« 海外から電気を買うということ | トップページ | 私が反・反原発になった訳 »

2011年6月14日 (火)

専門的な人材よりも必要なもの

専門的な人材よりも必要なもの

レコードチャイナ:中国に民主化は必要、ただし限定的でなければならない—SP華字紙
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=51967&type=

現実的に見れば、民主主義は多くの分野で不適当なものだ。中国では村落の幹部ぐらいしか選挙がないと批判されているが、しかし村の選挙制度も当初期待されたほどの成果をあげていない。今やより多くの人々が民主主義は村の統治に有効な手段ではないと考えている。必要なのは専門的な人材なのだ、と。

民主政治が必ずしも解決策ではないことに同意しますが、「必要なのは専門的な人材なのだ」というのも疑問です。いえ、専門知識が不要と言う意味ではなく、もっと大事なものがあるだろうと言う意味において、疑問です。

  *        *       *

中国に必要なのはモラルと言うか、「正直さ」「誠実さ」だと思います。

正直さ・誠実さは周囲を助けると共に自分自身を助けます。短期的には嘘やゴマカシで利益を得ることが出来ますが、長期的には誠実さや正直さが利益を生みます。自分も周囲にも利益を得ることに喜びを感じる人間が社会を発展させるのです。

  *        *       *

自分も周囲も利益を得ることに喜びを感じる為には、社会との一体感・所属感が必要です。そして(皮肉な事に)民主政治が上手く行くために必要なものが「社会との一体感・所属感」なのです。自己中心的な人間が多数派だと利益誘導の衆愚政治に陥ってしまいますから(その意味では日本も警戒水域にあるのかも)。

  *        *       *

正直さが報われる、正直者が多い社会でなければ、長期的な発展は無理です。中国社会は、そろそろムリが限界に達するのではないでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 海外から電気を買うということ | トップページ | 私が反・反原発になった訳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51937517

この記事へのトラックバック一覧です: 専門的な人材よりも必要なもの:

« 海外から電気を買うということ | トップページ | 私が反・反原発になった訳 »