« いまさら何に時間をかける | トップページ | 閉塞感 »

2011年6月11日 (土)

外国人が不起立教師となったら

外国人が不起立教師となったら

しんぶん赤旗:「君が代」条例 アジア出身教員にも 大阪 橋下知事が強制方針
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-06-10/2011061015_01_1.html

大阪府の橋下徹知事は8日開いた府教育委員との懇談で、東南アジアから教員を迎えた場合、「日本の公務員になるなら(『君が代』を)起立・斉唱すべきだ」とのべました。

橋下知事が5月議会で成立した「君が代」強制条例に続き、9月議会で懲戒免職を含む「処分条例」を提出しようとしていることに対し、慎重を求める意見が相次ぎました。

外国人教師の採用がどうあるべきか(何を教え、何にタッチしてはならないか)と言うことは別にして、これって、外国人が日本の国旗や国歌に対して敬意を表さない場合のことだよね。

  *        *        *

「外国国章損壊罪」というものがある。これは他国の国旗などを、侮辱を加える目的で、汚してはならないと言うもの。日本の国旗に対してはそのような罪はない。

これは日の丸が大切ではないからではない。

自分達のものと他人のものは違うということ。他国に対する礼儀を大切にするということ。

  *        *        *

例えば、阪神ファンが阪神タイガースのマークやユニホームについて批判する場合と、阪神ファン以外の人間が阪神タイガースのマークやユニホームについて批判する場合と、どちらが失礼で、どちらがトラブルの元になるだろうか。

  *        *        *

外国人が日本に来て、公の場所で君が代や日の丸に敬意を払わない。それも意図的に。

どんなメッセージになるだろうか。その国は日本を嫌いだというメッセージになる。いや、単純に嫌いなだけなく、日本に対して失礼な国だというメッセージになる。

  *        *        *

不起立闘争に外国人を巻き込んではならない。下手をするとその国と日本の間に感情的な対立を起こしてしまう。

共産党は戦争のタネを蒔きたいのか?

いやまぁ、単なる思考実験だとおもうけど。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« いまさら何に時間をかける | トップページ | 閉塞感 »

コメント

 この件に関しては韓国の人も
「なぜ自国の国歌と国旗に教師が敬意を表さないのか?」って疑問に思うようですね。
 敬意を表せないなら「公立学校の教師になるべきではない」と思います。
 

投稿: なち | 2011年6月11日 (土) 10時11分


 ひだりまきミンス“カンカラカン”政権党の本質的問題

先ず 下記 添付 URL アドレスをクリックしますと“左翼ミンス党”なる
政党が包含する 悪辣なる本質的 陰謀/問題点が 露呈されております。
その急所となる概要/文面は 下記 となります。

>基本理念と政策に賛同する18歳以上の方なら、どなたでも
なれます。
 (在外邦人または在日外国人の方でもOKです。)
>党費は、年間6,000円です ......

 http://blog-imgs-43-origin.fc2.com/y/u/k/yukokulog/touin_supporter.jpg

そもそも 上記“左翼ミンス党”なるものの政策に“違法献金もどき”の政策
即ち 換言しますと“左翼ミンス党”が 若し 最悪ケ―スとして政権獲得の後に
国家の最高権力者=内閣総理大臣が 日本国民 ならぬ 外国人 特に反日外国人
に依り 選出される可能性 無きにしも非ずであるが

一年以上 前の 衆議院総選挙に於いて 日本国民/有権者は 日本国の将来に
亘るで在ろう国家像をも 捻じ曲げる仕儀に至る事を 果たして認識
していたので在ろうか?

多分 大多数の日本国民/有権者は“左翼ミンス党”が 密かに内包する悪辣なる
前記の陰謀/問題点に 些かの疑問をも抱かず 例の 今や 悪名高き
国民総“買収もどき”の“ばらまき4K”政策に“目潰し”を食らいつつ
“左翼ミンス党”の得意技である“ごまかし/たぶらかし”戦術に
ものの見事に まんまと“してやられた”こと自明である。

所で ひだりまき“カンカラカン”なるもの そもそも 去る3月に
在日パチンコ屋よりの違法献金が露呈し 命脈を断たれる寸前の断末魔の
状況に至っていた筈であるが ......

“反日”を社是とする 所謂“ひだりまきマスゴミ”新聞/TV 等々は
只管“だんまり”を 決め込んでいるが ......

震災なる事象の到来に依り 悪運 強く 未だに 総理大臣と云う名の椅子に
“しがみ付き”醜悪 かつ“ぶざま”極まる醜態を 何ら恥じ入ること無く
継続中であるが

罹る事象は そもそも ひだりまき“カンカラカン”のみが所有する“特性/習性”
でも在るが 更に 付言しますと“カンカラカン”が所有する“辞書”には
“羞恥心/プライド”なる高邁/高尚なる 言葉は 存在する筈が無く
内閣総理大臣=国家最高責任者としての“責任感”は皆無であり かつ 卑劣にも
己が 当然 背負うべき責務は 全て 他人に押し付け 恬として恥じること
無しの輩である。

そもそも ひだりまき“カンカラカン”なるものは 一国の総理大臣の器(うつわ)
で無きこと自明であり 所詮 単なる一介の“市民運動家”なる レベル にて
留まることが 限界である。

此処で 敢えて 直言させて下さい。

現 時点での ひだりまきミンス“カンカラカン”政権党に依る 醜悪極まる
“茶番劇”を招来せしめた 本質的 原因の一端は 過日の衆議院総選挙に
於いて 少なくとも ひだりまきミンス“カンカラカン”政権党に一票を投じた
日本国民/有権者に在り と云える次第である。

投稿: BLACK HOLE | 2011年6月11日 (土) 16時41分

赤旗の記事に述べられている前提自体が間違っている。
日本の国旗や国歌に敬意を払えない人材を公務員として採用するのは間違いだ。特に日本を否定する思想を抱く外国人をわざわざ公務員として採用する必要は全くない。共産党も間違った前提をもとにしないと記事も書けないとは情けないことである。

投稿: サボテンの花 | 2011年6月11日 (土) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/51911081

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人が不起立教師となったら:

« いまさら何に時間をかける | トップページ | 閉塞感 »