« 使い難い道具は改良すべき | トップページ | 脱・原発依存、脱原発・依存 »

2011年7月13日 (水)

具体論なき無責任な脱原発

具体論なき無責任な脱原発

朝日新聞:首相、会見で脱原発の方向打ち出す 具体策は示さず
http://www.asahi.com/politics/update/0713/TKY201107130598.html

菅直人首相は13日、首相官邸で記者会見し、原子力を含むエネルギー政策について「原発に依存しない社会をめざすべきだと考えるに至った。計画的、段階的に原発依存度を下げ、将来は原発がなくてもやっていける社会を実現していく」と語り、「脱原発」社会を目指す考えを表明した。しかし実現のための政治プロセスや原発削減の数値目標、電力需給の見通しなどは具体的に示さなかった。

政治は現実世界で有効じゃなければ価値が無い。気持ちだけなら宗教家や思想家・煽動家だ。

  *        *        *

いま、日本社会には原発嫌悪症が蔓延している。脱原発に反対する表立って反対するには勇気がいる。そんな中で必要なのは、脱原発を言うことではなく、方法とスケジュールと影響評価、つまり具体論だ。

  *        *        *

今回の記者会見は概ね好意的に受け取られたようだ。しかし、民主党の政治の特徴として、目標や理念はご立派だけど、実現できなかたり副作用が強すぎるって事が多々ある。

今回も具体論の部分が弱い。

  *        *        *

このまま菅政権が続けば、菅首相の不決断によって原発は止まって行くだろう(原発を動かす責任は取りたくない。熱中症の人は個人の健康管理の問題・失業は個々の企業の問題として責任回避できる)。

日本は過激な脱原発を行うことになるのだろうか。

  *        *        *

犠牲を払いながら政策を実行するのは、望ましいことではありませんが、仕方のない場合もあります。しかし、犠牲を払うのであれば、どんな方々にどんな犠牲を払わせるのか明確にし、その人々に手を合わせることも必要ではないでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 使い難い道具は改良すべき | トップページ | 脱・原発依存、脱原発・依存 »

コメント

お邪魔します。

今夕の記者会見、観たくもない見たら祟られるの思いで聞いていましたが・・・

原発議論については、国民の方が一歩も二歩も進んでいますよね。
現実に命を賭して節電に挑んでいるのですから。

総理たるものが「脱原発!」を公言するなら、現状での国民・産業・国益へのメリット、デメリットを細やかに提示するべきです。

ましてや、側近の電力事情を乗り切るのは、国民の節電意識に!とは・・・
今度は「国民に丸投げか?」の会見には、怒りより溜息ばかり。
この男、ほんと保身と権力欲だけの人。
この男が発する「国民の為」が、なんと空虚なことでしょう。

投稿: 田舎っ子 | 2011年7月14日 (木) 01時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52199140

この記事へのトラックバック一覧です: 具体論なき無責任な脱原発:

« 使い難い道具は改良すべき | トップページ | 脱・原発依存、脱原発・依存 »