« 水銀には半減期がありません | トップページ | あくまでも少数意見です »

2011年6月28日 (火)

菅首相は、ゲリラの戦術で正規軍を指揮する

菅首相は、ゲリラの戦術で正規軍を指揮する

毎日新聞:閣僚人事:引き抜きに財務相苦言 谷垣氏「暴走」批判
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110628k0000e010042000c.html

菅直人首相が東日本大震災復興対策本部の設置に伴う閣僚人事で自民党から浜田和幸参院議員(離党届を提出)を総務政務官に引き抜いたことについて、玄葉光一郎国家戦略担当相は28日の閣議後会見で「与野党交渉のハードルを高くしたのは間違いない」と述べ、菅首相の対応を批判した。

野田佳彦財務相も「野党の態度硬化は非常に厳しい。正面玄関に立って頭を下げ、協力をお願いするのが筋だ」と述べるなど、閣僚から批判の声が相次いだ。

読売新聞:首相に350議員の冷ややかな目…民主両院総会
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110628-OYT1T01063.htm

民主党は28日、国会内で両院議員総会を開いた。

菅首相(民主党代表)は自らの退陣の3条件を改めて説明し、理解を求めたが、出席した議員からは、直ちに退陣時期を明確に示すべきだという意見や批判が続出した。

総会は、首相が与党の会合で、つるし上げられるという異様な光景となった。

菅首相は自民党から議員を1人引き抜きました。これは1つの戦果ではあります。しかし、その戦果を得た一方で、敵軍を激昂させ味方の反発を招きました。

引き抜きも与謝野さんクラスの人間だったり複数だったりすれば、敵の激昂ではなく敵の失意を、味方の反発ではなく味方の昂揚を得たでしょうけど。

  *        *       *

菅首相は、先の退陣発言といい、今回の引き抜きといい、正面からドンとぶつかるのではなく、小狡く動き回っている印象を周囲に与えています。結果として、小さな戦果を得る一方味方を少なくしています。これでは菅首相が大きな成果を上げることがは出来ません。

  *        *       *

今日の両院議員総会では、菅首相への反発はありましたが、辞任要求決議などは出来ませんでした。民主党内部には菅首相を引きずり降ろす力は無いように見えます。つまり、菅首相は味方たる民主党に見捨てられて(協力を得られずに)いながら、職に留まる事になりそうだと言うことです。

菅首相の目的が、一日も長く首相の座に留まる事で、その目標を9月ぐらいまでの時期だとするなら、上手く戦っていると言えるでしょう。

今国会は8月末で閉会します。解散総選挙したところで彼に勝ち目はありません。小泉元首相のマネをしたところで、手足となって戦ってくれるべき民主党の方々は働いてはくれないでしょう。脱原発というイデオロギーだけで選挙には勝てませんから。

そして次の国会が始まれば不信任案も提出できる。

  *        *       *

ただね~、民主党が解散が怖いばっかりに、菅さんを信任してしまう可能性もなきにしもあらず、なんですよね~。グダグダ民主党がグダグダ菅政権を支えてしまう、最低の構図にならなければ良いのですが。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 水銀には半減期がありません | トップページ | あくまでも少数意見です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52070047

この記事へのトラックバック一覧です: 菅首相は、ゲリラの戦術で正規軍を指揮する:

« 水銀には半減期がありません | トップページ | あくまでも少数意見です »