で終了します。ですから、これを逆手にとって、国会の延長を議決しなければ6月22日で閉会になる。で、直ちに召集する。国会の召集は内閣が行うのが基本ですが、国会議員の4分の1の要求があれば開かねばなりません。

日本国憲法53条です。

第五十三条 内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

ただ、ざくっと国会法を読んだ限りでは議員の要求があって何日以内に召集しなければならないとは書いていないんですよねぇ。だから菅首相が「来年開きます」と言ったらそれまでなんですよね。

もっとも、国会議員が国会を開くことを要求していながら国会を開かないなんてしたら民主主義の否定になりますから、数日遅らせるのがせいぜいだとは思いますが。

  *        *       *

でも、みっつとも普通の方法じゃありませんねぇ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大差で負けるのも当然

大差で負けるのも当然

毎日新聞:選挙:青森県知事選 三村氏が3選 原発「新設凍結」民主推薦破る
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110606ddm001010065000c.html

青森県知事選は5日投開票され、無所属の現職、三村申吾氏(55)=自民、公明推薦=が大差で3選を果たした。無所属の新人、山内崇氏(56)=民主、国民新推薦=と共産党公認の新人、吉俣洋氏(37)は敗れた。

自民・公明の候補が「大差」で民主党の候補に勝ったそうですが、その大差とはどんなもんでしょうか。

●青森県知事選確定得票数●
当 349,274 三村申吾 <3>無現=[自][公]
   83,374 山内崇     無新=[民][国]
   35,972 吉俣洋     共新

34万9千票に対して8万3千票、大差ですねぇ。もうちょっとで共産党にも負けるじゃん。

  *        *        *

NHK:自民 原発賠償金仮払いへ法案
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110606/t10013330771000.html

自民党は、東京電力福島第一原子力発電所の事故による被災者の救済を急ぐ必要があるとして、国が東京電力に代わり賠償金の一部を「仮払い金」として支払うことを柱とした法案を取りまとめ、近く国会に提出することにしています。

この法案がどの程度現実的かどうか、被災者の役に立つのかどうかは私には判りませんが、ぱっと見の印象では物事が動きそうな役に立ちそうな、こんな法案を政府や民主党ではなく自民党が出す。

これで私は、民主党政権は働いていないという印象を、さらに強く持ってしまいました。

大差で負けるのも当然ではないでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

都市部から保守化することは何を意味するか

都市部から保守化することは何を意味するか

朝日新聞:君が代条例成立=教職員に起立・斉唱義務付け—大阪府
http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201106030117.html

大阪府内の公立学校の教職員に入学式や卒業式といった学校行事で君が代を起立して斉唱することや、府立施設での日の丸掲揚を義務付ける大阪府の条例が、3日夜の府議会本会議で賛成多数により可決、成立した。文部科学省は義務付け条例について「聞いたことがない」としており、全国初とみられる。

自分が子供の頃は、地方にくらべ都市部は革新(リベラル)でした。しかし、現在、東京では保守派の知事が何度も再選され、大阪では君が代条例が成立する。

リベラル・進歩的であることの弊害が都市部で出ている、という事なのでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

いま、どうなんだろ

いま、どうなんだろ

フジテレビ:新報道2001調査結果 (5月26日調査・5月29日放送)
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/2008/110529.html

【問4】あなたは次の衆院選でどの党の候補に投票したいですか。

  民主党     14.8%
  自民党     28.0%

フジテレビ:新報道2001調査結果 (6月2日調査・6月5日放送)
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/2008/110605.html

【問4】あなたは次の衆院選でどの党の候補に投票したいですか。

  民主党     25.0%
  自民党     24.6%

フジテレビの調査で民主党への支持率が爆上げです。ここのところ10%代半ばでフラフラしていましたから、25%と言うのは爆上げと言ってよいと思います。

爆上げなんですが、この調査は6月2日に行ったものなんですよねぇ。

菅首相が本当に辞めると思われていた時のもの、彼のペテンと民主党内のゴタゴタが明らかになる前のもの。

いま、もう一度調査したら、どんな数字になるんでしょうか。
10%を切るというのは希望的観測に過ぎるでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

違う人間ですから

違う人間ですから

朝日新聞:神奈川県、朝鮮学校への補助金交付へ 拉致の表記改訂で
http://www.asahi.com/national/update/0601/TKY201106010657.html

神奈川県の黒岩祐治知事は1日、神奈川朝鮮学園(横浜市神奈川区)に対する県の補助金約6300万円を今年度も払う方針を明らかにした。県がこれまで問題視してきた同校の高校生が使う歴史教科書について、拉致問題などの表記を学校側が改訂したり副教材で補ったりする約束を県側にしたためという。



学校側は、今年4月に使用する教科書から記載を見直し、「極大化」や「ねつ造」との表現を削除したことを先月、県側に報告した。

ただし、黒岩知事が改訂内容を精査すると、新たな教科書では爆破事件の表記の改善は確認できたが、拉致問題については、県が問題にした「極大化」の表現だけでなく、記載自体がすべてなくなっていた。

このため県が再度、学校側に改善を求めた結果、拉致問題について詳細に記載した副教材を生徒に配布して説明することで、学校側と折り合ったという。

国家間の約束では、いや、信じる神が、根本の価値観が異なる者同士では、検証出来ない約束、約束違反が有ったときに報復出来ない約束は、破られて当然の扱いです。

「拉致問題については、県が問題にした『極大化』の表現だけでなく、記載自体がすべてなくなっていた」

これくらいの事に、怒っても報復しても良いですが、驚いてはいけません。

神奈川県には、確実な検証と対応を行ってもらいたいと思います(そもそも補助金を出すこと自体おかしな事だと思いますが)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治生命の使い方

政治生命の使い方

北海道新聞 社説:首相退陣時期 政権移行の道筋を示せ
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/296939.html

不可解なのは首相の発言である。記者会見で自らの退陣時期について「福島第1原発から放射性物質の放出がほぼなくなり、原子炉が冷温停止になることがめどだ」と述べた。

原発事故の対応に全力を挙げるのは当然だ。しかし想定外の事態が相次ぎ、実現性が疑問視される東電の工程表を退陣時期の根拠としては延命策と見られても仕方あるまい。

辞任の条件に、政治的な事、たとえば消費税率や社会保証、あるいは非常事態についての法律整備を条件にすれば、菅直人の業績として歴史に記録されたかも知れない(竹下さんは、辞任と引換に消費税を導入した。こういった事が出来ていれば、業績にとして記録されただろう)。

しかし「原子炉が冷温停止になること」を条件にしたのでは、菅首相の業績になりませんし、大体、原子炉の現状は政治判断が必要な状況ではありません。単なる時間稼ぎに見えてしまう。

  *        *        *

菅首相は、政治生命を使って(辞任と引換に)歴史に名前を残す可能性があったのに、失敗したと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

この上昇をどう読む

この上昇をどう読む

スポニチ:世論は菅首相支持?内閣支持率が急上昇
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/06/04/kiji/K20110604000954180.html

共同通信社が2、3両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、菅首相が「辞めるのは当然」とする回答は48・1%、「辞める必要はない」は45・1%で拮抗(きっこう)した。一方で菅内閣支持率は33・4%で、5月中旬の前回調査の28・1%より上昇。驚きの結果となった。

菅首相の支持率が上昇しました。菅首相にその座に留まって欲しいのでしょうか。

私はそうは思いません。「2、3両日に実施した」のですから、聞かれた人は、菅首相が本当に辞めると思っていた可能性があります。つまり、餞別やはなむけとしての支持をした人がいるのだろう。

  *        *        *

菅首相の行為が世論調査の数字として表われるのは来週以降になる。

この支持率上昇は、仮初めのものに終わるだろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

騙しを批判はしませんが

騙しを批判はしませんが

毎日新聞:菅首相:早期退陣論やまず
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110604k0000m010073000c.html

菅直人首相は退陣の意向を示したことに関し、3日の参院予算委員会集中審議で、鳩山由紀夫前首相との2日の会談では「何かの条件で(退陣するという)約束には全くなっていない」と述べ、退陣で合意したとする鳩山氏の主張を明確に否定した。一方、野党は内閣不信任決議案が否決された後の首相の「ひょう変」を、「否決するためのひきょうで姑息(こそく)な政治的詐欺だ」と厳しく批判。鳩山氏が「ペテン師」と批判するなど与党や閣内からも早期退陣を求める声が出ており、「菅降ろし」の動きはやんでいない。

菅首相 vs 鳩山&小沢の戦いは、菅首相の勝利に終わりました。でも、それだけでは終わりません。

  *        *       *

クラウゼヴィッツの戦争論についての入門書を読んだ事があります。その中で、戦争する国家が、限度を越えた汚い手段を使わないのは何故かと書いてあったのを思い出します。

世界に自分の国と戦争相手の国だけしかなくて、勝ったら完全に相手を滅ぼすつもりなら、どんな汚い手でも使って良いでしょう、後の事を考えなくて良いから。

でも現実の世界では、自分の戦争行為を見ている第三者があるし、相手国を完全には滅ぼせないかもしれない。あまり汚い手を使うと、たとえ戦争に勝っても、その後がたいへん。評判は悪くなるし、自分が使った汚い手段で自分がやられるかも知れないし、信用してもらえなくなったら孤立してしまう。

だから、戦争に勝った後に、あまり評判が悪くならない程度にしか汚い手段を使わない、使えない。

  *        *       *

菅首相は、目先の勝利を汚い手段で得ました。

私は政治家に清廉潔白であることを要求しません。騙しがあっても良いと思います。日本の為には他国を騙す程度のことは出来なくちゃ困りますから、騙す能力はプラス評価です。しかし、騙して目先の勝負を勝って、でも、その後すぐに破綻するのは、バカのすることです。

菅首相は、騙して目先の勝負に勝ったけど、結局、勝負開始前よりも厳しい状況になったように見えます。

私は、菅首相の能力を評価できません。無能者は政権を去るべきです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

辞める辞める詐欺

辞める辞める詐欺

読売新聞:首相、年明けまで続投?めどは「冷温停止状態」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110602-OYT1T01074.htm

内閣不信任案採決前に鳩山前首相と会談した際に交わした覚書に関しては、「文書に書かれた以外の何らかの約束などは一切ない」と述べ、退陣時期を確約したものではないとの認識を示した。

これについて、鳩山前首相は2日、「(首相は)人を裏切っている。両院議員総会を開いて辞めさせるしかない」と周辺に語り、強い不快感を示した。

菅首相が自主的に辞めるなんて事は無いだろう。彼は引きずり降ろされるまで、がんばる。

鳩山さんは「辞める辞める詐欺」に引っかかったのだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

君が代不起立は政治闘争だ

君が代不起立は政治闘争だ

沖縄タイムス:[君が代起立命令]強制は現場を暗くする
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-06-01_18600/

大阪府の橋下徹知事が率いる「大阪維新の会」は、教職員に君が代の起立斉唱を義務付ける条例案を府議会に提出した。

国旗国歌法が成立した時の政府の言い分は「強制はしない」ということだった。なし崩しの強制が心配だ。

日の丸・君が代問題は、その人の歴史観、国家観と密接にかかわる。このテーマになると、途端に声のオクターブが高くなり、議論が感情的になるケースが多い。静かな環境の下での、冷静な議論が求められる。

君が代の不起立問題は、思想信条の自由の問題として語られる事が多いが、本質はそれではない。引用した記事に「その人の歴史観、国家観と密接にかかわる」とあるように、表現の自由や内心の自由と言った幅の広い問題ではなく、歴史観・国家観が主題なのだ。

   *        *        *

歴史観や国家観、もう少し明らさまな表現をすれば、政治思想だ。

君が代の不起立問題は、教師(公務員)の表現の自由はどこまで制限できるかという問題以上に、教育現場にどこまで教師個人の政治思想を持ち込んで良いかという問題なのだ。

   *        *        *

カルト宗教や過激思想にかぶれた教師がいるとしよう。その教師が個人的に信じているだけなら思想信条の自由として許される。しかし、学校現場に持ち込んだら、生徒の前でヘンな儀式を始めたりアジテーションを始めたらどすうる?

表現の自由・思想信条の自由として許す?

個人の思想を公教育の現場に持ち込むなと怒る?

   *        *        *

君が代不規律の教師は、個人的な、あるいは私的な組織の政治思想を公教育の現場に持ち込んでいる。

許されることではない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

内紛は続く

内紛は続く

テレビ朝日:民主党執行部が小沢元代表の除籍処分を検討
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210602044.html

岡田幹事長が、すでに党員資格停止処分を受けている小沢元代表の造反は重いとして最も重い処分を科す考えであることに、党内分裂が早くも再燃しています。怒り心頭なのが鳩山前総理大臣です。鳩山氏は「小沢元代表を除籍処分にするなら、岡田幹事長の首を取らなければいけない」と周辺にぶちまけています。また、菅総理大臣と鳩山氏が合意した一定のめどがついた時の退陣をめぐっても、岡田幹事長との間でいざこざが起きています。鳩山氏は「震災の復興基本法案の成立や2次補正予算案の編成が終われば菅総理は辞めるべき」と主張しています。しかし、岡田幹事長は、合意文書に退陣については記されていないことから辞任は条件にはなっていないとして、鳩山氏は融和とは一転して怒りに火がついた形です。

不信任案を否決した直後にも関わらず、民主党は揺れています。内紛は続くでしょう。

いい加減にしてくれって思います。

   *      *        *

しかし、鳩山さんって一番肝腎な「退陣」という言葉を文書に入れないなんてお人好しだよねぇ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治的空白は悪いか?

政治的空白は悪いか?

時事通信:民主造反、66人が分岐点=政局シミュレーション
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011060101026

一方、首相が解散を選べば、被災地の一部では選挙事務をできない可能性もあり、混乱した中での選挙となるのは確実。民主党は「菅派」と「造反派」に分かれての分裂選挙を強いられる。新政権がどういう枠組みになるかにかかわらず、復旧・復興が進まず、福島第1原発事故の収束もままならない中、1カ月以上の政治空白が生じるのは必至だ。

政治的空白は悪か?と問われたら悪なのだけれど、首相官邸が海水注入したら再臨界するんじゃないかと右往左往している間も、福島原発の現場では海水注入を続行していた。震災復興も政治は何をしているのだろうか。

いま内閣が入れ替わって数週間の政治空白が起きても、いまの内閣が数週間続いてもあまり変わらないのではないか。

  *        *        *

政治的空白は悪かと考えたら、悪なのだけれど、今より悪いかと考えたら、悪いかどうか判らなくなる。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

そんな事してる場合か

そんな事してる場合か

時事通信:民主、分裂含み=不信任案めぐり緊迫
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201105/2011053100970

菅内閣不信任決議案への賛否は−。民主党内では、菅直人首相ら執行部と、首相批判を強める小沢一郎元代表ら「反菅勢力」の対立が激化し、分裂含みの様相を呈してきた。自民、公明両党は6月1日夕に不信任案を共同提出する方針。政局は一気に緊迫化してきた。

自民党は、野党だから、不信任案を出すのは当然というか、年中行事のようなものなんだよね。今回、それが大騒ぎになっているのは、民主党が分裂しかねないから。

  *        *       *

自民党は、かつての民主党のような時間稼ぎをしていない。でも、震災対策は進まない。それなりに震災対策に協力している。もし、自民党がかつての民主党のようだったら、衆議院で可決された震災対策法案が参議院で野ざらしになっているだろう。

自民党が野ざらしにしたのは、韓国との図書協定ぐらいのもの。

  *        *       *

民主党は、菅首相も小沢さんも、いまの日本の状況を判っていない。力を托されたものには責任もあるのだ。

キチンとしろ、やるべきことをしろ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直ちにはガンになりません

直ちにはガンになりません

NHK:“携帯長期使用 脳腫瘍のリスク”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110601/t10013259381000.html

今回のWHOの調査結果について、総務省は「総務省の研究では、携帯電話の電磁波が体に悪影響を与えるという結果は出ていない。今回の調査についても証拠は限定的であり、携帯電話を使うと直ちにがんになるということを示しているわけではない。しかし、危険性が指摘されたことはきちんと受け止めて、さらに検証作業を進めたい」としています。

福島原発の事故以来、「ただちに」という言葉に反応してしまう。NHKをBGM代わりにつけていたら、このニュースが流れ「ただちに」という言葉に耳が反応してしまった。

  *        *        *

携帯電話でガンになるという話は都市伝説のごとく何度も出ては消えしているけれども、本当のところはどうなんでしょうか。まぁ言えることは、ガンになるとしても極めて少ない確率だと言うことです。でなければ、これだけの人数が使用しているんですから、大量にガンが増えて大騒ぎになっているハズですから。

  *        *        *

無用な危険を冒す必要はないが、危険の程度と利便性をキチンと考えたい。

それにしても、「ただちに」とかに反応してしまうなんて、ストレス溜まってますねぇ、自分。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本にとっての日章旗、韓国にとっての太極旗

日本にとっての日章旗、韓国にとっての太極旗

毎日新聞:共に生きる・トブロサルダ:大阪コリアンの目/72 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110527ddlk27070441000c.html

韓国では国民儀礼と言って、国旗である「太極旗」に向かい敬礼し、国歌である「愛国歌」を斉唱する行事がある。すべての行事で行われるわけではないが、国民儀礼が公式行事に先立ち行われることは珍しくない。

韓国社会における独裁と民主、資本家と労働者、右派と左派など社会を二分する対立は日本以上に激しい。韓国で暮らしていた頃、激しい対立の現場を何度も目の当たりにしてきた。だが、注目すべきは、立場の違いを超えて「太極旗」が双方に掲げられ、「愛国歌」が双方において歌われていることだ。

韓国にとって「太極旗」と「愛国歌」は、国旗国歌として定められる1948年の大韓民国建国以前から、日本による植民地支配からの解放を目指す独立のシンボルなのだ。

愛国心とは、困難を乗り越えてきた歴史の共有の中で民衆に自然に培われるものだ。ごく一握りの教員の不起立を強調して、5万人を超える府内公立校教員を条例で縛りつけることは、むしろ国への愛着を冷めさせる効果を生まないか。

3つほど。

ひとつめ、「立場の違いを超えて『太極旗』が双方に掲げられ、『愛国歌』が双方において歌われている」。韓国の物事に「うらやましいな」と思うことは少ないのですが、この事は素直にうらやましいと思います。政治状況も文化の状況も社会の自由度についても日本の方が良いと思いますが、この点だけは韓国の方が良いと思います。

  *        *        *    

ふたつめ、「日本による植民地支配からの解放を目指す独立のシンボル」?

太極旗の成立過程を見ると、太極旗が「日本による植民地支配からの解放を目指す独立のシンボル」と言うのに疑問を感じたりもしますが、意味は後から付け加わる事もあります。ただ、国旗が他国からの独立のシンボルって良い事なんでしょうか。自国のシンボルの意味が他国との関係に於いて規定される。これは、自分が自分自身として成立していない事になってしまわないでしょうか。

下手をすると、韓国は日本に反発することが(日本に迷惑をかけることが)存在理由となってしまいかねません。

自国のシンボルを他国との関係において説明することは、自国が単独では成立しないことを意味しかねません。それって良いことなんでしょうか。

他国のシンボルやその意味にイチャモンをつけてもしょうがないのですが、その意味に日本が含まれるのであれば反応しても良いでしょう。

  *       *        *

みっつめ、「府内公立校教員を条例で縛りつけることは、むしろ国への愛着を冷めさせる効果を生まないか」

結局は、条例化に反対するのね。

  *       *        *

だけど、日章旗と太極旗を思い浮かべてみると、日章旗ってカッコいいよねぇ~。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

一発退場

一発退場

朝日新聞 社説:君が代判決—司法の務め尽くしたか
http://www.asahi.com/paper/editorial20110601.html#Edit2

一方で、最高裁の姿勢には疑念と失望を禁じ得ない。

原告の元教員は1度だけ起立を拒み、戒告処分を受けた。その後は現場を混乱させたくないとの思いで命令に従ったが、定年後の再雇用を認められなかった。ところが、別の理由で停職や減給などもっと重い処分を受けた教員は採用された。

私の通った高校では、学内での喫煙は一発で退学になるのが通例だった。

ルール違反であることを知っている。周囲の大人に誘惑された訳でもない。発見されることを承知の上~つまりデモンストレーションである。

こういった要素が「本人に教育を受けようという意志がない」と解釈されるらしい。逆にいうと学外で大人たちに誘惑されての場合には、一発で退学になることは少なく、停学になって生活指導の先生とじっくりお付き合いすることになったと記憶している(なんせ、四半世紀前のことですから、曖昧な記憶ですが)。

  *        *        *

卒業式での不起立は、ルール違反であることを知っている・脅された訳でも誘惑された訳でもないし大人が自分の意志で行ったことである・見えるような場所で行う、つまりデモンストレーション。

同じ基準に照らせば、一発で免職になっても不思議ではない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »