« 金持ちしか政治家になれないと言うのは言い過ぎですが | トップページ | 日本の教育に他国人の介入を許すな »

2011年6月 8日 (水)

政治が決めて下さい

政治が決めて下さい

保坂展人のどこどこ日記:世田谷区の「電力消費」の情報開示要請を続けている
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/169ce5fc56b0fca0c6bdd557ea81dfa4?fm=rss

番組では、原発事故と政府の対応を議論しながらも、今週30日(月)に東京電力渋谷支社に申し入れた「電力消費量のリアルタイム開示」について、説明させてもらった。「節電」「節電」と心がけるのは合理的ではなく、世田谷区内の電力供給量の限界ラインと、リアルタイムの電力消費量をグラフで表示し、開示してもらうように求めたという経緯を話した。そうすれば、電力供給限界ラインに近づいていけば警告を出すことも出来るし、また区のHPにアップすることで、地域電力消費量のコントロールを行なってピークの危機を乗り切ることが出来るはず。さらに、電力供給に余裕がある時間帯に不必要な節電をして地域経済を萎縮させる必要もなくなる。「いつ停電になるかわからない」から怖いのであって、電力消費を「見える化」して区民がコントロールすることが、「民主的な情報開示」につながる。

うーん、まず根本的に「世田谷区内の電力供給量の限界ライン」なんてものが存在するんでしょうか?

  *        *        *

3月の計画停電では23区は対象外になりました。なぜそれが可能だったのでしょうか。それは他の区域で消費されている電力を23区に持ってくる事が出来るから。だから他の地区の犠牲の上に23区の電気は守られた。

東京電力全体での限界値はあっても、世田谷区の限界値は存在しない。世田谷で使いたい放題に使えば、早く全体の限界に達して計画停電を引き起こすだけ。逆に節電に努めれば、全体が楽になる。

  *        *        *

なんか「世田谷区内の電力供給量の限界ライン」を教えろと要求するのって、小市民的と言うか、自分の都合だけを言っている感じがする。

例えば、家の経済が思わしくないとき、家族みんなで節約しましょうと言うとき、みんな去年の15%まで節約しましょうと目標を決めたとき、自分の使って良い限界の金額を教えろと要求するような感覚。あんたが病気とか困った事になったら、15%の節約を無視して医療費を使うかもしれない。他の誰かが病気になったら15%以上の節約をしなければならないかもしれない。そういう現実を無視して「自分はいったい幾ら使っていいんだ。正確に教えろ」と言うのは無理があるんじゃないか。

東京電力としては、(弱い立場だし)15%を目標に節約して下さいとお願いするしかないんじゃないか。

  *        *        *

東京電力の担当区域内では融通できるのだから、本来、これは東京電力に決めてもらうのではなく、政治が決めるべきだ。

東京電力は全体での限界の数字を政治に伝える。政治は、その数字を元に各区で割り振れば良い。世田谷が使うから練馬は我慢してとか、都市部が頑張って地方に電気を回すとか。

その役割を政治がすることなく、東京電力に世田谷で使って良い電力量を教えろと言うのは無理な要求だ。筋が違う。

  *        *        *

世田谷区長としては、世田谷区で使っていい電力量を知りたいのは理解できる。でも、無理なお願いをしている、悪く言うと大衆受けするパフォーマンスに見える。

今回の原発事故では、まず放射線量を計測することが大切だと考えているので、世田谷区独自に計測をすることなどには賛成する。保坂さんの政治信条には賛成出来ない部分が多々あるが、納得する部分もある。

ただ、「世田谷区内の電力供給量の限界ライン」なんて技術では決められない(政治が決めるべきもの)東京電力に要求するのは間違っていると思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 金持ちしか政治家になれないと言うのは言い過ぎですが | トップページ | 日本の教育に他国人の介入を許すな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51886618

この記事へのトラックバック一覧です: 政治が決めて下さい:

« 金持ちしか政治家になれないと言うのは言い過ぎですが | トップページ | 日本の教育に他国人の介入を許すな »