« 2次被害 | トップページ | 脱原発の方々の菅首相への評価は正しかった »

2011年7月17日 (日)

ちょっとした不思議

ちょっとした不思議

八重山毎日新聞:沿岸監視部隊の概要示す 陸自配備で説明会
http://www.y-mainichi.co.jp/news/18700/

会場には住民約100人が参加。「説明会は住民の同意を得たうえで行うべきだ」などと自衛隊誘致に反対する意見が相次いだ。賛成意見はなかった。

与那国町は2008年9月に与那国防衛協会(金城信浩会長)から町民514人分の署名を添えた要請を受け、町議会で誘致を決議。09年に当時の浜田靖一防衛大臣、10年は北澤俊美防衛大臣に自衛隊誘致を要請している。

陸上自衛隊が与那国島に部隊を配置しようとしていますが、その説明会が行われたという記事です。ちょっと不思議に思ったことがあります。

「自衛隊誘致に反対する意見が相次いだ。賛成意見はなかった」と「町民514人分の署名を添えた要請を受け、町議会で誘致を決議」ってことは矛盾しています。

署名までして誘致をしようとした人達が「514人」もいて、「町議会で誘致を決議」するって事は、誘致に前向きな人達が、そこそこの人数いると言うことです。それなのに「賛成意見はなかった」ってヘンじゃありませんか?

公的な権威ある選挙で選ばれた議員や署名した人々の意志はどこに行ったのでしょうか。それとも議会制民主義は幻で町民の意志を反映していないのでしょうか。

  *        *        *

連想したのは九州電力がやらかした原発再稼働についての「やらせメール」です。同じような事が行われているのではないでしょうか。反対派の方々ばかりというのは不自然に過ぎると思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 2次被害 | トップページ | 脱原発の方々の菅首相への評価は正しかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52232166

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとした不思議:

« 2次被害 | トップページ | 脱原発の方々の菅首相への評価は正しかった »