« 白人に対して「寛容」であることが出来るだろうか | トップページ | 何人死んだ、何人死ぬ。 »

2011年7月12日 (火)

レベルの違うものを比べること

レベルの違うものを比べること

中日新聞 社説:原発テスト 再稼働の思惑が透ける
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2011071202000012.html

テストは結構だが、原発に対する国民の不安が膨らむ背景には、菅首相のあいまいな態度がある。本気で脱原発に進むのか、自然エネルギーはどうするか。覚悟を決めて、その意思を国民に明示すべきである。

菅首相にとって大切なのは、原発の再稼働か、国民の安全・安心か。事は日本の針路にかかわる。詰めた考えが聞きたい。

「原発の再稼働」と「国民の安全・安心」って、レベルが違うものだ。

原発はあくまでも手段であり、「原発の再稼働」と対比させるなら「脱原発」とか「新エネルギー開発」などの科学や技術などの具体性をもった手段であるべきで、「国民の安全・安心」は目的であり、これと対比させるなら「国家の誇り」といったものであるべきだと思う。

  *        *        *

「国民の安全・安心」を達成するために、原発は動かした方が良いのか悪いのかって判断なのだ。原発を止めて、電力不足に陥って、熱中症での死者が増えたとき、「原発の再稼働か、国民の安全・安心か」と言えるだろうか。

  *        *        *

レベルの違うもの、目的と手段をごちゃ混ぜにして判断してはならない。結論ありきに見えてしまう(例えば「中日新聞を読むか、真実の報道か」と言ったら中日新聞の記事がどんなものだと思っていることになるだろうか)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 白人に対して「寛容」であることが出来るだろうか | トップページ | 何人死んだ、何人死ぬ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52184564

この記事へのトラックバック一覧です: レベルの違うものを比べること:

« 白人に対して「寛容」であることが出来るだろうか | トップページ | 何人死んだ、何人死ぬ。 »