« 力が無ければ | トップページ | 寛容な社会と民主主義は両立しないのではないか »

2011年7月25日 (月)

たいした事故じゃない?

たいした事故じゃない?

朝日新聞:事故車両の運転席、当局が現場の穴に埋める 中国脱線
http://www.asahi.com/international/update/0725/TKY201107240595.html

中国浙江省で23日夜に起きた高速鉄道の追突・脱線事故から一夜明けた24日早朝、中国当局は、追突したとみられる車両の運転席部分を、現場に掘った穴に埋めてしまった。事故から約半日後の24日午前4時半過ぎ、現場に入った記者が一部始終を目撃した



空が明るくなり始めた午前6時ごろ、7台のショベルカーがすぐ横の野菜畑に穴を掘り始めた。深さ4〜5メートル、幅も約20メートルと大きい。午前7時半過ぎ、ショベルカーがアームを振り下ろし、大破した先頭車両を砕き始めた。計器が詰まっている運転席も壊した。そして残骸を、廃棄物のように穴の中に押しやってしまった。

一瞬、思考が止まりました。直接の事故原因ではないかも知れませんが「追突したとみられる車両の運転席部分」などは何が起きたかを知るための情報の塊です。それを壊して埋めるなんて信じられません。

  *        *       *

日本でなら調査も勿論ですが、事故車両を保存して、鉄道関係者は必ず見学して(慰霊して)、忘れないようにする・心身を引き締めるためのものにすると思うのですが。

中国にとってこの事故は「(望ましくはないが)日常茶飯のものである」という事なのでしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 力が無ければ | トップページ | 寛容な社会と民主主義は両立しないのではないか »

コメント


中国は大きな国です。ささいな?事故くらいで?
悲観している暇はありません。

 日本ではコノくらいの事故だと、30年はみんな非難の嵐でしょうが、、

 と言う感じでないでしょうか??

投稿: nattoku | 2011年7月25日 (月) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52300748

この記事へのトラックバック一覧です: たいした事故じゃない?:

« 力が無ければ | トップページ | 寛容な社会と民主主義は両立しないのではないか »