« 何度でも出来る | トップページ | 無神経なヤツは強い »

2011年6月16日 (木)

中国軍は偽物に悩まないのかな

中国軍は偽物に悩まないのかな

中国製の偽造品が米軍調達網に流入 上院軍事委、現地調査申請も入国拒否http://sankei.jp.msn.com/world/news/110616/amr11061609500004-n1.htmレビン委員

長らによると、米国防総省や議会会計検査局(GAO)の調査で最近、米軍のF15戦闘機の飛行コントロール用コンピューターのマイクロプロセッサーやミサイル防衛関連機器の小型回路が偽造品であることがわかった。

このままだと偽造品が実際の兵器に装備されてしまう恐れがあるという。

 

軍の装備品に偽物が入ったら、特に武器を構成する部品が偽物だったらどうなるだろうか。使用したときに使えないだけではなく、事故だって起きるかも知れません。米軍が神経質になるのも当然です。

ところで、中国軍(というか人民解放軍)は、偽物の害をどう防いでいるのでしょうか。中国の商人が米軍には偽物を売って中国軍に売らないというのは有り得ないと思うのですが。

中国軍はどうやって偽物の害を防いでいるのででしょうか。

それとも偽物だらけなんでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 何度でも出来る | トップページ | 無神経なヤツは強い »

コメント

支那盗賊軍は偽物に悩まないアル。

何故かと言うと、

支那では、「全ては贋物、本物は詐欺師のみ」アル。

投稿: 観る者 | 2011年6月19日 (日) 03時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51962862

この記事へのトラックバック一覧です: 中国軍は偽物に悩まないのかな:

« 何度でも出来る | トップページ | 無神経なヤツは強い »